FC2ブログ

第一章 発端

両親の突然の事故死・・・予想だにしなかった
出来事は19歳と17歳といううら若い美貌の
姉妹~ジェーンとメリーアンを不幸のどん底
にたたき落とした・・・ニューヨーク育ちの
チャキチャキのヤンキー娘の顔から笑顔を
奪ったのだった。
 二人には選択の余地はなかった。母方の遠い
親戚でロンドン郊外に居をかまえるポール
ヘンダーソン卿の後見下にはいることになった
のだ・・・

長い船旅のあと、馬車を乗り継いてヘンダーソン
邸に到着した時、二人はその壮大で壮麗な屋敷に
圧倒された

「まあ、なんて素晴らしいお屋敷でしょう!
やっぱりロンドンに来てよかったわ!」
メリー・アンの若々しい弾んだ声は当然だった
しかし、ジェーンは妹の言葉に同感すると
ともに、どこか不安なものも感じていた。

0206bbb.jpg

 その原因は、彼女たちの世話のために
割り当てられたファンという名の中国人だった
小奇麗な身なりと丁寧な言葉使い、落ち着いた
挙措にはなんの問題もなかった、しかし、その
黄色い顔に時折り浮かぶ皮肉ないやらしい目つき
がジェーンの心を暗くしていたのだった。しかし
無邪気に跳ね回る妹に余計な心配をかけたくない
と、姉は自分の不安を押し殺したのだった。
妹にはそんな不安はないようだ・・ジェーンは
明るい妹に勇気つけられる思いだった。

「ねえ、ヘンダーソン卿をこれからなんとお呼び
したらいいかしら。私はあの方のお望み通り
ポール伯父様ってよぶのはどうかと思うんだけど」
「そうね、お望み通りにするのがいいと思うわ。
ここではなんでも伯父様のお気に召すようにしなく
ては・・」
「そうよね、今日から私たちには新しくて楽しい
生活がはじまるんだわ」

第二章 企みの始まり

庭を散策するチャーミングな娘
たちの若々しい声と姿を窓にもたれて追いな
がら、この屋敷の主、ヘンダーソン卿は忠実
な召使いファンに言った
0106dddキャプチャ
「エルシイに伝えておいてくれないか。夕食の
一時間前までにあの魅惑的なマドモアゼルたち
にそれぞれお似合いの新しいドレスを選んで
着付けを手伝うように、とな。
 それから、ファン、もちろんお前の眼であの
娘たちがキチンと身仕舞いをするのを確かめる
のも忘れずにな。何事も始めが肝心だ。今夜
からあの野放図に育ちすぎたアメリカ娘たちに
英国流の作法を調教してやるとしよう。昨夜の
報告をまだ聞いていないが、私の命令通りにした
のだろうな?」
 主の質問に、中国人の吊り上がった細い眼が
笑い、黄色い歯を出してニヤリと笑う。
「もちろんでございますとも、ご主人さま。お言
いつけ通りあの本をベッドのすぐ下の床におい
ておきましたよ」
「ふむふむ、それからどうなったかね?」
「あの美しい窓混ぜるは本を拾いあげてパラ
パラとめくると、顔をしかめてポイっと部屋の角
に放り投げました。ところが寝巻きに着替えて
ベッドに入る前になってそっと足音を忍ばせて
きて、本を拾っていらしたのです」
liu-girl-reading-24x30.jpg


「ほほう、その時お前はどこにいたのだ?」
「例の隠れ場所の覗き穴に眼をあてておりま
したのですよ。それからドアの鍵をかけて
ベッドに横になって片手でページをめくりな
がら、大層熱心にお読みでした」
 ファンの黄色い平べったい顔全体に淫ら
がましい下衆な笑顔が広がっていった。

第三章 阿吽の呼吸

「つまり、あのけしからぬ好色本を見ながらもう
 片方の手で恥ずべき行為に耽っていた、そう
 お前は報告しているわけだな?」

やれやれいつもの癖がはじまったとファンは思った
(現実を自分の妄想にひきつけて強引に解釈したり
想像したりして楽しむ・・まあわからないではない
が、ここはいつも通りお付き合いするか)

「はい、まあそういうことです。ですがご主人さま
 あれはあんな若いお嬢様方には罪作りな悪戯で
 ございますな」

「まあいいさ。どうせ今日からあの頭は空っぽな
 くせに肉体だけは素晴らしい尻軽娘どもには
 ヘンダーソン流のありとあらゆる恥辱と苦痛を
 教え込み、一風変わった快楽を味あわせてやる
 のだからな。それからどうした?」

ここからは俺の腕のみせどころだ、とファンは
考えた。事実を報告するのではなく、ご主人さま
が喜ぶようなストーリーを創作するのだ・・・
長年かかって築き上げた主従の阿吽の呼吸だった

wank3.jpg


「すぐに灯りが消えて暗くなりましたが、長いこと
 ベッドで転々と悶える音や悩ましげで甘い呻き
 声が聞こえましたです、はい。そして今朝私が
 ベッドを片付けにまいりますと・・」
あえてファンはひと呼吸おいた
 「どうした?何があったんだ?」
ヘンダーソンは好奇心を顕わにして訪ねた

 「あの本は行方不明でした。それと、口に
出すのもはばかられるのですが、シーツに染みが
広い範囲に・・・おわかりでございましょ?」
 ファンのしたり顔の報告が終わった時、ヘンダー
ソン卿の顔に邪悪な喜びの微笑が浮かんでいた。

第4章 コルセット装着

「ああ、息がつまりそうよ。なんてひどい
コルセットなの‥」
「おおエルシイ、そんなにひどく締め上げな
いで! 息もできやしないわ。やめて!」
「大人しくしていらしてください、メリー
アン。へンダーソソ様はとくにこのドレスを
あなたに選んでくださったのですよ。もう少
しのご辛抱ですからね」
 「それじやあ。スカー卜を取り替えて、ひど
いきつさだわ」
 「いけません。我慢なさいませ。さあ、もう
 一度深く息を吸って、お腹をへこませて」

mp2.jpg


 「ああっ、息が詰まりそうよ。なんてひ
どいコルセットトなの‥ あら、ファンじゃな
いの。おまえ、なぜレディが着替えしている
ところへなんか来たの? シー!、出てお行
き!エルシイ、この中国人を迫い出して!」
 メリイーアンはヒステリックに吽んだ。
 「突っ立って見物してないで、手伝っておく
れ。中国さん」
 呆然とするメリイーアンを尻目に、エル
シイは中国人の召使いを招き寄せた。
 ジャマイカ人の女中は、肌もあらわな自人
の美少女を男の、しかも東洋人の召し使いの目
に触れさせることを、なんとも思っていない
ようだった。
 ファンは、猫のようにしなやかな軽い動作
で、サッとメリイーアンの後ろに回って、彼
女の両ひじをつかんでしっかり押さえつけ
た。
 エルシイは床に膝をついて、メリイーアン
のスカートの着つけを直し、コルセット卜の
紐をギュウギュウ締め上げた。
 その間メリーアンは、ずっと苦痛と息苦
しさに悲鳴を上げ通しだった。
 「なんて乱暴で、失礼な召使いなの。二人と
も! いいわ覚えていらっしやい。後でポー
ル伯父様に言いつけて上げるわ。ファン、と
くにおまえの無礼は絶対に許せないわよ」
 メリイーアソの美しい顔は、怒りと羞恥に
上気して、更にチャーミングだった。
 「そんなご心配には及びませんですよ、お嬢
さま。私は今までにも、これからも必ず、こ
ういう場面に立会うご命令を受けております
のでね」
 いやらしい支那人は、ていねいにだが、冷
笑をこめて言うと、音もなくスーと部屋を
出て行った。

第5章 着替え(2)

勝気なヤンキー娘は、怒り狂ってベッドを
蹴とぱして罵り散らした。

「馬鹿げたことはお止めあそばせ。後で後悔
なさることになりますよ」
エルシイも嘲笑するような口調で、美少女
をたしなめるのだった。
 下着が終わると、次は巾国産の高価なクレ
ープーデシン地のこった仕立てのブラウスだ
った。
  背中には豪華な刺總飾りがあしらわれてい
たが、前は何も無いばかりか、薄い布地を透
して下が丸見えという代物だった。

2a.jpg


 それに気付いたメリーアンは、羞恥に顔
を赤らめて着ることを断呼拒否した。
  事実、彼女の若々しい岡い乳房のふくらみ
は、薄綱のブラウスを透して、裸と同じよう
に丸見えになってしまうのだった。
 しかし、ニグロの女中はがんとして脱がせ
ず、ファンを呼んでまた手伝わせると言って
脅迫さえした。

「いやよ、エルシイ。こんな恥ずかしい姿で
ポール伯父様の前に出られると思って?
こんな慎しみのない、ひどい格好を殿方に
見せるなんて、レディには耐えられないこと
よ。お前にはそれがわからないの?}
女中は素知らぬ顔でアンの怒りと願いを無視
し、超ミニにピッタリ下肢に密着したスカート
の裾をもっともらしく整えていた。
プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード