FC2ブログ

鬼ゆり峠私家版第一章 

鬼ゆり峠
前半のクライマックスはなんといっても入浴中を襲われるシーンです
原作が素晴らしいことは認めつつも、こうであったらいいのにな、という
展開をつい妄想してしまいます。ネタバレ注意です!!
1) 宿の女将お常の気の弱さ
結局入浴中に衣服の一切を取り上げ、守り刀も取り上げ、波路捕獲の
最大の立役者なのですが、態度が消極的すぎる点が残念です。
 「夕餉にはたっぷり酒を使って料理するように命じておきました。口当
たりが良く食もすすむんですが、あとで二、三合飲んだ時と同じくらい、
ほんのり良い加減になります。特にお湯につかるといっそう・・・いくら腕
がたつといってもそこは女ですからね・・きっと皆様のお役にたつと思い
ますよ。」
 「よしよし、念には念を入れよだ、頼むぞ、女将。礼ははずむからな」
 と重四郎に言わせたりして・・・
 一方湯に手をいれて加減を確認した波路はあまりの暑さに驚きます。
 「ちょうど良い湯加減とお聞きしましたが・・」
 「ええ、このあたりではその位にしてはいるのが一番好まれものです
から・・もう少しぬるい方がお好みですか?あいにくこの湯には水は引い
てなくて・・何回が湯を浴び 
てからお入りになることをおすすめします。今三助にいって少し火加減を
弱くいたし ますので・・」
 田舎ではそんなものかと我慢して湯に浸かった波路だが、あまりの暑さにのぼ
せて気が遠くなりそうだった。それにどうゆうわけか、酒の臭いがする・・もともと
あまり嗜まない波路にとって酒に臭いの立ち込めるここは心地がいいとは思え
なかった。それに少し湯加減が変わるかと思ったのに却って熱くなっている・・・
それはお常が三助に命じてさらに湯を熱くさせたこと結果であることはいうまで
もない。
 とにかく上がろうと湯船からでかかると、再びお常がはいってきたので、やむ
なく浪路は胸をおおって湯船に再度身を沈めた・・訝る浪路に、お常は申し訳け
なさそうに
「度々失礼しますあまり暑い湯はお好みではなさそうだったので、水をお持ちし
またが・・」
「ああ、それはお気使いありがとうございます」
 湯船から上がろうとする浪路の肩を軽く抑えて、お常は
「ほら、そこからだと月が良く見えますでしょう、それがこの湯の名物で・・・」
 などとひとしきり土地自慢を始めるのだった
(だいぶ効いてきたようだね、これなら大丈夫だろう。もう人数の配置も済んだ
だろうし)
 浪路の顔から汗が噴き出してきたのをみて、ようやくお常は浴室を出て行った。
 ほっと一息ついた浪路は、茶碗にはいった水を一気に飲み干した・・・そこには
 娼婦が客のために使う催淫剤がすくなからず入っていたが、喉が渇ききった
 浪路にとってはたいして気にならなかった。
そのあと、フラフラした身体を持て余した浪路の耳にも異常な外の気配が・・・
「もうこうなれば戦うしかない」
決意した浪路は手ぬぐいを結び合わせて腰のまわりを覆ったが、手ぬぐいの
幅のあまりの狭さに驚いた・・これでは立っていても股間を覆うのがやっとで
とても立ち回りなど無理であることは一目瞭然だった。
「これもあの女の仕業か・・」
唇を噛みした浪路だったが、考えている暇などかなった

私家版鬼ゆり峠第2章 入浴中を襲われる浪路

庭の奥の方に大勢の気配を感じた
湯殿の浪路ははっとして顔をあげた
0729d


「浪路どの、お気の毒だがお召し物は
お湯文字に至るまで当方でいただいた。
観念して出て来られるが良い・・

私家版鬼ゆり峠3 薄い手ぬぐい

浪路は悲痛な覚悟を決め流し場の桶にあった手ぬぐいを手にとった。
「こ、これは・・」
それは極限まで薄く、たとえ二重にしても肌が透けるような代物だった・・・

0729f.jpg

 ここに入ってきたときには確かにあったはずの自分の手ぬぐいはすでに
持ち去られている。しかしもうこうなれば覚悟を決めるしかない。浪路は素早く腰の
まわりを覆い、しっかり繋ぎとめたのだ。

私家版鬼ゆり峠4 追い剥ぎ

浪路どの、おわかりか?
追い剥ぎは拙者の楽しい内職でござる。女子とはいえ、情け容赦もなく
これまで網にかかったものは身ぐるみ剥いて参ったのだ。お二人の持ち
物も例外ではないfどうだ、お松にお里、高く売れそうか?

5a1c1d7b.jpeg


「ええ、重四郎さま、おり鶴を散らした綸子の長襦袢、さらしの肌襦袢、水色地
に麻の葉の湯文字、どれもさすがに武家の奥方の身につけているものは違います
なあ。あとは腰まわりの手ぬぐいをいただければ・・」
「そうそう、あれは青葉屋の手ぬぐいであった。これは主人に返さねばならぬ。
本来なら洗濯してお返しすべきところだが、そのようにキツく戒められていては
何もできまい。まあそれほど極上品という訳ではないからそこは勘弁して
いただくこととしよう、のう、浪路殿」

私家版鬼ゆり峠5 肥後ずいき

「ほほう、肥後ずいきか・・・さっそく策を用い始めたな、大いに
結構。卑怯な手段を遠慮なく発揮するがよい」
と重四郎は楽しそうにいうのだった。

「いくつか用意してみたんですが、どれがいいでしょうかね」
「決まっておろう。一番太くて長いやつがよい」
0729kk


「そうおっしゃると思っていましたよ。」と健作は笑いながら持ってきた
 張り型の中より一番太いのを選び、その先端から柄の
 部分まで濡れたずいきをきりきりと巻きつけた。
「よしよし、なにしろ相手はこのように見事な
 体つきの女剣客だからな、のう浪路どの、見るだけでもワクワク
 するのではないか?」
 必死になって冷たさを装う浪路であったが、二つの乳房は恐怖の
ために波打ち、開脚に縛り付けられた優美な二脚も断続的な嫌悪の
痙攣を示している」

「ほほう、器用なものでござるな。身体で早く欲しいと催促されるとは・・・
 これも一刀流の組手の一つですかな」

私家版鬼ゆり峠 第7章 仇討状切り裂きの本当の理由

「では今よりこの仇討ち認可状をズタズタに引き裂くが異存はないで
 あろうな」
 と念をおすようにいうと、浪路はそれより視線をそらせて
「異、異存はございませぬ」
と一言声を震わせていい、また一際激しい声で泣きじゃくるのだった。

物語全体の白眉シーンですが、これが尻へのタコ糸通しを受けた苦しみを回避するために苦し紛れに吐いた、という点は残念でたまりません。命より大切な認可状をそんなことで破らせていいの?と茶々を入れたくなります。

 それではどういう風な理由なら納得するのか、

「まさか浪路殿がこんなあぶな絵を持っているとはな」
「不能な夫をかかえて女盛りの身を持て余したのであろうよ」
0801cc.jpg

それは、亡き父からの手紙に同封されていたものであった。
~剣術の稽古も学問もよいが肝心の夜の営みの方はどうなっているのか~
~夫が性的に未熟でも、無理に精を搾り出し、子をなすのが嫁のつとめではないか~
~母上からは何も教えられておらぬのか?それならこの絵でもみて学ぶがよい~
亡き人の形見の手紙をそっと封印しておいた浪路の優しさなど重四郎にとってはどうでも
よいことであった。
「この書状は格好の瓦版ネタでござる。
 仇討ち状ともども高く売り払う所存でござるが、浪路どのの存念はいかがか?」
「お願いでございます、それだけはお許しください」
「人目の触れないようにズタズタに切り裂いて欲しいと言われるか?」
「はい、もちろんでごさいます。後生でございますから・・」
 みすみす10両になろうかという話だ・・いくら浪路どのの願いといってもそう簡単に
 聞き届けるわけにはいかん・・そうだ、こうしよう。この書類ともども、仇討の認可状
 も破り捨てることを承知されるなら、その通りにしよう。だが、この枕絵だけを切り裂 
 くわけにはいかんぞ・・さて、どうされる?」
「考えるまでもなかろう?こんなものが瓦版で流布されればそこもとばかりか戸山家
の恥にもなることだ。嫁としてこれ以上の裏切りはござるまい。ここは潔く仇討など
断念されたが身の為であろう?どうだな、浪路殿」

私家版鬼ゆり峠第9章 接吻

この物語では、接吻は敗北(あるいは勝利?)の印です。

その1 熊造と浪路
浪路は長い睫毛をうっとりと閉じ合わせながらためらいもなく熊造とぴったり唇を合わせ
今の悦楽の余韻の完備さを訴えるように熊造の舌先を強く吸い、自分もまた熊造の口中に
深く舌先を差し入れ、強く吸わせるのだった。

0802ee.jpg
0802dd
0802cc.jpg


その2 熊造と菊之助
「さあ、舌をすってやろう、こっちを向きな」
親の敵である熊造の方に甘えかかるように顔をねじり、うっとりと眼を閉じ合わせ、舌先
をすわせている。
プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード