FC2ブログ

飛行乗務員の屈服 第一章 出会い

「なんて美しい制服姿のスチュワーデスだろう・・こいつは毎朝制服に着替える

たびに、 自分でも惚れ惚れしているんだろうな。」

Stew1h.jpg


 と俺は考えた。細長い白い足、引き締まった体と金色の髪をなびかせたまさに

天使の顔(かんばせ)だ。『一人の時捕まえて強姦し。たたきのめしたくなる

美しさだぜ。』

 俺はこの美貌のスチュワーデスが自分の座席担当だと知って飛び上がった。

黒人のーそれも6フィート6インチの大柄な俺にその身体の上を無遠慮に眺めま

わされて、落ち着 かない様子だった。コーヒーのサービスで廻ってきた女の華奢

な手指を触ったとき、女の表情に一瞬の曇りが生じたのを俺は見逃さなかった

 「そうだろうな、あんたみたいな白人女なら、そうこなくっちゃ」

同時に俺は、ダイヤの指輪と、婚約指輪がその手にしっかりと装着されている

のを確認した。

 「よしよし、ちゃんと幸せな家庭もあるんだな」

 俺のコックは膨れ上がり、拍動を始めた。

 「壊し甲斐があるぜ・・・」

「『シェリー・トーマス』か・・」

 俺は名札確認した。

 「あんたの締まりのいいアソコを突き破ろうと俺の大きな

 黒い男根がムクムクと立ち上がったのをみたら、あんたはどう

 思うかなかな? ― シェリー・トーマスさん、あんたの魂の叫び声を聞かせ

 てもらおうじゃねえか!」

 実際はあんまり長いフライトじゃなかったが 嫌な客に付き合わされて、

 あんたいつもより2倍は長く感じたに違いない。

 飛行機が空港についたのと同時に、俺は少し離れた遠いラウンジに座った。

 だいぶ待たされてからようやく、ドアがあき、乗員の何人かが現れたが目指す

女はいなかった「ちぇ、早くしろよ」数分後、女は仲間の乗務員2人とともに

現れた。彼らが通路を歩いていくのを、俺は追いかけた

女性たちが空港を出て、乗務員用のバスに向かうのをみて俺はがっかりした。

 「いや、まだあきらめるには早いぜ」

 俺は自分に言い聞かせた。そう、俺の直感は正しかった。同僚2人はバスに

乗ったが、シェリーは彼等にさよならと手をふっただけでそのバスには乗り

込まなかったんだ。その代わり彼女が向かったのは、(乗務員用の)長期駐車場

行きのバス乗り場だった。それが何を意味しているかはすぐにわかった。女はこ

の市内に住んでいて、会社が用意した駐車嬢に車を止めて、そこからバスで通勤

してるんだ

飛行乗務員の屈服 第2章

俺は発車間際に同じバスに乗り込みめだたないように後部車両で後ろ向きになり、

新聞を読む振りをしながら女の動向を観察した。シェリーが降りたのは第一駐車場

だった。俺はバスから降りないでじっと外を観察していた。




 シェリーは白いBMWに乗り込んだ。バスはすぐに第二駐車場に停車した。そこで

 降りた俺の前に、女が運転するBMWが止まっていた。一方通行なんでBMWもスピー

 ドを出せずノロノロ走るバスの後ろをついていくしかない。俺はゆっくりと

 ナンバープレートの数字を記録した。

woman-driving-van.jpg


  1ヶ月後、機は熟した。女がフライトの時にどこに車をとめるか、どのくらい

 の時間勤務していつごろ帰ってくるのか大まかなことは俺にはわかるようになっ

 ていた。なにしろナンバーがわかっているんだから間違いはない。車がそこに

 停車しているということは彼女がフライト業務についているということだった。

 偽名でトラックを借り、シェリーに地獄(天国?)を味合わせる場所も決めた。

  シェリー・トーマスが毎週火曜日にシカゴ行きの乗務につき、翌日午後第343便

 に乗り帰宅することがわかった。彼女のBMWのドライバー側の区画が開いている

 ことを確認して、俺は計画を実行に移すこと決めた。クロロホルムを嗅がせて

 意識を奪ってから事に及べば簡単な話だが、それでは、お楽しみがなくなってい

 まう。 俺は無垢な若妻が 俺のデカマラをつきたれられて恐れと痛みで叫ぶのを聞く

 のが好きなんだ。俺は、女の貴重な白い肉体を、夫と共有したそのベッドで犯すこと

 を目指していた。俺は念のためスタンガンを買った。




ああたまらねや・・あの女の白い尻に一刻も早くぶちこめみたい・・。

飛行乗務員の屈服第3章

4493711.jpg
女の車の隣に駐車して トラックのパネルの隙間を通して俺は

ようやく餌食が接近しているのを見た。「よし、いいぞ、予定

どおりだ!」俺は内部を点検した。床にはマットレスを敷き、

その上はきれいな白いシーツを敷きピンクのカバーで蔽った枕

まで用意した。

(素敵なベッドルームだろ?我ながらよくできているぜ)

と俺はくすくす笑った。

(かわいい天使のために用意万端だな)

 長いフライトの後で疲れきっているはずだ・・女の警戒心もレベル

ダウンしていいるに違いない。トラックのサイドドアは、彼女のBMVの

 運転席ドアに向かいにあり、スライド式なので運転席から飛び出す

のは簡単だった。女がまさに、キーを挿入してドアを開こうとした時、

俺は行動を起こした。後ろから首にスタンガンの一撃を加え、女の

繊細でどちらかといえば小柄な体をトラックに引きずり込むことは、

容易なことだった。

内部に装着ずみの2台のビデオレコーダは ― 美しいシェリー・

トーマスの『破滅』を記録するために作動を開始した。ぐったりとした

彼女を助手席に横たわらせたまま、俺はトラックをスタートさせ、

空っぽの反対側駐車場へ移動した。エンジンをニュートラルにして、

エアコンが動いていることを確認した俺は、いよいよきちんと青い

制服姿を着たままの餌食から服を脱がせにかかった。最初に、彼女

のネイビーブルーのハイヒールを取り去り ― 次に、同じくネイビ

ーブルーのパンストを破れないように丁寧に剥ぎ取り、ゆっくりと

ブルーの制服をぬがせるとそこだけは乱暴に白いブラウスのボタン

をナイフで全部そぎ落とし、フロントトップのブラもざっくりと

切り裂いた。こうして白い完璧な体を露出させるとマットレスの上に

その見事な肢体を横たえた。

(おっと、肝心なことをすませないとな・・)

俺はバックを逆さにして中身をぶちまけると、パスポートの写真と

社員の証であるパスカードをビデオカメラの前にズームインした。

そしてプライベートなスケジュールまでぎっしり書かれた手帳を

めくった。こういうタイプの女は自分の体調管理まできちんと

手帳に書くことが多い・・・月末に決まって登場する赤いマーク

をみればそれが女の生理の証だということは容易に推理がつく・・

「へへ、おあつらえむきに昨日から排卵日ってことか・・神様も

 祝福してくださるならこっちも元気モリモリだぜ」

堕ちたフライトアテンダント2

彼女が後ろ手に標準的な軽めの旅行ケースを引き
ずっているのを見れば、彼女が手荷物エリアに行か
ないことは明白だった。

美貌の乗務員はそれから銀行のATM機械へに
立ち寄った。 美しい乗務員は機械操作に夢中だった
ので近づいてくるストーカーに気が付かなかった。

0821009.jpg


アーチーは航空券を見るふりをして、偶然を装って乗務
員のそばを通りかかり彼女の後ろ通り過ぎたが アーチー
の目は長い美しい脚と象牙色の白い皮膚に釘ずけだった。
(畜生、こんな立派な制服を着ていてもその下はセクシー
な下着をしてるんだろうな・・ひん剥きたいぜ!)

0821008.jpg

れども、彼女のほっそりして形よくマニキュアされた指
をちらっと見たとき、彼は深く失望した。 この美人は細い
美しい指をしていたが、そこにはダイヤモンドをおろかい
かなる形の結婚指輪もなかった。

それはこの美しいブロンドのフライトアテンダントに
とってある意味では幸運であった。 アーチーの標的は、
白人の美女であることに加えに既婚者であることが絶対
条件だったからだ。

次の90分に、アーチは次の標的を探しまわったが彼
の失望を乗り越えることができなかった。 彼の好みの
候補者は何人かいたのだが、いずれも既婚者の証を
身につけていなかった。

堕ちたフライトアテンダント3

アーチは長期戦を覚悟して、軽食をサービスするラウンジ
に腰を下ろしサンドウィッチのコーヒーを注文した。そして
まさにプレートからサンドウィッチを取り上げた時、彼は、
ガラス越しに長い流れるブロンドの毛髪で、美しいフライト
アテンダントが闊歩するのをみかけたのだった。 彼女は
ライトブルーのモダンな服装を着ていた。 およそ28歳で
慎重は 5フィート5インチというところか・・・ 彼は食べかけ
のプレートをそのままに料金を払うと、手荷物を引っつか
んで店を出た。 空港は混雑し始めており、特にエスカレ
ーターの近くで人の流れが一段と遅くなっていたのは彼
にとってラッキーだった。
 アーチーには露出度の高い服装で尻をくねらせてタラップ
をあがる彼女の妄想がひろがっていた
20210011.jpg

彼はすぐに追いついたが、あまりに接近して乗務員に
気がつかれないするため、意識的に、うしろから来るもう
1人の女性に道をゆずった。 彼は彼女が左手をエスカレ
ーターの手すりに伸ばすのを見た。 アーチが期待したの
は「証拠」であった。 まるでミルクのような白いマニキュア
をされた手の上にはきらきら輝く大型のダイヤモンドリング
と結婚指輪があった。 彼女にとっては愛のシンボルかもし
れないがアーチーにとっては破滅を志願している犠牲者の
印だった.
ring.jpg


この美貌乗務員美、メラニー・ウェーバー、はシカゴから
の長いフライト勤務を終えたところで帰宅を切望していたの
だった。 しっかり休息して、そして、愛する夫ともに久しぶ
りのディナーに出かけること~それが今彼女の頭を占めて
いた。学校に車で子供たちを迎えに行き、そして夜の間
祖父母にまかせる 通常なら2人の愛らしい子供たちと
一緒に家で過ごすことがなによりも優先なのだが、
今日は彼女の優しい夫と7回目の結婚記念日を祝う特別
の日だったのだ。
仲のいい2人は結婚記念日の夜~メラニーは大切にとって
あるウェディングを着て夫と愛の交歓をするのを常として
いた。

08210010.jpg

堕ちたフライトアテンダント5

1時間後、メラニーはちょうど自宅から1マイルしか
離れていない祖父母宅に子供たちを下ろした。
「お願いしますね」
「ええ、喜んで。だって今日は特別な日ですものね」
母親は笑顔で子供たちを預かってくれた 。

 彼女はそれから自宅のガレージに自動車を駐車
して、そしてガレージドアを閉じた。

0821009b


家に入って、彼女は2階の寝室に上がっていった。
疲れ切っていたが、長いフライトのあとでシャワーを
浴びたくてしかたがなかった。 彼女は、ゆっくりと
服を脱ぎ、ベッドの上に制服を置き残してバスルー
ムに向かった・・・待ちに待った暑い湯しぶきを
あびるために。

R08210011.jpg


シャワーを浴びた後で、メラニーはレース製の
ブラとパンティ彼女を身につけた。クローゼットの
中のイブニングドレスを確認したあと 緩いブラウス
とショートパンツを身につけ、 ベッドに身を横たえた。
キングサイズのベッドの真ん中で、彼女が安らかな
寝息をたてるまで数分とかかならかった。
0821003b.jpg

自宅であるから無防備なのは当たり前であるが
この美しい、そして完ぺきなミルクのような白い肌
を持つ人妻の行動は、すべてクローゼットに潜む
いやらしい二つの黒い瞳に監視されていたのだ
った。

0821003c.jpg

堕ちたフライトアテンダント7

さらに彼を満足させるたのは、今日が他ならぬ結婚
記念日ということだった。 1階に押し入ったアーチは
すぐにキッチン・カウンターの上に置かれた赤いバラ
の花びんに気がついた
…「心から愛する妻へ。結婚記念日おめでとう」         
カードに書かれた字句に、彼は悦びを隠せなかった。
roses.jpg


「新しくできたレストラン「がけ」でディナー予約をして
あります。 デザートはレストランではなくベッドで楽し
もう!」6時までには帰宅します・・愛してるよ。ビル
より」
なんと花束の脇には、結婚式の記念写真~指輪を
交換している2人の姿を写した写真までたてかけて
あった。アーチーはむろんこの宝物をうまく利用すべ
く、それを手に階上に上っていった。 なんというタイ
ミングのよさ・・何度も人妻との情事を重ねてきた
アーチーにとっても、結婚記念日に無垢な美しい若妻
を凌辱するのは初体験だった!

美しいメリッサ・ウェーバー夫人がぐっすり眠りこむま
で、アーチーは我慢強く15分待った。 隠しカメラを調節
して、クロゼットを出ると、アーチーは次の行動をとらえる
最も良いアングルになるようにドレッサーにカメラをセット
した。 それは美しいメリッサ・ウェーバーが身も心も汚され
凌辱される様子を記録するための大切な準備だった。
アーチーは雪のように色白の美しい白人女性が、漆黒の
肌をもち体毛の濃い大柄な黒人男性によって無理矢理に
汚される「正統の」凌辱画像が、アングラマーケットでとて
つもない多くの金を稼ぐであろうことを知っていた。 この
ビデオカメラはもともと録音機能も優れている最新式なも
のであったが、アーチーは感度を最高度に設定してどん
なにわずかなすすり泣きさえ記録できるように調節した。

アーチはすぐ近くに無防備な姿で横たわる無垢な若
い妻のすがたを凝視してから、彼のすでにビクビクと振動
している黒いコックをさらに乱暴にこすりあげ、気持ちを高
揚させたのだった。
0823009d.jpg

彼はベッドとまどろむ美人に近づいていった。 彼は、ぐつ
ぐつ煮えている熱いジュースを12インチのコックにくみ上げ
るべく、さらに握りを強くした。 それからすでに先走りの涎
をたらしてきるコックから飛び出すぬるぬるした不潔な体液
をこの無垢な色白の足裏にこすりつけるべく美女の白い足
のもとに方寄りかかった。 不潔なぬるぬるした体液が彼女
の柔らかいピンクの足裏を覆った。そしてべとついた体液は
彼女のごく小さい足指を覆い、まるで水かきができたように
なった。美貌の人妻は穏やかな愛撫により身動きをはじめた。

それからアーチは眠っている美人を悩ませないよ
うに、ベッドの端からゆっくりと這い登った。 彼は柔ら
かい象牙色の腿まで舌を這わせた・・さすがにこの刺
激は美人を目覚めさした。
「そろそろお遊びはお仕舞にするか」
アーチーは勝負時だと直感した。

堕ちたフライトアテンダント8

アーチーは突然、美貌の人妻の上にのしかかった。
「【ああ】………………【ううう】…………やめて...
… .何 ……何があった の………… お願い、私を
自由にして!!!」 メリッサは金切り声を上げました。
若妻は安全なはずの自宅いるにもかかわらず名前
もしらない筋骨たくましい裸の黒人男性にのしかか
られている現状に心から恐ろしさを感じた。
いつも夫と共に寝ているそのベッドの真ん中にはり
つけられている。

「ああ、どうか……………… お願い 、それだけは…
ああ・・・私は結婚していて・・子供も2人いるのよ!」
赤みがかったブロンドの髪を左右にはためかせながら、
メリッサは半狂乱になって嘆願しました。 アーチーは、
髪を振り乱して苦闘している美貌の人妻の手をおさえ
微笑しました。 「親愛なるウェーバー夫人、俺は今日
あんたに俺の黒い肉体の胤をわけてやるよ!なあ
ウェーバー夫人、あんたも黒の胤の味見をしたいだろ?」
アーチはそういって美貌のフライトアテンダントを侮辱
した。 メリッサはすすり泣いて、そして左右にはげしく
頭を振り始めました。

「ジューシーな胤汁の味見はどうかっていってるん
だよ、ウェーバー夫人!」 アーチーは突然ベッドにひざ
をつき、彼女の腕をピンで留めてようにしておさえると
美人の肉体に乗り、邪悪な笑いを浮かべたのだった。
顔の前面に突然漆黒で威嚇するようにそそり立つ12
インチの巨根をつきつけられた若妻の蒼い眼が恐怖に
おののくのを見たときアーチは心の底から笑いがこみ
上げてくるのを感じた。 メリッサは叫ぶ「おおお願い、
神様…ひどいにおいだわ、吐きそうよ!」と彼女は叫
び始めた。


「そうかい、そんなに気にいってもらったならこっちも
嬉しいぜ」
メリッサの絶叫を聞いた、アーチーはすすり泣く美貌
の人妻の顔中いたる所に彼のくさいコックをこすり始
めた、吐き気をこらえる彼女の歪んだ美貌をみること
は最高の悦びだった。 次に彼は若妻の口に肉棒を
押し込もうと試みた、しかし若妻は口を必死に閉じて
 どうしても肉棒を口にふくもうとしないので腹をたてた
アーチーは彼女の髪を思い切り引っ張って痛みで言う
ことをきかせようとした。
「そんなに口を開きたくないなら、あんたの顔が台無し
になってもいいんだな。じゃあ続けさせてもらうぜ」
アーチーは彼女が吐く寸前まで肉塊を、美女の顔面
にこすりつけ続けた
「もう限界だろ?あんたが別のやり方で奉仕してくれ
るならこれはもう終わりにしてやるぜ・・・どうする?」

彼女にその提案を否定する余裕はなかった。
アーチはメリッサが頷くのを確認するとまず、彼女の
目の前でかつカメラが捕らえられる範囲に例の指輪
交換をしている写真を置いた。
0825005_201708260023448f4.jpg

愛する夫の目前にいるような錯覚をこの人妻に
提供した上でと彼女に彼の先走り液を分泌して
いる黒いコックを彼女自身の細い白い手でしごく
ことをを強いたのだった。
「一応旦那に断った方がいいんじゃないか・・これか
らあなたを裏切って黒い侵入者のお相手をします、
とかさ」

堕ちたフライトアテンダント9

ぬるぬるした不潔な液体が彼女の敏感な指を濡らし、濡れ
て滑りやすくなった手でしごき続けることにより拍動がさら
にはげしくなるのを感じたメリッサは絶望感に打ちひしがれ、
もう死にたいと感じた アーチーは美貌の人妻が夫への愛の
シンボルである婚約指輪を明るくきらめかせてすすり泣き
ながらこの気が進まない行為を継続するのをみて心から
満足したのだった。

0905001_20170905055940c4d.jpg

 指の動きと指輪がさらに明瞭に映る位置に移動すること
をメラニーに命じた。(この角度なら、例の2人の写真も背景
に映るから最高だぜ)アーチーは密かに邪悪な笑みをうか
べた。

「ああ、どうか、どうか私にこんなひどいことをさせない
でくださいで」 お願いよ【どうか】………やめて頂戴!」
メリッサはすすり泣いた。 以前に黒人のコックが白人より
大きいという話を聞いたことがあった。しかしこれほど大き
いとは・・・とうてい信じられない思いだった。 彼女は昔
子供のころ、祖父母の農場でさかりがついた牡馬が牝馬
の背に乱暴に跨り、信じら得ないような肉塊から大量の
白濁液を吹き出した光景をみたことをの思いだしいっそう
震え上がった。 彼女の顔の前でゆらめく脅迫的な黒い
コックが馬の巨大なコックを思い出させたのだ。
02_20170905061718136.jpg

02b


「おお、どうか、それは大きすぎるわ……………お願い
…………私は死んでしまうわ!」と彼女は叫んだ。

「かわいい奥さんー、ちょっと味わってみなよ」
「味見だけだせ、だってそれは最期までとっておいて一番
ふさわしい ところにブチ込むんだから」
アーチーは先走り液を垂らしたコックでメリッサのピンクの
唇をなぞりながら微笑した。 すすり泣いている若い妻が
、今にも吐きそうに嗚咽するのをみるのアーチにとって
この上ない喜びだった。
毒々しい静脈が浮き出たコックから垂れる先走り液はきら
きらと健康的に輝いている白い歯に歯ミガキのようにまと
わりつくところまで進んだが、メリッサもこれが最期の砦と
いう思いで歯を食いしばっているため、それ以上前に進
めなかった。 それでも不潔な泥が口中に入り込むことを
完全にふせぐことはできないため、メリッサの吐き気はしだ
いにひどさを増した。 夫はこれほど下劣な行為を行ったこと
はなかったし、今後もしないだろう、とつい数時間前まで
貞淑を誇っていた妻は絶望の中で考えた。

無垢の人妻が嫌悪の情でその美貌を歪ませ、婚約指輪を
きらめかせながら彼の漆黒のコックをつつむ彼女の白い手
を見ているアーチはそろそろ限界が近づいてきたことを感じ
ていた。

堕ちたフライトアテンダント10

無垢の人妻が嫌悪の情を顕にその美貌を歪ませ、
婚約指輪をきらめかせながら彼の漆黒のコックを
つつむ彼女の白い手を見ているアーチはそろそろ
限界が近づいてきたことを感じていた。 彼はコック
にまとわりついている若妻の白い手を解くと、それ
までやや背をおこして奉仕していたメリッサの身体
をあらためてベッドに平らに寝かせた。 彼女は
自由になった腕で攻撃者の肩を遠ざけようとしたが
それはなんの効果もなかった。 メラニーの薄いブラ
ウスの前部は下方に引き裂かれ、薄いブラは力ずく
でポキッと折られて左右にわかれ胸が剥き出しに
なった。 「ああ、どうか...……………堪忍して!」
濡れた舌が彼女のルビー色の乳首をからかい始めた
ときメリッサはうなった。

アーチーはサクランボのような乳首が載った
柔らかい白い膨らみを押上げながら、苦闘している
犠牲者の下半身からショートパンツとパンティーを
剥ぎ取ったのだった。 メラニーは均整がとれた
白い脚を激しく動かした、しかし筋骨たくましい犯人
に打ち勝つことは到底不可能だった。 こうして彼女
の下半身は攻撃者に暴露されたのだった。
「おお、どうか...どうか、どうか…、
…、どうか出て行って頂戴……私は誰にも言わない
から!」
メラニーは嘆願した。

「いや、そんな必要はないぜ。皆に俺がここに
いたことを訴えればいいんだウェーバー夫人。 みんな
に俺の 邪悪な黒いヘビでどんな風に「破滅させたられ
たか」か言いふらすんだよ!」 アーチーはメリッサが
そんなことはできないのを承知で嘲るのだった。

01b_201709060630058d0.jpg

01bb_20170906064127f8c.jpg


「ああ、どうか…...どうか私を凌辱しないで! どうか
お願い、だって今日は結婚記念日なのよ!」 メリッサは
すすり泣いた。 「そうかい、そうかい、それを聞いたんじゃ
いっそうここでやめるわけにはいかないな。記念
日プレゼントをあげなくちゃ、俺の男が廃るぜ。
あんたにいつまでも覚えていて欲しいからとびきり
のプレゼントをあげなくちゃな」
「 あんたの肥沃な庭の奥深くに俺の熱いベビー
ジュースをプレゼントするぜ、ウェーバー夫人」
「小さい黒人の赤ん坊だ、嬉しいだろ、ウェーバー
夫人!え、どうなんだ?」 アーチーは嘲った。

「おお、神……が...どうか、どうか私を凌辱
しないで、…………お願いです……おお!」
メリッサはすすり泣いた。

堕ちたフライトアテンダント11

アーチは彼女のお宝の入口で、彼の巨大な 亀頭 を
ゆっくりとこすって、震えている被害者にほほ笑み
かけた。
「そうだ、せっかくとびきりのプレゼントをあげても実り
がともなわないとなんにもならないな・・・フライトアテ
ンダントは生理不順が多いんだろ・・でも、さっきから
あんたのうろたえぶりをみるとそっちの方は大丈夫
そうだな・・・いや、それどころじゃないな危険日だっ
たりするんじゃないか」
それはまさに図星だった。メリッサは反射的に首を
ふったが、そのわずかな遅れをアーチーはみのが
さなかった。
「そうかい、やっぱりそうなんだな・・それじゃこっち
も張り切らないとな」
実際、彼女と夫は家族をもうひとり欲しいと思い
せっかくなら結婚記念日に授かれば最高と随分
から計算していたのだった。 「おお、どうか……
お願い・・・。「わ、 私妊娠しちゃうわ………
どうか、どうかせめてコンドームをつけて頂戴……
………はあなたの赤ん坊を産むわけにはいか
ないのよ」
メリッサはすすり泣いた。
0001_20170906221932b8e.jpg


「Arggggggghhhhhhhhhhhhhhhh ……
awwwwwwww …………..だめよ~!」
アーチがついに若妻のごく小さい入口の中に
彼の厚い cockhead を刺したとき、メリッサは
金切り声を上げた。 彼の鼓動しているコックは
いつ爆発するかわからないという状態だったの
で、アーチーはあえてゆっくり攻めることにした。
この美人は、いままでこのような巨大なイチ
モツを受け入れたことがないので、2人の母で
あるにもかかわらず、アーチーにとってはまるで
処女を汚しているのではないかと錯覚するほど
締りがよかった
「ああ…… .痛い、ああ…… そんな・・ひどく
痛いの…助けて!」
と彼女は明白な痛みと不安に打ちひしがれて
叫びました。 「おお… .oh ……おお…...
おお… .oh !」と
アーチーはサマンサが叫ぶごとにわずかに
締りが緩むことを利用して、慎重に少しずつ
亀頭を奥へすすめていった。。

「さてそろそろをあんたのお宝をパックリ
開かせてやるかな、ウェーバー夫人!もっと
力をぬいて受け止めないと壊れちまうぜ」
白野郎の小さいモノじゃもう あんたを満足でき
なくなるぜ、一度でもこのぶっとい黒ヘビを経験
したらな」
アーチーはくすくす笑った。
「もし大切なかわいい宝石ちゃんが汚れた
ニグロのコックを経験ずみ、ってことを知って
たら、あんたの愛する旦那様は今までと同じ
ようにあんたと愛し合う気になると思うか?」
「だからさ、警察に自分は凌辱された、と訴え
るんだよ。隣り近所に自分は黒人に「コワさ
れたんだ」といいふらしてもいい。どうだい、
そうすれば幾分気分も晴れるんじゃないか?」

彼は美貌の人妻を侮辱し続けた. アーチーは、
この若妻が今後の夫との関係に関する嘲り
言葉の中に真実を感じ、そのことばを胸に刻
み込んでしまったことを、歪んだ美貌のうちに
確認して邪悪な笑みをうかべた。

アーチはこの美人がまだ完全に戦意を喪失
しておらず、この絶望的状況の中でもまだ名誉
を保とうとあがいているところが気にいっていた。
自分にのしかかる黒い攻撃者を蹴ろうと柔らかい
セクシーな足を激しく動かす彼女の行動は結果
としてなんの効果もなく、むしろ攻撃者に彼女の
均整がとれた白い脚の感触を楽しませただけ
った。
「あああ… .お願い…だめよー」
アーチーが、さらに3インチ深くコックを進めたとき
若妻は絶叫した。 「ああ~あなたは私を殺すつ
もり・・・あなたのは大きすぎるのよ…… お願い
だから !」
メリッサは、痛みと凌辱されているという屈辱感
からすすり泣いて、嘆願した。

堕ちたフライトアテンダント12

ビデオは、彼女のすべての絶叫と嘆願を細部まで
録音するとともに、愛する夫と床をともにするベッド
の上で展開される美しいふらいとアテンダントの凌辱
と汚辱のすべてを明瞭な画質で記録していた フィル
ムに記録されたこの凌辱実録はアングラマーケットで
は人気を集め、大きい利益をもたらすことは疑いがな
かった。 海外市場はこの美しい女性がさらに多くの
筋骨たくましい黒人たちに無残に凌辱されたり、公開
の場所、さらには勤務中にで辱めをうけたりすることを
希望するだろう、とアーチーは想像した。 反抗したり、
必死で抵抗したりする画像はすすり泣きと涙とともに、
それが人妻がリアルに凌辱されているところを収録し
たものであることを明らかに示していた。

アーチーは、彼のコックを半分くらい挿入したとこ
ろで動きをとめ、メリッサの反応を待った。 メリッサ
がアーチーを跳ね除けようと腰を動かせばそれだけ
彼のコックを深く受け入れることになり、上半身を
跳ね除けようと彼の上半身をのけぞらせれば、その
反動で彼の下半身は余計に女体に近づくこおのだった。
「どうした、もっと抵抗するんじゃないのか」
「Aieeeeeeeeeeeeeeeee … arggggggghhhhhhhhh !」
彼女が腕に全力を込めたのをきっかけにアーチーは
腰を引いた。ただ彼の 亀頭だけが残っている時点ま
でひいたところで、サマンサが耐えきれず腕をまげると
今度はその力を利用するかのように腰をいれた
「Aieeeeeeeeeeeeeeeee ……arggggggghhhhhhhhh !」
「どうした、もっとがんばらないと奥にはいっちまうぜ」
アーチーの揶揄に答えてサマンサが再び腕をつっぱると、
先ほどと同じことがくりかえされた。
 こうしてアーチーは彼の12インチの筋肉を深く女体
の埋め込んだのだった。
「おお、……………………… .owwwwwwww !」
メリッサは、これほどまで子宮の奥深くコックを迎いい
れたことはなく、すすり泣いた。 アーチは激しく動い
ているサマンサの脚をつかんで、そしてそれを若妻
の激しく動かす頭の上に押し上げました、こうして
彼は女の子宮の最深部に拍動するコックを送り込
んだのだった

アーチーはこのような姿勢をとらされてですすり
泣いている妻の耳元に口を近づけ、敏感な耳たぶ
や耳介をざらつく舌でなめながら。 さらに無垢な妻
をあざけることばを囁いたのだった 「おお、ベイビー!
あんたの性器は恐ろしく締りがいいな。ホントに子供を
 生んだのか?でももう大丈夫。俺様がこれからたっ
ぷり広げてやる からな」  もし亭主がへなちょこコック
を挿入しようとしても何回か俺が 広げてやれば溺れち
まうぜ。」 「おお、ベイビー、あんたの締りは処女なみだ
ぜ」い 彼はメリッサの動きに合わせてゆっくりと腰を
動かし、思い切ってコックを引いたり、挿入したりした。
フィルムは、広い黒い肩の上でごく小さい足指が、腰の
動きに合わせてときに広がりときに痙攣し、曲がるとこ
ろを余すところなく捉えていた。

10分間、メリッサは彼女の下劣な犯人を遠ざけよう
と絶望的な戦いを続けたが、子宮内に繰り返された
深く長いストロークは望ましくない効果をもたらし始め
た。 彼女の体は彼女を裏切っていた、長い厚い陰茎
は今彼女の引き締まっている腟によって握り締められ
て、そして離されていました。
「あああ、だめよ、…だめ...私に感じさせないで!」
と彼女大声で言いはじめた。 ことばだけではなく彼女
の身体反応も著しく変化した。男に突きたてられて背
を丸めたとき腕を伸ばして男を跳ね除こうとするかわり
に犯人の頭の周りに手をまわすようになり、いままで男
を蹴飛ばそうとしていた足を男の分厚い腰にまわすよ
になった。

「あああ……… .oh 、ああ………. ……おお!」
彼女が激しく侵入している黒い光線に直面して背を丸
めようとした(とき・から・につれて・ように)、メリッサは
やかましくうめきました。 「ああ神様…私はイク~~ !」
体がけいれんさせながら女は絶叫した。 アーチーは、
彼女の子宮深くに彼のコックを沈めて、いままで感じた
ことがなく今後も忘れないであろう最大級のオルガスム
で若い人妻が震えてけいれんを起こすのを感じて、
第一段階が終了に近ずいたことを悟った 3分間、
メリッサが最終的にリラックスし始め、ベッド深く身体
を伸ばすのをアーチはじっと待っていた。驚いたことに
アーチーはまだ射精していないのだった。

001d


堕ちたフライトアテンダント13

亀頭だけがかろうじて入口の留まる状態までアーチー
はコックをひいた。 そして彼は彼女のセクシーな足を
つかむと、細い足指をしゃぶったり、彼の顔を柔らかい
足底に埋めたりした。 彼はそれから均整がとれた
白い脚を彼の両脇におろした
01a_2017090918233019b.jpg


若い妻はクライマックス後の極度の疲労から一瞬意識
を失ったが ゆっくりと引き抜かれていくコックの刺激を
感じて目覚めた。 それから起きたことの認識が彼女
をぶちのめした。
「ああ、私はどうなったの? 黒人男性によって凌辱
されたんだわ! 私は彼の黒いコックに蹂躙されたのよ。
でも警察や夫に自分が凌辱されたなんて言えるわけ
ないじゃない。でも幸いなことにまだ最期を迎えたわけ
じゃない。これから必死に抵抗すれば・・・」と彼女は自問
自答した。 しかし、圧倒的な力の前にその反抗が無力
であることは今も証明されたばかりだった。それにさらに
問題なのは自分の身体が、もはや意志とは反対にて、
刺激を、そして最期を迎えることを期待していることだっ
た・・・メリッサはそれにきがついて愕然とした。

メリッサが回復したのを確認したアイクは再び長く深い
攻撃をはじめた。しかし前と異なるのはその出し入れ
のスピードがずっとはやくなったというところだ。メリッサ
は黒人の凌辱犯が彼女の子宮深くに彼の不潔な種を
噴出させる意志を継続していること悟らざるをえなかっ
た。
「ああ、神様!、彼は私の結婚記念日に私を妊娠させ
ようとしています! 今日は子供を作るのに最適な日だし、
ビルも赤ん坊を作るために今晩私と愛し合うことを望ん
でいたのに!」彼女は絶望的に思った。

「どうか、おお、どうか、 お慈悲を! どうか…………
どうかまた挿入するのはやめて! どうか、………… .
私妊娠しちゃうわ! どうか、私が産みたいのは夫の
赤ちゃんなの!」 メリッサは嘆願した。 けれどもこれは
ただアーチーの欲望をかき立てるのに役立っただけで
黒いコックの前後運動はさらに激しさを増したのだった
「おお、ベイビー! おお、ベイビー! なんて気持ち
よくて、締りがいいんだ。 俺の黒い胤でいっぱいにして
やるぜ! あんたに黒人の赤ん坊を孕ませてやるんだ、
ウェーバー夫人! おお、ベイビーさああんたの記念日
のプレゼントを受け取るんだ……urgggggggghhhhhh 」と
Archhie は、彼の黒い身体体をけいれんさせながらう
めくような声で言い放った。 しっかり均整がとれた白い
腰を抱くようにして、アーチは生殖可能な子宮の中に
彼の12インチのコックを埋めて、そして彼のぬるぬる
した精液を勢いよく放出したのだった。

「おお、………………………. だめよ・・・・!」
が拍動するコックが自分の体内の奥深くで爆発するの
を感じ、メリッサはうなり声をあげた。 爆発はメリッサ
に再び不必要なオルガスムによるけいれんを起こさ
せた。 彼女はいままでそれほど深いコックの放出
を経験したことがなかったた。 それほど熱くてくて、
痛烈だった。 これほど大量の胤汁が彼女の子宮に
放出されたことはなかった 彼女の小柄な肉体は彼女
にコック全体を体内に受け入れるために背を丸めて均
整がとれた白い脚を黒い尻に組んでて、そして男をより
近くに引き寄せようとしたのだった。

彼の陰茎はゆっくりとしぼんだが、しかしそれでもなお
鼓動することはやまず15分たってもに、アーチの黒い
肉塊はなお美しい妻の体内に残っていた。
「結婚記念日おめでとう、ウェーバー夫人!」
アーチはついに美貌の人妻を侮辱したのだった。
美しい白人妻は涙とを流しすすり泣いた。
「時計を見ろよ、ウェーバー夫人! 亭主が6時
に帰宅するんだろ? 家庭が家に彼の美しい
妻に来るために、たった45分、今5時15分だ
から、彼をむかえるまでたった45分しかないって
わけだ。
01b_20170909182835b63.jpg

俺だってあともう一発はあんたのヴァジャイナに、
アヌスにも一発食らわせて、残りを飲み込ませた
い衝動をやっとおさえてあんたに協力してるんだ。
泣いたり喚いたりしてる余裕はないぜ」
彼はいい放った. 彼がすっかりおとなしくなった
陰茎をゆっくりと引き抜いたとき、若妻は恥ず
かしさあまり顔をおおってうめき声をあげた。
アーチはにっこり笑い、メリッサに眼を閉じる
ように命じるとクローゼットに脱ぎ捨てた服を
素早く着て、ビデオやカメラを手早くカバンに
収納して口笛をふきながら出て行った。

堕ちたフライトアテンダント14

女は汚れた寝具を見て、顔をおおってうめき声をあげ
た。 けれども、最悪なのは寝具よりも自身の汚れた
体だった。 内股を拭った指がぬるぬるしたべとつい
たものでずぶぬれであるということがわかったとき、
彼女は再びうなり声をあげた。
「これはここに放出された精液ではない・・子宮の
奥深く放出された精液があふれてでたんだわ・・・
つまり私の子宮は黒い胤でいっぱいというわけ?」
腿は痛み、動くのも辛かった。しかし、凌辱の証拠を
隠すことが絶対に必要だと、自分自身を鼓舞したの
だった
優しい夫に大切な妻が(すでに)黒人によって
「破滅させられて」いたとか。 黒人男性の子を
娠する可能性があるなんて口がさけてもいえない
と考えた。
メリッサはシーツをはがして、そしてセックスの
悪臭を取り去るために窓を開けた。 メリッサは、
すべての危険な胤を排除することを望んで、それ
から2度 膣洗浄 用の器具をつかった。
090901k.jpg
それから、不潔な彼女の体を洗浄しようとして、半時間のあい
だ暑いシャワーを浴びた。
SJ-DoucheChaude_005.jpg

彼女がシャワー室から出たとき、すでにガレージドアが
開く音が聞こえた。夫が帰宅したのだった。 彼女は
彼に何か不都合なことがあったと思わせないために
急いで着替えなければならなかった。 彼女は彼女
の優雅なイブニングドレスのインナーとして、レース
製の白いブラとそれにマッチしたパンティーを身につけ
ました。 それから薄い白いストッキングと3インチ
の白いヒール。 首の周りにパールのネックレスを
つけた彼女はどこに出しても恥ずかしくないレディ
だった
01h.jpg
けれどもメリッサは自身が、黒人によって
凌辱されたことを恥ずかしく思って、それが表情に
現れて夫にさとられないですむか不安だった。
「笑顔、笑顔よ、メリッサ!」
01ff

メリッサは鏡の前で無理やり営業用の笑顔をつくった。
 意を決したメリッサが階下の夫のもとへ急ごうとした
とき、ふと床に自身のパンティが置いてあるのに気が
ついた
01fff.jpg

 「なに、これは」
それはクローゼット近くの引き出しにあったはずの
下着だった。なぜそれがここに?しかも濡れている!
それが侵入者の悪戯だとわかったメリッサは、床に
叩きつけようとして思いとどまり、ティッシュで二重三重
に包んでくずかごに放り込み階下に急いだ。

堕ちたフライトアテンダント16

彼女はバルコニーに通じるドアを開けたあと、両手
で頬を数回叩いてみずからを鼓舞した。 メリッサ
は、いく組かのカップルが手すりに寄りかかりなが
ら市街地をながめているのをみた。 左の方に巨大
な鉢植えの後ろにその日彼女を自宅で凌辱した
男がいた。 彼女はゆっくりと彼に近づいていった。
「あなたは何が欲しいの? なぜここにいるの?」
メリッサはおそるおそる尋ねました。

「今晩は、ウェーバー夫人! 結婚記念日おめ
でとう!」 アーチーは「あんたがディナーのために
正装することができるように、俺は今日の午後は
中途半端な状態で立ち去らなくてはならなかった
んだぜ!」
と、答えました。 アーチは、、おびえている妻のひじ
をつかみむと、ビル群の照明の方を向かせた。
「俺はまた硬くなってるんだよ、ウェーバー夫人!
あんたの美しい手さばきで、この膨らみを元通り
にしてくれよ。」でウェーバー夫人! 放出する
瞬間にあんたの結婚指輪が、きらめくところを
見たいんだよ!」 アーチーはそう命じた。
「そんな…………馬鹿なことをいわないで
こんな人前で?」 メリッサは息をのんだ。
アーチが、手すりに身体の前面を押し付けて
ズボンのファスナーを下げると、彼の黒い肉塊が
勢いよく飛び出してきた。手すりの間について
揺れました。
「あんたは夫にこのテープのコピーをみせたい
かい?」 アーチは尋ねました。

メリッサはため息をついて、手すりにかがみ
込んだ、彼女は彼女の左手で今日の午後さんざん
見せられた黒いシャフトを握り締めて、そして上下
に動かしはじめた。 「へへ、ウェーバー夫人!
なかなか上手じゃないか! はやく俺をイカせて
くれよ。そうすれば、あんたは旦那のところに
戻れるんだぜ! おお、あんたの結婚指輪は月光
にきらめいてるよ、ウェーバー夫人」 ウェーバー
氏が、最愛の妻が目と鼻のさきで黒人男のコック
を擦ってるってわかったらどうなるかな」
彼はそういって嘲った。
001d_20170911232118646.jpg

アーチーは彼のすでに先走りの液をしたたら
せた黒いコックにさらに燃料を補給して膨張させ
ようとしている白い手をながめながらあえいでいた。

堕ちたフライトアテンダント17

メリッサは先走りの液体が彼女のほっそりした指
にしたたり落ちて、それが手のひらを覆い、、滑り
やすくなったために肉塊を擦り上げる運動がいっ
そう効果をあげつつあるのをみて、すくみあがった。
「おお、ウェーバー夫人! Agggggg ……ああ!」。
彼のコックが都市のビル群にむけて砲撃したとき
アーチーはうなった。 それから彼はメリッサの手
をつかむと、すでにずぶぬれになっているにもか
かわらずなお亀頭からの放出をやめない、彼の
精液まみれの腫れた コック全体を こすらせて、
その白くて美しい掌をおぞましい白濁液で汚したの
だった
.

それからメリッサは、ラウンジを離れて室内にもど
ると洗面室に駆け込み不潔物をい流してから夫に元
へもどろうとした。 しかし彼女が洗面室に届いたの
とちょうど同じ時に、夫は反対方向からか近づいてきた。
「やあ、ハニー! だいぶ時間がかかるんで何か問
題があるのかと思って確かめにきたんだ。それにトイレ
にいくのにポーチを忘れたことに今きがついて困って
るんじゃないかと思ってもってきたんだよ。そうか、こっ
ちがバルコニーなんだね。」 ビルが話かけた。
「じゃあせっかくだからバルコニーでちょっと散歩を
しようか!」
左ひじを曲げて妻をリードするお得意ポーズをとった
ビルがそう誘った。 夫の手が彼女の前腕からさらに
下に向かおうとしているのを感じたとき、メリッサは次
に何が起こるか予想して蒼くなった。
(私の手をにぎるつもりだわ、いつものように) メリッサ
はどうしたらいいかわからず、身体をこわばらせた。もし
今ビルが私の手を握ったら・・・
 この絶望的な状況を救ったのはなんとアーチーだった。
いつの間にか夫婦のそばに来ていた彼は、偶然通りか
かったように装ってメリッサの脇を通り、ポケットから布
切れを落としたのだった。それは一見するとハンカチーフ
のように見えたが、メリッサはそれが自分のパンティを
折りたたんだものであることをすぐに悟った・・・この憎む
べき卑劣漢は、クローゼットからインナーをくすめ盗った
のだった。メリッサはそれを拾いあげながら夫に気がつか
れないように手を拭い
「落とされましたよ」
と低く抑えた声で言いながら震える手でアーチーに手渡した。
「ああ、これはどうもありがとう」
アーチーは笑顔でそういうと、布切れを受け取って去って
いった。
夫の手が彼女の手を捉えたのはその直後だった。 彼が
今握っているきれいな手がちょうど1分前には黒くて
太いコックをこすり上げていたことを彼が知ったら・・・
メリッサは立っているのがやっとだった。全身から冷や汗
が吹き出していた。 暗がりに移動した夫は 彼女の手を
彼のほおにあてた。 メリッサは、彼が男性の強いにお
いに気がつかなかったことを祈って、すくみあがった.
あたりに人がいないのを幸いビルが彼女にキスを迫り
メリッサがそれに答えたとき、メリッサは大きい手が
女の尻を愛撫しているのを感じた。 ビルは彼女の肩
に手をまわしているのだから尻を撫でているのはビルの
手でないことは明らかだった。メリッサは悲鳴をこらえる
のがやっとだったが、さきほどの危機をなんとかしのげた
のはこの手の持ち主であるアーチーの機転によることは
みとめざるを得ず、スカートの中にまで侵入する無作法を
あえて許したのだった。
プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード