FC2ブログ

烈女お雪の最期 第一章 新たな輿入れ

内藤左近は甚八に注がれた酒をうまそうに喉へ流しこみながら、

「いや、甘露、甘露。慶応以来積年の恨みがようやく晴れた心地だ」

といった。お雪と銀次郎の夫婦の行為を酒の肴にして、房江、甚八、内藤左近、

三人の酒盛りが土蔵の中で始まったのだ。

「お雪は元は大層な家柄だったそうですね」

「おお、なにしろ父は藩の勘定方の重鎮井上丘隅、嫁いだ先は一千二百石の藩老

 仁保内蔵助の長男で、主君から特に長崎留学のご指示をたまわった秀才仁保

 修理だからな。あの祝言の華やかさ・・今でも眼を閉じると浮かんでくるわ。」

「その話は前にも聞きましたよ、先生。白無垢姿の凛として花嫁姿だったん
 でしょう?さぞかしお似合いの美男美女だったんでしょうな・・?」

「ああ、あれでは拙者ごときの付文など無視されたのもしかたがない、と思った。
 
 だが、このままでは済ませぬぞ、と誓ったのも事実だ。もちろん、俺のような

 身分の低いものに、直接手をくだせるわけがない。だから頭を使ったのよ」

左近は注がれた杯をのみ干すと

「鳥羽・伏見 の戦いに敗れたとき、その敗因はあやつが西国の士に知己が多く

 西軍に通じているためだと噂を流ふりまいた張本人は俺だ・・だからあいつが

 あやつが切腹を命じられ慶応四年自刃したのは、俺が手を下したのも同然なのだ」

と昂然と言い放った。

「それじゃ、先生の敵討ちはもう終わったんじゃありませんか」

「馬鹿をいうな、袖にされ、朋輩からも馬鹿にされた恨みがそう簡単に癒える
 
 わけはなかろう。おれは万事徹底しないと気がすまない性質なのだ。」

「成る程、それで身包み剥いで女郎屋に叩き売っただけでは満足できず、思いを

 遂げたあとは薄馬鹿の銀次郎と祝言をあげさせたってわけですね。」

「その通りだ。銀次郎は、筋目いやしき下郎で、ごらんの通りのご面相。
 
 女とヤルだけしか脳のない薄馬鹿だ。元藩老のお家柄の奥方が、恥を忍んで

 輿入れするにはこれ以上ない相手と思うがどうかな?」

「あら、先生、元奥方や白菊隊の隊長だかは知りませんが、今はただの

女郎ですし一歩外にでれば勤旗に逆らったお尋ね者としてたちまち処刑さ

れる罪人ですならね。銀次郎は過ぎた婿だと思いますけど・・」

「ハハハ、ただの女郎か・・・」

 左近は幾度もそれをくり返し、すっかり酩酊して甲高い声で笑いこけるのだった。

  悪鬼にも似た3人に取り囲まれ 銀次郎に抱き取られている雪は、自分が今

どういう状態になっているのかわからないくらい、意識は朦朧となり、肉体は

溶けただれるほどに痺れ切っている。

緊縛されたままの裸身の上に銀太郎の裸身を乗せ上げていたかと思うと、何時の

間にか自分を相手の上に乗せ上げ、相手の手管に煽られながら同調し合うように

腰部を反復させ合い、脚と脚とをからませ合っているのだ。

銀太郎に揺さぶられ、振り廻され、お雪は息も絶え絶えに疲れ切り、もう声すら

あげられない状態に陥っている。

烈女お雪の最期 第二章 淫獣の交わり

ふと気がつくとお雪は、薄い夜具の上にでんとあぐらを組んだ恰好で坐っている

銀次郎の膝の上へ両腿を左右に割った形で乗せ上げられていた。

銀次郎の背中一面に彫られてある閻魔大王の刺青は汗にてかてか光っている。

男の赤黒い肌の色と、お雪のゆで卵の白身のような粘りのある肌とが、奇妙な

対比を見せてうねり舞っているのを、房江や甚八達は陶然とした思いで見惚れ

ているのだ。

その部分をぴったり一つに連結させて、緊縛された裸身を銀次郎にしっかり

と抱きすくめられているお雪は男の一方の肩にがっくりと額を押し当てるよう

にし、揺さぶられるままになっている。心身共に打ちひしかれているような

そんなお雪が、何か身も心も捧げ尽した男に甘えかかっているようにも見え、

左近は満足げにうなずいて見せている。

「お雪殿、もっと旦那に甘えたらよかろう。おそらく夫修理殿は東奔西走、

ほとんど自宅に帰る暇もなかったはず。夫婦の夜の営みなど、ほとんどなかっ

たのではないかな?この銀次郎は修理殿とは似てもにつかぬ下郎の

薄馬鹿だが、その点だけは古今無双といってよいいわば傑物・・白菊隊の隊長

として薙刀で土佐や大垣藩の猛者を相手にしたお雪殿にもお似合いと存ずるが・・」

左近は、昔と今を比較されることが何よりも嫌いなお雪の気持ちを逆撫でするような

言葉で、かつて憧れの的だったお雪を嬲るのだった。

「左近さんのいうとおりだ。ただうんうんうなっているだけじゃつまんないよ。

あら、いいわあ、とか、ねえ、もっととか、女っぽい甘え泣きを聞かせてほしい

ものだね」

房江がからかうと、甚八もぐっと茶碗酒を飲み乾して立ち上がり、片手に青竹を

握りしめ、

「お座敷で白黒実演をやってる気持になるんだ。これはその時の稽古も兼ね

ているんだからな」

そら、もっとぴったり肌をすり合わせるんだ、と甚八がいうと銀次郎は片手

でお柳の官能味のある豊かな双臀を支え、もう一方の手で背筋に縛り合わさ

れているお雪の両手首をつかむようにしてぐっと自分の方へ引きこむのだ。


銀次郎がさらに深く自分に侵入すると、お雪は思わず、うっ、うっ、と鋭い

うめきを上げ、銀次郎のごつい肩先に無意識のうちに抱きつく。銀次郎は

それを合図のようにゆるやかで単調な反復運動を開始するのだ。

「そら、お雪殿。そなたも負けずに腰を振ってはどうだ。押さば引け、引かば

 押せというのは軍楽の基本であろう?」

お雪は、その言葉にはこたえなかったが、もう自分は色地獄に堕ちた女という

捨て鉢の気持で、銀次郎の腰の動きに合わせて肩先にまでまとわりつく長い

黒髪を大きく揺ざぶりながら自分もまた双臀をうねり舞わせる。乳色の柔軟な

肩から滑らかな背筋にかけてはたちまち汗みどろとなり、ニ匹の淫獣がからみ

あっているような、激しい営みが続くのだった。

烈女お雪の最期 第3章 汚辱の結果

「ほほう、なかなかやるではないかお雪どの」

「本当に。とてもお武家さまの奥方とはおもえませんよ。」

と、さすがの悪者たちも感嘆の声をあげる。

 銀二郎はお柳をぐいぐい自分の方に引き寄せるようにしながら腰の廻転を早

めていくのだが、お雪は官能の芯まですっかり酔い痺れさせて、狂おしい喘ぎを

洩らし始めた。

「ああっ、駄目っ、お雪は、もう駄目でございます。」

「やれやれお雪どの、そんな硬い言い方ではとても見物人たちを満足させること

はできぬぞ。甚八、ニヤニヤして見物していないで、ちゃんと教えてやれ」

甚八はぴったり狂乱のお雪の耳元にあれこれとささやき、自分を完全に失って

しまったお雪は、甚八に教えられた通り倒錯した自分をあからさまにするのだった。

「吸って、おねがい!、口を吸って」

お雪はむせ返るような声でそういうと、いきなり自分の方から銀次郎の分厚い

唇に押し当てていったのである。ぴったり銀次郎と唇を重ね合い、貪り合うような

濃厚な口吻をかわし合うお柳を見て、左近は眼を丸くした。

「これは驚いた・・藩重役のやんごとない奥方が下郎とそのような振る舞いをする

 とは、はてさて、もはや畜生道に落ちたのか、それとも淫鬼にとり憑かれたのか」

その間も銀次郎は更に揺さぶりにはずみをつけ、お雪を一気に追い上げていく。そのくせ

鋼鉄のような硬さは少しも自失する気配がないのである。

「ああっ、く、口惜しいっ」

お雪は幅の広い金太郎の肩を硬く抱きしめて、ガクガクと全身を慄わせた。

下腹部から灼熱の感覚が突き上がり、お雪の背骨までジーンと痺れ切る。

「残念ながらどうやらこの勝負、お雪殿の負けのようでござるな。気をやる前に

 銀次郎の精を搾り出すどころか、もはや息も絶え絶えではないか。ここははっきり

 と負けを認め、哀れみを請うことだな。そうしないといつまでもこの営みが続く

 ことになるぞ、それでもよろしいのか、お雪殿。」

左近の言葉にお雪はもはや逆らう余裕はなかった。

「お、お願いでございます、銀次郎さま。そろそろお情けをいただきとうございます。

 お、お礼の印にゆ、雪は立派に懐妊してごらんにいれます」

「ほんとうかい?」

と、銀次郎はぴったり自分の頬に頬をすりつけながら嗚咽しているお柳にいった。

「先の夫とは死に別れた元藩重役の奥さまが、お前の子種が欲しいといってるんだよ、
 銀次郎。どうだい、嬉しい話じゃないか、こんな美人女房に子供を作れるなんて」

房江はそういって吹き出した。声をかけられた銀次郎は黄色い歯をむき出して、

「よしわかった」

といったかと思うと銀次郎は自麻縄を巻きつかせたお柳の乳房を吸い、量感のある

お柳の双臀を手で撫でさすり、最後の追いこみをかけるようにひと際、激しく

お雪を責め立てる。するとお雪はもう見栄も体裁もかなぐり捨てたような生々しい

悲鳴を上げ、陶酔の頂上を極めたのか銀次郎もそれに合致させて張りつめていた

緊張を解いたのだ。熱い汚辱の液体が体内にドクドクと流れ込むことをはっきり

感じとったお雪は、身体中の筋肉を激しく痙攣させてもう一度歯の間からむせ返る

ようなうめきを洩らしたのだった。

烈女お雪の最期 第4章 堕落の一歩

「よし、これでお雪殿は晴れてこの薄馬鹿の銀次郎と契られた訳でござるな。

いや眼の保養をさせてもらった。いくら閨秀の寂しさに身体をうずかせている

 とはいえ、藩重役の元奥方がここまで乱れるとは・・ふふふ、一部始終をご覧

 になった修理殿がなんとおっしゃるか、聞いてみたいものでござるな。」

と、内藤左近は床の間の位牌を指差した。

 それを見たお雪の顔色が変わった。

「ハハハ、先生も悪戯が過ぎますぜ。あんなものをいつの間に手に入れたので

 ございますか?」

「なに、旅籠の湯殿を急襲した際に、お雪どのが脱いだ着物の間に大切に置いて

 あったのだ。着物と帯、簪などを残らず引き取ってくれたお政もこれだけは

いらないと棄てられるところを拙者が引き取ったという訳だ。お雪殿には感謝して

 いただきたいところでござるな」

左近は得意そうに説明した。

 「しかし女というのは哀しいものでござるな、お雪どの。いくら薙刀とか学問とか

 を見に着けても肉の慶びの前にはひとたまりもないことはこれではっきりしたはず。

 しかも位牌の前であのような狂態を見せたのだから、もはや覚悟も決まったことで

  あろう。これからは元藩重役の奥方とかいうつまらぬ気位は一切棄て、女郎として

  苦界に身を深く沈める、そういう覚悟で修行に励んで欲しいものでござるな。」

左近は涙が潤ませたお雪の表情を楽しむように決め付けた。

その時、銀次郎はその部分は未だぴったり合致させたままでお雪の顎をそっと指で持ち

上げるようにし、唇を求め出す。すると、お柳は長い睫毛をうっとりと閉じ合わせながら

何のためらいもなく銀次郎とぴったり唇を合わせ、今の悦楽の余韻の甘美さを訴え合う

ように互いの舌先を強く吸い合うのだった。

「ほほう、これが拙者の言葉に対するお雪殿の答えというわけか、とにかくお二人は晴れ

て正式の夫婦になったわけだ。ま、ひとつ、これからは仲よくやっていくことだな。」

「ほんとにぴったり息が合ったようじゃないか。見ていてうらやましくなってきたよ」

と、房江はいい、そんな濃厚な悦楽のあとの口吻をかわし合う二人を、熱く胸をうずか

せながら凝視している。 やがて、銀次郎はお柳の余韻がおさまるのを待ってモソモソ

身体を動かし、自分から引き抜いたお雪を膝から床の上ヘ滑り落とさせていく。お雪は

全身からすーと力が抜けて落ちていき、緊縛された裸身を前屈みに伏せさせていったが、

ちょっと腰をよじらせたりして一息ついた銀次郎は、半ば失神状態に陥っているお雪の

艶っぽい肩先をうしろからそっとつか

んだ。

「さ、今度はうしろ向きになって膝に乗っかってもらいましょうか、奥さま」

えっとお雪は汗ばんだ顔をひきつらせて、銀次郎の顔を恐ろしそうに見つめた。

「ま、まだ、続けようというのですか」

「アハハ、男といえば修理殿と、拙者しか知らないお雪殿が驚かれるのも無理はないが、

銀次郎は一晩5回は射精しないと気がすまないという絶倫男だ。こういう怪物だからこそ

お雪殿の相方に選んだのだ。

 なに、つらい薙刀修行に耐えて、白菊隊の隊長にまで上り詰めたお雪どのではないか、

この程度の修行はなんでもあるまい。」

 銀次郎の顔がお雪の眼には赤鬼のように映じた。

続きを読む »

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード