FC2ブログ

飛行乗務員の屈服 第一章 出会い

「なんて美しい制服姿のスチュワーデスだろう・・こいつは毎朝制服に着替える

たびに、 自分でも惚れ惚れしているんだろうな。」

Stew1h.jpg


 と俺は考えた。細長い白い足、引き締まった体と金色の髪をなびかせたまさに

天使の顔(かんばせ)だ。『一人の時捕まえて強姦し。たたきのめしたくなる

美しさだぜ。』

 俺はこの美貌のスチュワーデスが自分の座席担当だと知って飛び上がった。

黒人のーそれも6フィート6インチの大柄な俺にその身体の上を無遠慮に眺めま

わされて、落ち着 かない様子だった。コーヒーのサービスで廻ってきた女の華奢

な手指を触ったとき、女の表情に一瞬の曇りが生じたのを俺は見逃さなかった

 「そうだろうな、あんたみたいな白人女なら、そうこなくっちゃ」

同時に俺は、ダイヤの指輪と、婚約指輪がその手にしっかりと装着されている

のを確認した。

 「よしよし、ちゃんと幸せな家庭もあるんだな」

 俺のコックは膨れ上がり、拍動を始めた。

 「壊し甲斐があるぜ・・・」

「『シェリー・トーマス』か・・」

 俺は名札確認した。

 「あんたの締まりのいいアソコを突き破ろうと俺の大きな

 黒い男根がムクムクと立ち上がったのをみたら、あんたはどう

 思うかなかな? ― シェリー・トーマスさん、あんたの魂の叫び声を聞かせ

 てもらおうじゃねえか!」

 実際はあんまり長いフライトじゃなかったが 嫌な客に付き合わされて、

 あんたいつもより2倍は長く感じたに違いない。

 飛行機が空港についたのと同時に、俺は少し離れた遠いラウンジに座った。

 だいぶ待たされてからようやく、ドアがあき、乗員の何人かが現れたが目指す

女はいなかった「ちぇ、早くしろよ」数分後、女は仲間の乗務員2人とともに

現れた。彼らが通路を歩いていくのを、俺は追いかけた

女性たちが空港を出て、乗務員用のバスに向かうのをみて俺はがっかりした。

 「いや、まだあきらめるには早いぜ」

 俺は自分に言い聞かせた。そう、俺の直感は正しかった。同僚2人はバスに

乗ったが、シェリーは彼等にさよならと手をふっただけでそのバスには乗り

込まなかったんだ。その代わり彼女が向かったのは、(乗務員用の)長期駐車場

行きのバス乗り場だった。それが何を意味しているかはすぐにわかった。女はこ

の市内に住んでいて、会社が用意した駐車嬢に車を止めて、そこからバスで通勤

してるんだ

飛行乗務員の屈服 第2章

俺は発車間際に同じバスに乗り込みめだたないように後部車両で後ろ向きになり、

新聞を読む振りをしながら女の動向を観察した。シェリーが降りたのは第一駐車場

だった。俺はバスから降りないでじっと外を観察していた。




 シェリーは白いBMWに乗り込んだ。バスはすぐに第二駐車場に停車した。そこで

 降りた俺の前に、女が運転するBMWが止まっていた。一方通行なんでBMWもスピー

 ドを出せずノロノロ走るバスの後ろをついていくしかない。俺はゆっくりと

 ナンバープレートの数字を記録した。

woman-driving-van.jpg


  1ヶ月後、機は熟した。女がフライトの時にどこに車をとめるか、どのくらい

 の時間勤務していつごろ帰ってくるのか大まかなことは俺にはわかるようになっ

 ていた。なにしろナンバーがわかっているんだから間違いはない。車がそこに

 停車しているということは彼女がフライト業務についているということだった。

 偽名でトラックを借り、シェリーに地獄(天国?)を味合わせる場所も決めた。

  シェリー・トーマスが毎週火曜日にシカゴ行きの乗務につき、翌日午後第343便

 に乗り帰宅することがわかった。彼女のBMWのドライバー側の区画が開いている

 ことを確認して、俺は計画を実行に移すこと決めた。クロロホルムを嗅がせて

 意識を奪ってから事に及べば簡単な話だが、それでは、お楽しみがなくなってい

 まう。 俺は無垢な若妻が 俺のデカマラをつきたれられて恐れと痛みで叫ぶのを聞く

 のが好きなんだ。俺は、女の貴重な白い肉体を、夫と共有したそのベッドで犯すこと

 を目指していた。俺は念のためスタンガンを買った。




ああたまらねや・・あの女の白い尻に一刻も早くぶちこめみたい・・。

飛行乗務員の屈服第3章

4493711.jpg
女の車の隣に駐車して トラックのパネルの隙間を通して俺は

ようやく餌食が接近しているのを見た。「よし、いいぞ、予定

どおりだ!」俺は内部を点検した。床にはマットレスを敷き、

その上はきれいな白いシーツを敷きピンクのカバーで蔽った枕

まで用意した。

(素敵なベッドルームだろ?我ながらよくできているぜ)

と俺はくすくす笑った。

(かわいい天使のために用意万端だな)

 長いフライトの後で疲れきっているはずだ・・女の警戒心もレベル

ダウンしていいるに違いない。トラックのサイドドアは、彼女のBMVの

 運転席ドアに向かいにあり、スライド式なので運転席から飛び出す

のは簡単だった。女がまさに、キーを挿入してドアを開こうとした時、

俺は行動を起こした。後ろから首にスタンガンの一撃を加え、女の

繊細でどちらかといえば小柄な体をトラックに引きずり込むことは、

容易なことだった。

内部に装着ずみの2台のビデオレコーダは ― 美しいシェリー・

トーマスの『破滅』を記録するために作動を開始した。ぐったりとした

彼女を助手席に横たわらせたまま、俺はトラックをスタートさせ、

空っぽの反対側駐車場へ移動した。エンジンをニュートラルにして、

エアコンが動いていることを確認した俺は、いよいよきちんと青い

制服姿を着たままの餌食から服を脱がせにかかった。最初に、彼女

のネイビーブルーのハイヒールを取り去り ― 次に、同じくネイビ

ーブルーのパンストを破れないように丁寧に剥ぎ取り、ゆっくりと

ブルーの制服をぬがせるとそこだけは乱暴に白いブラウスのボタン

をナイフで全部そぎ落とし、フロントトップのブラもざっくりと

切り裂いた。こうして白い完璧な体を露出させるとマットレスの上に

その見事な肢体を横たえた。

(おっと、肝心なことをすませないとな・・)

俺はバックを逆さにして中身をぶちまけると、パスポートの写真と

社員の証であるパスカードをビデオカメラの前にズームインした。

そしてプライベートなスケジュールまでぎっしり書かれた手帳を

めくった。こういうタイプの女は自分の体調管理まできちんと

手帳に書くことが多い・・・月末に決まって登場する赤いマーク

をみればそれが女の生理の証だということは容易に推理がつく・・

「へへ、おあつらえむきに昨日から排卵日ってことか・・神様も

 祝福してくださるならこっちも元気モリモリだぜ」
プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード