FC2ブログ

ラブレター第一章

「誤解してもらっては困ります。私が強制したわけではなく、すべては妻が望んだ
ことなんですから(笑い)」少し太り気味の男性―ここではマクガバン氏としてお
くーは言った。夫の傍らで恥ずかしそうにうつむくのは、ジェシカ(仮名・37歳)
である。ジェシカは30代後半だが、ベビーフェイスでまだ20代の前半にしか見え
ない。ほっそりとした体つき白い清楚なブラウスと紺のスーツに身を包んでいるが、
胸はそれなりのボリュームで、髪はプラチナブロンド。蒼く大きな眼が特徴の美人
だった。
 私はスワッピングや特殊マニア向けの会員制HPの取材記者だ。人には言えないよ
うな体験もずいぶんしてきた。しかし夫が妻のブラウスの上から張りのある乳房を
引きずり出し、マッサージを始めたのは驚いた。あやうく、コーヒーカップを落と
しそうになって、慌てていると、マクガバン氏は静かに話し始めた。「ジェシカは
この通り見かけは細身ですが、ココは結構ボリュームがありましてね。ところで
これをごらんください。妻が書いた
手紙というか妄想ですな。」そういって、彼は私の前に細かな字でぎっしり書かれ
た紙をさし出した。


親愛なる強姦犯さまへ:

~あなたが森の入り口のベンチで私が一人でいるのを見つけたら、お願いですから
挨拶をしたり普通の会話をしないでいきなり押し倒してください。お願いですから
優しくしないでください。 あなたが地面に落ちている枯れ枝でももっていただけれ
ば一番なのですが・・何も言私は今の私と同じように、完全に裸でいるでしょう。
名前など名乗るのはくれぐれもやめてください。私には関係ないし、むしろさえ知
りたくないのです~

途中まで読んですっかり動転した私がせっぱつまった声に驚いて顔をあげると、男が
笑っていった。
「驚かせて悪かったがこうされると、人前でも、平気でヨガリ声をあげるんですよ
(笑い)」夫はジェシカの乳首を、指でコリコリと転がしていた。まったく、トンで
もないオヤジだ。人前で、ここまで大胆に前戯を行うとは?いったい、どんな神経を
しているんだ!しかも、ジェシカは旦那に責められ、目をとろんとさせ、唇を半開き
にしている。こんなにカワイイ妻をいたぶり、見せつけなくてもいいだろうが!こち
らの、怒りが彼に透けて見えたのか、笑いながらつぶやいた。

「こっちはこっちで楽しんでますから、どうぞ先をお読みください。それは、妻が、
ジェシカが、未来のなんというか「恋人」にあてたラブレターなのですよ」
「ラブレター?レイピストに?」
私はともかく先を読んでみることにした。

ラブレター 第二章

私は、床にキーボードを置いて、足を大きく開いていますから、何をでも好きな

ようにしてください。木の枝で私を鞭打ってください、顔をのぞいていただければ

全身どこをぶたれてもかまいません。内腿は跡が残るほどぶってかまいませんが、

できれば私の毛深い陰唇や感じやすいクリトリスは避けていただければ幸いです。

私はできる限り足を開いたままにしたいと思いますが、つい閉じるしまうかもし

れません。申し訳ありませんが前もってお詫びしておきます。ただしその無礼な

態度をそのままにせず、お仕置きとしてさらに強い懲罰をくだしていただくように

お願いします。

0718002.jpg

 
 お願いですがら、残酷に打ってください。ただできればその前に私の手首を椅子

についた突起に縛りつけて、あなたの罰を私が勝手に避けられないようにしてくだ

さい。声立てないように勤めるつもりでいますが、我慢できるかどうかわかりま

せん。私の口にあなたのお履きになっているトランクスを詰め込んで、その上から

ダストテープ巻いていただけますか?私があなたの匂いをかぎながら罰を受けられ

るように・・

あなたがうんざりするまで枝をふるい、皮膚に赤く深い溝が刻まれた私がハードに

すすり泣きしながらでも脚を閉じないでいられるなら、私をレイプしてください。

もし失神していたら、それ以上のことはできませんが、もし、私にまだ意識があるなら、

あなたが私を貫くとき、あなたのコックに少しでも喜びを与えるために全力をつく

したいと思います。

ハイスクール出立ての処女ではないので、締まりがいいとはいえないかもしれませ

んが残った力を振り絞って膣を絞り上げようと懸命に試みるつもりです。
プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード