FC2ブログ

バンコクの奴隷商人 26章 繋がれた母娘

Tamは少女たちの後ろにまわると、ショーの初めから舞台の上に置か
れていた、得体のしれない箱を持ち上げた。どうやら何かのオブジェクト
を隠していたらしい。しかし、少女たちの影になっているので私は、
まだその箱が何をカバーしているかよくわからなかった。
 間もなくTamは少女たちの間に歩み、指を鳴らした。

「抱擁。」Tamの言葉に2人の少女は一度別れ、そして再び正面から向き合った
隠されていたオブジェクトが何か、今ようやく分かった。 舞台から突き出す
ように立つ恐らく直径2インチの2本の鋼鉄製の棒だった 。その先は丸く加工され
ており高さは1フィート半、2つの間隔も1フィートくらいだった。

amは、Bodwells姉妹のそれぞれの背中に彼女の両手の掌を置くと2人の乳首
と乳首が接するまで前に押し出した。次にポケットから、2人が現在胸にぶら
下げているものよりずっと太く一回りは大きい鋼鉄製のリングを取り出した。
長い爪を操ってTamはアニーの乳首のリングをとりはずし、ポケットから出した
リングと交換したのだ。その後、悪意のある笑いをうかべながら、彼女はサラ
にも同じ行為をした。つまり、小さくてほっそりした「個人的」セットを取り
去り、すでに反対側の端でアニーの胸に装着された目立つ「営業用」リングを、
乳首を貫いているロッドに装着したのだった。

こうして母娘の乳首は一つに結ばれた。娘は母親より背が低いので、サラの新鮮
なピンク色の硬くなった乳首はやや濃い目のアニーの乳首によって上にひっぱり
あげられる形になった。その結果アニーの引き締まった細い身体は、観客に猥褻
なプロフィールを提供したのだった。

「さあ、今日のレスビアンレッスンをはじめようか、最初に身体をほぐさないとね。
 キスをしてごらん、少女たち。」

母親が最初に唇を開き、わずかに遅れて、娘も同じことをした。
唇同士が重ねられ、不自然な情熱がわきあがった。

Tamは、彼女たちのむき出しの尻を鞭で軽く叩いた。
「さあもっと熱くキスするんだよ、アバズレ姉妹。お客様たちのために HOTにキス
するんだ。お前たちがお互いにどんなに愛し合っているか私たちに見せておくれ」

性体験の差によるのか、身体の奥底からわきあがってくる欲望に屈服したのは
アニーの方が早かった。火照る身体をもてあました女性は言われたとおり従順に
娘のウエストのまわりに手を廻し、目を閉じるとサラの口へ彼女の舌を突っ込んだ。
10代の娘はため息をつき、 母親のピンクの舌に自らの舌を重ねたのだった。
2人が接近しほとんど押し合う形になったため、胸の形は歪んだ、そして2人の手は
まるで自由意志があるように相手の身体の上を彷徨い始めた:アニーの手は、
娘の胴体から尻へのび、サラの指は 母親の西洋ナシのような臀部の谷間に降りて
いった。目の前で繰り広げられる異常な、しかし濃厚なラブシーンに見物人たちの
間からは次々と嘆息がもれた。

"なんて美しく、感動的な愛だこと, 」
Tam は皮肉たっぷりのコメントを加えた

「いつまでもキスばかりしていたんじゃお客様に申し訳けないじゃないか、
オッパイに舌を這わせるんだ」

即座に、Bodwell少女は抱擁を解いた。彼等は腕を上げ、拘束された自分の乳房
をその掌で揉みはじめた。Tam先生に言われた通り、下品な笑いを浮かべ、互い
の目を見つめながら、さらに硬く尖った乳首で、相手の乳首の周りに円を描いた
のだった。アニーが自分の乳首を引っ張って娘の乳房の周りに円を描いたとき、
サラは痛みで悲鳴をあげたが、負けるものかとばかりに自分の小さな蕾をさすがに
貫禄のあるメロンのような乳房にこすりつけ、今度は母親のうめき声をひきだした。

「今晩のかわいいアバズレたちのできはどうなの、みんな!」

Tamの勢いに引きずられるようにCandyLandの観衆たちは答えた。

「もちろん最高だぜ!」

テーマ : 官能小説・エロ小説
ジャンル : 小説・文学

バンコクの奴隷商人 27章 熱演のご褒美

Tam は手を鳴らしながら言った
「お客さんたちはお前たちのアバズレらしい淫らなアクションを気に入って
くれたようだよ。だからご褒美をあげようと思うんだ。お前たちだけでは決
して相方にできない行為?そしておまえたちのように年中アソコを火照らせ
ているアバズレ女が好きで好きでたまらないモノだ・・なんだかわかるだ
ろう、アニー?」

37歳のブロンドの声はかすれていた
「コッ、コックでしょうか、Tam先生」
彼女の眼は以前として、娘にそそがれていた。

Tamは首を振ると、彼等の脚の間で出番を待っていた金属製の棒を取り上げた

「その通りさ、アバズレ。このコックはお前たち2人のものだ。3つ数える
間に自分でコックに腰を下ろすんだ。乳首は結ばれたままだから、うまくやら
ないと怪我をするよ」

お前たちがここCandyLandに着てからどんなに遊び女として成長したか、どん
なに息があっているか、みせておくれ、アニーとサラ!いくよ!ひとーつ、
ふたーつ」

少女たちはTam先生が数えている間にスタンバイしていた。

「みっつ!!!!」

同時に2人は脚を広げ、膝を曲げて腰を下ろした。彼等の股の先には冷たい、
油ですべりやすくなっている金属性の棒があった。 彼等の閉まりの良いむき出
しの陰部をその冷たい棒が貫くまで、Tamは鞭をあびせ続けたのだった。サラは
彼女の幼いといっても言いすぎではない女陰深く、不気味な棒を受け入れながら、
絶望で目を丸くしていた。アニーにとってもこの挿入が不愉快である点は同じ
だったが、数々の経験を積んだ彼女の女陰はサラのものほどそれを受け入れる
のに苦労はなかった。

Tamは少女たちの手を背中に廻すと、用意してあった手錠で手首同士をしっかり
固定した、。
「もっと奥まで入れな...どこまでできるか挑戦するんだ」
タイの売春婦トレーナーは説明した。
アニーはうめき声を上げ、次に、唇を噛んだ。

「さて、お楽しみの方法が決まったからには、どれくらい速くあまえたちがfack
するかが決め手になるよ。」 Tamは聴衆に話しかけました。
「みなさんが少女にfuckさせたいなら、 できるだけ大声で叫んでね。『やっち
まえ、小さなレズ少女たち! 』って具合にね。みんなの声が止まれば少女たち
も止まっちゃうわよ。わかるわね、みんな。」

「やっちまえ!」Tamは少女たちを見ながら叫んだ。あちこちのテーブルやブース
から同意の声があがった。私はタイのバーガールもまたくすくす笑い、うなずき
ながらその様子をみていることに気がついた。この時だけは、彼女たちは 今晩
だけは屈辱の対象ではなく、 ステージ上のアバズレ白人女性を見下げる方にまわ
っていた。

テーマ : 恋愛:エロス:官能小説
ジャンル : 小説・文学

バンコクの奴隷商人 28章 オーケストラを指揮する鞭

Tamは静かにせよと身振りで示し、舞台の端に立って観客やバーガール少女たちの
上で乗馬用の鞭を振りまわすと、これにあわせるようにと指示を出した。
観客は熱意を込めて答えた。

「やっちまえ、やっちまえ、やっちまえったらやっちまえ」

少女たちの反応が遅れたのでTamは鞭を最初に彼女たちの臀部に振い、次に太腿
の背部にふるいながらいった。

「もっと早くだよ、このアバズレ」

突然の鞭の痛みに、膝がくずれて結果的に速く腰を下げすぎたアニーのために
サラの小さなオッパイはぐいと下へ引っぱられ、サラは苦痛で叫び声をあげた。
彼等は足を開いてお互いをよく見て、できるだけ水平になるように冷たく金属
鍍金されたポールをファックしなければならないのだった。

「やっちまえ、やっちまえ、やっちまえったらやっちまえ」

鞭を回転させるTamに合わせてアニーが頭を人形のように熱狂的に廻し始め、
ブロンドの髪の毛で娘の顔を打った。身体に侵入してくる金属に加えて、実
の母親がわれを忘れて行うこのような行為のため、サラの妖精のような顔は
苦痛に歪めらていた。 しかし、彼女もまた、顧客の熱い応援に答えるべく、
一生懸命つとめようとし始めていた。

「やっちまえ、やっちまえ、やっちまえったらやっちまえ」

Tamは、まるで地獄からのオーケストラを指揮するサディスト指揮者と
いった調子で聴衆の頭上に鞭を振り続け、彼等のコーラスに 拍車をかけた。
テーブルの下で私に奉仕していたChaniまで、テーブルの上に顔を出そうと
したので、私は、彼女の首のまわりを私の腿でロックして、元へ戻るよう
に促した。

母親と娘はとうとうリズムをつかんだ。自らfuckedされるために、金属の
上にうずくまり、また立ち上がる動きを繰り返しても、もはや乳首がひっぱ
られることはなかった。あふれる愛液はアニーの脚を濡らし、一方で金属の
柱を下って床に滴ったのだった。 彼女は、もはや意志の力で自分をコント
ロールできず、娘の同意も得ずにその唇をなめ始めた、

「やっちまえ、やっちまえ、やっちまえったらやっちまえ」

十代の少女は母親に自分の口を差出しながら腰の往復運動を持続した。彼女の
ピンクのかわいい女陰も 今すっかりぬれており、愛液で濡れた金属柱は容易
に上下に滑るのだった。Bodwell姉妹は今や汗でとともに女陰からも愛液を滴
らせて近親相姦という背徳に燃えていた。

テーマ : 官能小説・エロ小説
ジャンル : 小説・文学

バンコクの奴隷商人 28章 名調教師と牝馬2頭

Tamはステージから時計を見てうなずきました。彼女は今鞭を水平に振った。

「やめ!」!

1489.jpg


2人の少女は抱擁については反射的に停止したが、唇を離す時は本当に名
残り惜しそうだった。Tamが、2人をつなげていたリングを外したとき、少し離れ
てお互いの状況をみて、2人はあらためて恥ずかしさに身をよじらせた。Tamは
す速くより小さなオリジナルのリングを装着した。

「ずいぶんお楽しみだったじゃないか、少女たち! でも、見てごらんよ。」
彼女はぬれた柱を指差しながら言った。「こんなに濡らして・・! そうだ、ホン
モノのガールフレンドみたいに、お互いを慰めてくれた道具を綺麗にするのは
どうだい?」

アニーは、ついさっきまでかわいい娘の身体の奥まで侵入していた金属柱に
唇を近ずけ、 軸に舌を這わせた。サラも鼻の脇に少し皺をよせながらではあっ
たが、金属の柱から母親の愛液を拭いとった。

「ホンバンより刺激的なものってないわよね。ねえ、みんな」彼女は、Candy
Landの観客たちにたずねました。私たちはそうだ、と熱く答えた。行為が終了
することを望んだ人は誰もいなかった。

「アニーはテーブルの上に乗って。あなたがどんなことをされるのが好きか皆に
示す時間よ あなたの女陰を幼いアバズレ娘にくれてやりなさい!」

アニーは教師の机の上に転がって、正面を向くと脚を広げた。彼女のローズ色
の女性自身は、うずくまり、身体をひねりながら行った行為の結果を内部からき
らめかせていた それが屈辱感からなのか、単にからも、性的欲望によるのか、
彼女自身も含めて誰もわからなかった。

サラはTamにアバズレ女とよばれて泣きだした。しかし最後にはTamの指示に
従順にしたがい 母親の上に身体を重ねたのだった。彼女は、微妙に彼女に
自分の滑りやすいスリットを母親の口に押し付け、テーブルの反対端で母親と
同じ体位をとった。

Tamは再び顧客に話しかけました。
「彼等に舐めさせ続けるには、私のあとについて同じ言葉をくりかえしてね。
「お舐め、お舐め、お舐めよレズ少女!」
できるだけ大きい声で!」

私たちは、繰り返した
「お舐め、お舐め、お舐めよレズ少女!」

母親と娘は互いに相手の身体に没頭した。すでにぐしょぬれの股間に舌を這
わせるため、ブロンドの巻き毛はたちまち濡れてイギリス美女の顔にひっついた。
私たち聴衆が命令する限り、少女たちはなめ続けた。アニーはTamの鞭からXX
歳の臀部を守るため、さりげなく常に娘の上に身をおいていた。若いサラはすすり
泣きながら小さなピンクの舌を目の前におしつけられた母親の熱い陰唇をなめ、
そのclitを捜し出した。アニーはその様子を目の端で見ながらも、娘にサービスさ
れる幸福をもはや隠せず娘の引き締まったローズ色のcuntをまたぺろぺろなめる
のだった。

私は、この2人をここまで追い込んだTamの調教師としての才能に身震いした、

6か月前に、彼女がうけとったのは 几帳面で折り目正しい、気難しい36歳の英
国人スチュワーデスであるロクサーヌ=ボッドウェルと、早成とはいえまだXX歳の
彼女の娘サラ=ボッドウェルだったのに。無慈悲に訓練して、彼女はこの母娘を
バンコクの最も淫らな同性愛の恋人に堕としたのだった。また彼等のパーフォーマ
ンスを見る限り、もはや彼女たちの理性や教養は破壊され、新しい状況を受理する
に至ったことは明らかだった。
Tamがステージを終了したとき私はChaniを下へ蹴り立ち上がって拍手で
Tamを迎えたのだった。他の観客も私に加わりすぐに、全員が立ち上がり拍手
した。 彼女は感謝する、とでもいうようにウインクし、カーテンが閉じたのだった。



バンコクの奴隷商人29章 果てしなき闇への沈澱

舞台が終わっても客席の熱気は渦をまいていた。近くの席にVopatがいるのが
わかったので「あっちへ行きな。」私はテーブルの下の雌犬に命令した。
「つまんなーい」女は吠えたが、私はお構いなしに立ち上がった。

私は立ち上がり Vopatの背中をたたいた。彼はニヤっと笑って、私にKloster
を渡し、こっちへ来いと私を招いた。

「気に入ってくれたかい?」彼は言った。

「ああ、夢をみてるみたいだったよ! 次のショーはいつだい?」

彼は指を振って、首を揺さぶりました。「今のは特別だから一晩に一回だけさ。
せっかくのショーをすり減らりたくないからね。 CandyLandには過ぎた
内容だからな! その上、2人は今晩デートの約束をしているんでね...
チヤオ大佐と。」

私はうなずいた。大佐はCandyLandの後援者で、その存在なくしては、
アニーとサラのようにワークビザを持っていない白人女性がこういう
場所で妨害なしで働くことはできなかったのだ。もちろんその代わりに
見返りとしてCandyLand少女のを要求したのだろう、ここではいつでも
そんな風に物事が決まって行く。。

「ジョー、ちょっと見てくれよ! 成功間違いないだとおもうんだが・・」
彼はビデオパッケージの山を見せた。

「マミーは私の恋人!」それはすべてアニーとサラが主演するシリーズモノの
ポルノフィルムだった。パッケージには4枚の鮮明なカラー写真を備えた
本格的なものだった。

題名はいろいろだが、すべて2人のブロンド娘のホットなアクションが
売り物だった。
「娘の最初のDildo。」「マミーはディルド好き。」「アバズレサラに
お仕置きを。」「レズプレイを習う母娘!」「マミーとバイブレータと
私。」「舌さばきのレッスン。」あれこれ、あれこれ。


私は思わず首を横に揺さぶった。「逮捕されるちまうぜ、Vopat。だってサラは
XX歳なんだろ。アメリカじゃ絶対に禁止だよ。」

彼は免責条項を指してにやっと笑いました。

「すべての俳優は18歳以上であることが証明すみ」

「万が一誰かがチェックしたら、どうするんだい?」

私は尋ねた。

彼は鼻を鳴らしました。

「だれがそんなことをする? サラより若く見えるポルノ女優なんてめずらしく
 ないだろう?

私は同意せざるを得なった。彼はイケイケの経営者で、最初からどーんと
行くタイプだ。きっとこの種のビデオもいきなりフル生産するつもりだろう。

「という訳で、もっと沢山の女の子が必要なんだ、ジョー。あの2人みたいな
とびきりの上玉が。」彼が言い終わらないうちに俺は立ち上がった。

「そりゃ無理だな。俺はそういうヤバイ商売から足を洗ってもう一回更生す
るんだ、Vopat。大佐によろしくな。 ところで、彼はどこにいるんだい?」

悲しそうに、彼は後部の隔離したブースの方へ親指をグイと動かしました。
「君の心が変わることを祈っているよ、ジョー。Tamは君がつれてきたような
少女が好きなんだ。彼女はいろいろ考えて大佐に相談したんだ。大佐を怒らせ
ない方がいいことは君にもわかるだろう?すぐに挨拶にいった方がいい!」
Vopatは警告した。

私はうなずいた、大佐は実に印象的に椅子にふんぞり返って座っていた。大き
な身体を制服につつみ、分厚い皮のベルトに ピストルをぶち込んでその左右の
膝の上にはBodwell少女がそれぞれ座った。この重要な顧客のため2人は特別の
準備をしていた。


アニーの髪の毛はポニーテールに結ばれ赤いレースのリボンで飾られていた、一方、
サラの 髪の毛は、頭の両側に2本により分けられていた。アニーは赤いサテンの
ハーフブラジャーをつけており、かたくなった乳首を貫通するピアスを露にして、
小さな 赤いg-ストリングを見つけ、5インチのヒールをはいて、どこからどう見
ても娼婦の格好だった。
 そしてルージュで新しく描かれたばかりの唇を大佐の耳たぶでに官能的に押し
付けていた。彼女は私に一瞥も与えず、この晩の彼女の主人に注意を集中している
ようだった. チヤオは時々アニーの乳輪をねじって、彼女のオッパイを弄び、その
唇からもれる声を楽しんでいた。

 サラも同様な格好をしたが、その口紅はピンクだった、また、彼女のパンティー
は優美なバラの刺繍を施してある少女らしくかわいい白い綿ビキニでだった。
胸は母親とは違って、唇の色と同ピンクのトレーニング・ブラジャーで覆われて
いた。彼女は、大佐の首に唇を這わせていた。これがついこの間まで折り目正しい
有名女子学院の生徒だったとはとうてい信じらないしぐさだった。

チャオ大佐は眼鏡越しに私を凝視したあと、まぎれもないつくり笑いを浮かべた
傷跡のように見られました。
「今夜は俺もデートで忙しいんだよ、ジョー。」

私は嫉んでうなずいたた。ああ、さぞかし愉快な夜になるだろうとも。

「金はどうなってるんだい?」

「申し訳けないがまだなんだ。だが、今夜にでも。」
チヤオと私は商談を始めていた、

数週間前から、復活したクメール・ルージュに装備させる銃砲弾薬の
密輸入の機会をねらっていた。それはと財産つくるチャンスだった。
俺の昔からの人脈と彼の保護で、薄汚い女衒ビジネスから逃げ出す理想的な
機会だったのだ。しかしそのためには大金がー。欧米の水準でいえばたいし
たことはないにしてもここバンコクでは破格の金がー すぐに必要だった。
すぐに手に入ると、俺は2日前に請け負ったばかりだったのだが・・・。

彼はもう聞いていなかったた。代わりに、彼は突然サラの耳に何かをささやい
ていた。 XX歳の妖精は自分の手を パンティーの中にいれ、同じようにチャオ
大佐の首筋に舌を這わせながらフィンガー・ファッキングを始めた。
「言い訳はききたくないなジョー。どうにかして金をつくれ!、 AK- 47sは
翌朝、ビルマから到着するんだ。私はそれを買わなくちゃならんのだからな。
金は Vopatにずけておけ。そして明日の晩またあおう!」

私はお楽しみの真っ最中のチヤオ大佐の元から立ち去りました。 I
店を出るとき、大佐の方をふり返って見た私は、余計なことをしたと反省した。
チヤオは自分のコックを突き出し、娘と母親に同時に口唇サービスさせていたの
だった

ロクサーヌの顔には年季の入ったプロ女が見せる、偽の微笑が浮かんでいた。
その口は道化役者の淫売特有に開かれていたが、しかし、心はそこにないことは
明らかで、その目ははるか彼方を見ているようだった。右手で髪をつかみ、大佐
の股間に口を近ずけるように仕向けられても彼女はうなずきいてそれに従い、
大佐を喜ばせた。

しかし、サラは異なっていました。大佐が母親と同じように股間に顔をうずめ
させようと、左手で髪をひいたとき、彼女の汚れのない、青白い顔は、男のどす
黒い欲望に辟易して微笑みどころではなかった。ピンクの舌の先端は、淫らな
黒い柱をめぐりながら、同じく舌を這わせていた彼女の母親の舌に会った。
おもわずそちらに舌をめぐらそうとしたサラは容赦なく尻打ちされ。 はっとして
少し跳ね上がっり。フェラチオを続けた。娘の目は大佐のコックの向こうに
見え隠れする、母親の、というより恋人の青い目を追うのに忙しかった

サラは今度は私を見上げた。その目はうってかわって厳しい、現実的な目だった。
笑うたびに見える歯科矯正用の締め金が痛々しかった。サラ まだかわいく、明い
十代の少女だったが、もちろんそれだけではなかった。同性愛の性的奴隷であり、
命じられれば、どんな相手にもどんなこともするように調教された、娼婦だった。
彼女は学校に帰り授業に出席し、初めてのデートはそれ相応の相手とそれ相応の
場所で行うべきだった、しかし現実に彼女の初デートの場所は、世界の果ての
ここバンコクの、CandyLandのようなバーであって、その相手も狡猾なタイの
汚職警察署長であり、真心をこめて吸われるはずの唇は、不潔なコックに這わる
ことを強制されていた。それが現実で、すべて私のためだった。

(あと少しだよ、サラ。学校のことなんか夢にだって出てこなくなる。どうやっ
たら打たれないで済むか、どうやったら男がよろこんで1バーツでも多くくれ
るか、頭の中はそれでいっぱいになるんだ・・)

これも運命なんだよ、といいながら俺は、銃砲弾薬の密輸入ビジネスに専心
すべくドアをあけて、大きく深呼吸して漆黒のタイの夜の闇へ走りだした



プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード