FC2ブログ

世界の結婚年齢~序にかえて

結婚年齢は世界各地で様々なようです。
アメリカでは州により大きく変わり、女性の結婚可能年齢は18歳ですが、それ以下ということも
あります。たとえばワシントン州では
Baidu IME_2014-2-7_23-2-49

これだと14歳でも可能ということになります。果たしてこんなことがあってよいのか?
あるんです。実は・・これから続くのは、まさにそうした「幼妻」の物語です・・・
Turkish-child-bride-image-715x402.jpg

カレンとミッシェルの悲しい物語第一章 優等生登場

この物語は17年前、ワシントン州山間部の小さな田舎町から始まる。
ヒロインであるカレン・ピーターソンは非常に保守的で、宗教的な
両親~ジャック=ピーターソンとその妻ローラに育てられたかわいい
15歳の娘だった。 事情をよく知らない人は彼女が両親の実子と思い
込んでいたが、彼女は実は養女で、妻に子供が生まれないことに業を
煮やした父親が、孤児院で「見つけてきた」娘だったのだ。父親の直感
は正しかった。彼女は、天才的頭脳の持ち主であり、2つの学年を飛び
級して高校の最上学年に所属していた。ブルーネットの自然な巻き毛を
肩までなびかせた美貌の持ち主~伸長は約5フィート5インチ、体重は
110ポンド、 胸は34bでありウエストは24インチ、ヒップは33インチ
だった。だれもがあと2年もたてば、子供っぽさが抜けて本物の美女
になるだろうと信じて疑わなかった。

Baidu IME_2014-2-8_0-25-12


飛び級の帰結としてカレンは彼女の級友より少なくとも2年若かった。
当然クラスメートは彼女は無視していたが、飛び越された元の同級生
たちも彼女を無視したので、もともと友人が少なく、勉強ばかりして
いた彼女はいよいよ孤独だった。 彼女は彼女の空いている時間におも
しろ半分に大学教科書を読み、最上学年の終わりには平均点4.0で卒業
するのに十分なクレジットを持っていた。 しかし、彼女の最大関心事
は、卒業記念のダンスパーティーに行くことだった。

続きを読む »

カレンとミッシェルの悲しい物語第二章 ダンス・パーティその1

カレンは異性とのデートや学校のダンスパーティーに行っていたりした
ことが一度としてなかった。 これは彼女の両親が16歳まではデートを
厳禁した結果だった。これのため、彼女がどのような少年ともデートに
行かないのは同性愛者だからだという噂が本当にすばやく広まったのだった。
1080282020.jpg

行きたくてもパートナーがいなくては無理だとあきらめかけていた3月に
なって同じ最上級生で、フットボールチームの2番目のストリングライン
バッカーを務めるダレル・ミッチェルから一緒に卒業記念ダンスパーティ
に行こうと申し込まれた時、カレンが舞い上がったのもむりはない。しかし
ダレルがカレンにふさわしいパートナーかというと問題あり、だった。彼は
一年留年しているためすでに19歳。は6フィート3インチの身長であり、体重
210ポンドと大柄だが贅肉がほとんどない筋肉質の肉体を誇っていた。
おそるおそる両親に打ち明けたカレンの申し出はすぐに認められた訳ではな
かったが
カレンが珍しく必死に懇願したこと、それが学校公認のダンスパーティである
ことから両親はとうとう根負けしてデートに行くことを許してくれたが、真夜
中までに必ず帰ってくることを厳に求めた。 母は彼女のために、肩つりひもが
ないラベンダーのガウンを買ったが、それはカレンの容姿の美しさを一段とひき
たたせた。彼女はまた娘に美容師を紹介し、髪と爪をきれいに整えさせたのだった。

カレンとミッシェルの悲しい物語第三章 ダンス・パーティ 2

午後6:00ごろにダンスパーティのため彼女を迎えるためダレルはカレン
の家に車をまわした。 彼女は同学年はおろか、学校中すべての10代の
少年の夢精の対象だったが、ダレルはそんな様子を少しもみせず、両家の
承認した公式のデートであることを証明するため両方の家の前で写真を
とらせるというごく普通の手順を提案して父親の懸念を払拭した。

次にダレルは自宅の前で両親とラベンダー色のドレスをまとった美しい
カレンの写真をとってから、彼の車~それは、週末、購入したばかりの
古いコンバーチブル~にカレンを案内し、両親に挨拶をしてから乗り込んだ。

「うまくやるんだね、ダレル。あんたのことだから細工は隆々だろうけど」

母親は意味深な笑いを浮かべてダレルの腰のあたりを一撃して息子を送り
出した

「俺が20若けりゃほってはおかないがな。」

口唇を舐め回しながら好色そうな視線を走らせる父親にダレルはウインクを
して車に乗り込んだ。 吹き込んでくる風に髪になびかせる美女の風情を
賞味するために、彼は遠回りをして町のまわりを走らせてから、学生として
は思い切った高級レストランに連れて行き、そこでステーキとロブスターを
食べたのだった。向こう側で座っている美しい女の姿を釘付けになりながら、
彼の頭の中はダンスパーティが終了してから彼女と行う行為のことだけで一杯
だった。彼らはディナーを終えて、車に乗り、それから、ダンスパーティ会場
に乗り付けたのだった

Baidu IME_2014-2-7_22-55-35

ダンス自身は、カレンの想像どおりのものだった。 ダレルと一緒に演奏された
曲のほとんどを踊り、ダレルの友人たちに祝福され、今まで経験した中で最も
すばらしい夜を過ごした、とカレンは思った。しかしそれは途中までのこと
だった。ダレルはホテルの一室をレンタルし、11時すぎに、カレンをそこに
連れ込む計画だったのだ。 パーティが終わり、ダレルと共にダンス会場をあと
にしたカレンはもちろん彼がこのまま自宅に送り届けてくれると信じて車に
乗り込んだ。

カレンとミッシェルの悲しい物語第四章 デートレイプ1

車がホテルの駐車場で止まったとき、カレンは「ダメよ、最初のデートから
ホテルに行くなんて・・そんなのは娼婦みたいなまねは絶対に嫌。このまま私の
家に連れて行って」
と叫んだ。
「カレン、これはダンスパーティの一部なんだ。すぐにみんなやってくるって。
いつもそうなんだから心配するなよ。君は初めてだからなんにも知らないのも
無理はないけど」
確かにそれは初めての体験だったので、カレンはしばらく黙ったが、それなりに
小説や映画も見ていたのでこのまま部屋に連れ込まれたらどうなるかわからない
ほど世間知らずではなかった。
「ダレル、すぐに家まで送って頂戴!デートはもうおしまいよ」
カレンはかたくなに車の外に出ようとしなかった。初めてのデートで、しかもダ
レルなんかに貞操を捧げてなるものか、という強い意思の現れだった。我を忘れた
ダレルが声を荒げてもカレンが承知しないため、とうとうダレルはホテルの駐車場
から車を発進させた。しかしそれはカレンの要求通り自宅まで彼女を送り届けるため
ではなかった。彼はうちすてられた林道に向かったが、そこは多くの高校生のカップル
が人目をはばかって愛の交歓をする場所だった。ダレルは車を停めてカレンを引きずり
出して怒鳴りつけた
「この雌犬!お前は、ホテルの部屋をレンタルするためにいくらかかったかを知って
いるか?」
Domestic-violence-007.jpg



彼はカレンの頬に平手打ちを食らわせた。男性に顔を打たれるのが初めてだったカレン
は驚いたように顔を手で覆ったが、まさかその後があるとは思わずに手を下げ、再び
無防備な頬を男のまえに晒した。 彼は続けた「せっかくこれからお楽しみというところ
で断るなんてなんて奴だ」彼は再び平手打ちをお見舞いし、更に手背でもう一方の頬
にも一撃を喰らわせたのだった。カレンは泣き出した。
「もう打つのはやめて・・お家に帰してお願い・・誰にもいわないからお家に帰して
お願いだから」カレンはすすり泣いた。

カレンとミッシェルの悲しい物語 第五章デートレイプ2

ダレルは、平手打ちを続けながら怒鳴った。
「俺は今夜おまえのために500.00ドル以上使ったんだから、それに相当する
見返りを要求する権利があるんだ。お前がホテルに止まりたくないならそれで
もかまわない。俺にはどでもヤルことは同じだからな」
ダレルは彼女のガウンのトップをつかみ、胸をはだけるために、それを激しく
ぐいと開けようとした時、彼女がスリップをつけていいることに気が付いた。
それは、フロントトップの旧式なインナーだった。 今時こんな旧式のインナー
を身につけている女がいるなんて・・・彼は信じられなかった。 彼女は、彼が
考えたよりいっそう保守的で、上品ぶっていたのだった。
「こんちくしょうめ、いつもならもっと簡単なのに・・・」
彼は彼女の手を背中にまわしたまま彼女をグラウンドに打ち倒しました。
彼女が、ショックで身動きできないでいるのを確認したダレルは自慢の長さ
6インチ、直径2インチのコックをズボンから引き出した。嫌がるカレンに、
残酷に行為を強制することがいっそう自分を昂ぶらせていることに気がついた
ダレルは 茫然としたカレンの上で素早く跨り、再び彼女の胸を圧搾し、締めつ
け始めた。 彼の腕力はとてつもなく強くカレンはもはや押しのけることができ
なかった。彼女にできるのはもはや絶叫し、泣き、哀れみを乞うことだけだった。

Baidu IME_2014-2-11_20-38-55

「お願いします……お願いします……どうぞ、私を強姦しないで・・・私は処女よ。
あなたのしようとしているのはとてもいけないことだわ。もし私を強姦するなら
あなたを警察に通報するわよ…」
これはダレルをいっそうより凶暴にさせる効果しかなかった。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

カレンとミッシェルの悲しい物語 第6章 デートレイプ3

彼はカレンの顔を何回も叩き、それから、悲鳴をものともせず残酷に
彼女の乳首をねじりあげた。カレンの悲鳴は彼をさらに昂ぶらせ、とうとう
ダレルは彼女の乳首と胸に歯をたて始めた。彼は彼女の腕を取ろうと手を伸
ばし、引きはがした彼女自身のブラジャーを背中に廻し、それらを縛りました。
彼は彼女の鳩尾のあたりまでドレスをまくりあげ、剥き出しになった彼女のパン
ティを下にぐいと引っ張り、彼女のストッキングスを文字通り破り捨てた。彼女
たら、女性自身が露出したのを見たダレルは肩の上に女の左脚を置き、彼の右手
でドレスをさらに上までまくりあげ、左手でコックを導き、女性自身に押し当て
たのだった。最後に彼は女の右脚を引っ張り、それを彼の左の肩の上に置いた。

Baidu IME_2014-2-11_22-31-31

コックが気の毒なカレンの処女の少女に入口にあることを感じる、彼は、どの
ような準備もせずに彼の厚いコックを内部に押し込もうとした。 しかし処女の
とびきり締まりのいい膣口に彼の特大コックの頭を入れるのは思ったより難しく、
経験豊富なダレルにして、何回もトライする必要があった。 しかしダレルが腰を
動かすたびに少しずつ奥まで挿入することが可能となり、とうとう彼はコックの
先端で彼女の処女膜を押すのを感じるようになった、女も処女膜に圧迫を感じて
再びパニックになった
「どうぞダレル・・私を強姦しないで・・・処女を奪わないで・・・私は未来の
旦那さまのために貞操を守る義務があるの・・お願い、ああお願いだから・・・
やめて・・・WAAAaaaaaaa...
ダレルはもちろん彼女の戯言など無視し、渾身の力でその狭き門を押し破った。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

カレンとミッシェルの悲しい物語 第7章 デートレイプからの帰還

それでも同時に、女がのけぞって胸を突き出したのをきっかけに
彼は力一杯乳首に噛みついたのだった。 女は処女膜を破られた痛み
と左胸から血を吹き出せた一噛みの苦痛のために絶叫したが、先ほど
まで慎ましく股間を覆っていたパンティがすでに女の喉元まで詰め込
まれていたので、あたりに響きわたることはなかった。 ダレルは、
カレンを強姦するスリルからとても興奮していたので、ビストン運動は
いつもよりずっと長く続き、結果的に彼は多量の精液を開いたばかりの
女性器に注入することになった。美しいガウンの上で彼のコックを拭き
取り、カレルは立ち上がった。 何も起こらなかったかのように、彼は
ズボンをあげ、彼女に服を着るように命じた。

カレンはいわれるまでもなく迅速に服を着た。せっかく母が選んでくれ
たおろしたてのドレスは汚く、精液のしみがついてしまったが、幸い破
れたところはなかった。彼女は両親のことを考えた。 両親になんて話
せばいいの? 強姦されたと言っても、信じないでしょう。 彼らはサタ
ンの娘とか売春婦とか言って自分を責めるに違いない。女性の武器を
使って、彼女がダレルをそそのかしたのだ、と責めるに決まっている。
彼女は、その種の事件があるたびに両親のそういう誤った考えを変えさせ
ようとしたが、それは無駄だった。彼らはいつも彼女に言い聞かせるの
だった。 (いいこと、これは男性の罪ではないのよ。必ず女性の方に問
題があるの。あなたが家庭内でどんな考えを述べようとかまわないけど、
そんな女性だけに都合のいい間違った考えは絶対に口外してはだめよ)
彼女は、真実を話すべきだと痛感していた。 しかし、両親は自分を信じ
てくれるだろうか?彼らは彼女を自分を淫売女と決めつけ避難するだろう。
そういう類の避難は絶対に受けたくなかった。 まず第一に彼女は時間通
り帰宅しなくては・・カレンようやく立ち上がると車に飛び込んだ。

ダレルは猛スピードで車を発進させた。 カレンの家に着くまで、彼らは
15分間口を聞かなかった。彼女は、約束限度時間の5分前-23時55分に
帰宅した。

カレンとミッシェルの悲しい物語 第9章 脅し

カレンが車を降りようとした時、ダレルは片手で彼女の腕をつかみ、
もう一方の手で彼女のあごをぐいと持ち上げ。 彼女の目を覗き込み
ながら言った。
「お前が多少なりと世間というものがわかっているなら、
これについて何も誰にも言わない方が利口だぜ。 お前が俺の言葉に逆
らうなら俺は、お前がどんな淫らな売春婦であったか、そしてお前が
どんなにコックを待ち望んでいたか、真実をあらいざらいぶちまける
つもりだ。すぐに学校中の話題になるぜ。請け合ってもいい。優等生が
大きなコックを待ちけれず、自分でパンティを落ろして大股を広げたって
なあ。 お前の作り上げてきた学校始まって以来の優等生という評判なんて
なんてあとかたもなくなるぜ。お前が誰にもそれ以上一言も言わないなら
ば、俺も秘密を守ろうじゃないか。 しかし、お前が余計なことを話すなら、
話は別だ。一生それを後悔さすることになる。 もう一度だけいっておく、
お前に世間が多少なりとわかっているなら大人しくしてるんだな。」

カレンは怖くて他に何もすることができず、はいとぎこちなく首を縦に振り、
それから、「どうぞ、行かせてください」と静かな声で懇願したのだった。
「・・・お、お願いですですから・・・…」
ダレルはなおしばらくカレンの恐怖に怯えた顔を見つめていたが、
(これだけおどしておけばめったなことはないだろう)とついにカレンを解
放した。
カレンは自宅に走った。 表玄関のところで立ち止まった彼女の視線を振り
切るようにダレルの車が遠ざかっていく。 彼女はドアをあけ、「ママ…」
と大声で言ったあと、階段の上の彼女の部屋まで最短コースを取った。
「パパ… ただいま。疲れたんでこのまま寝るわ」カレンは彼女の部屋に
走りこんだ

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

曇天

なんだか雲行きが怪しくなってきたわね
冬らしいといえばそうだけど
そのうち氷雨か雹でも降ってきそう・・


tumblr_n8hn4xUE5O1rbqjxno1_1280.jpg

あなたの運命を象徴しているみたい・・

決意の眼差し

ここまできたら逡巡や戸惑いはなしよ
どんな責めでも耐えてみせる


tumblr_n2i5zaBlXv1qa258ao1_1280_201602232306588f0.jpg

似合うわよ、とっても

美人は何を来ても似合うわね・・
清楚なワンピースよりもずっとあなたに
にあっていてよ!

tumblr_o8tdenEtiI1u4zvmho1_500.jpg
プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード