FC2ブログ

奴隷誓約書1(前)

奴隷誓約書
私はここに 残酷なジャニナ様(以下MADAM と呼ばせて
いただきます)の奴隷となることを自分自身の自由意志
からここに誓約申し上げます。 私は、MADAMが私を開放
するとお決めになるまで、この契約が有効であること、
そしてMADAMが承認なさらない限り私がこの契約を勝手
に放棄する権利を持っていないことを理解しています

私はMADAMが望まれるように、自身の身体、週間、行動、
言葉と態度を形づくろうと懸命に努力するつもりです。

私はMADAMがお尋ねになったら自分の身体や感情的な
状態、そして行為についてつつみ隠さず申し上げます

私は、マダムが当然行使すべき権利であっても、単なるお
楽しみのためであっても、マダムが、私にくだされる一切の
処置を、いかに痛かろうが不快だろうが関係なく、何でも
受け入れさせていただきます

私は奴隷として具体的に下記の処遇について拒絶する
権利がなく、それを認めるほかないことを理解しています

肉体的拷問。
肉体の部位を問わず焼印や、ピアス挿入、入れ墨
あるいは、もし MADAM がそれをお望みなら、他の手段
でも永久の瘢痕化が残る処置を受けること
MADAMが私に適切だと認めるむちやその他の道具に
よる身体的な殴打。

あらゆる種類の性的拷問。

最も残酷な方法で虐待されることができるとお考えにな
る場所あるいは施設に拉致され長期間抑留されて奴隷
生活を送ること。

ハウスメイドとして
料理も、選択も、掃除はもちろんショッピング - お抱え
運転手と他の毎日の煩わしい仕事を行うこと。
MADAM に経済的がご不安をかけないために、現在
所有する動産不動産の一切を提供するのはもちろん、
MADAMのご指示通りの方法で金銭を得て、その一切を
差し出すこと。
そしてMADAMが私に必要であり、またそれをお望み
になるいかなる任務も行うこと。

奴隷誓約書1(後)

私はMADAMが私にくだされるご指示やご命令はいかなる
時もすべてお受けいたします。そして本日ただいまから
MADAMが身体的にもそして精神的にも私の所有者である
という事実を受け入れます。

MADAMはいかなる場所、いかなる時においても望まれる
ご命令に関してたとえ暴力を用いてもそれらに従うことを
奴隷に強いることができます。私はMADAMの願望を果た
すために最善を尽くす所存ですがそもし私がご満足させる
ことがきできないなら、身体的暴力を含めたいからなる手段
をお使いになろうとこれを甘受いたします ご命令を果たす
ためにどんな困難や苦痛があろうと、奴隷にはsafeword
やそれに替わる身体的行為は認められておりません。
泣こうがわめこうが、身体を動かそうが、その一切は無意
味であることをあらためてお誓い申し上げます。
これは私をMADAMのおられない別の場所に抑留されて
いたとしても全く同じであり、自由や開放を求めるどのよ
うな要請でも無視されることを承服いたします。 私はこの
誓約に従うことがもたらす脅威、そして奴隷が精神的に
崩壊する 可能性があることを認識しております。

私は同じくMADAMが適切とお考えになるどんな方法でも
私を罰することができること、そして服従を強制するため
ならどんな虐待/肉体的暴力も可能であること、そのため
にいかなる器具を用いられることもを承服いたします。

奴隷はMADAMが生存のため最低限の食物を提供して
くださることを期待しておりますが、もし奴隷の肉体をお
望み通りのサイズにするためには、過食あるいは絶食を
選ばれてもこれを甘受いたします。医療に関してもお慈
悲を期待いたしますが、その費用は奴隷の負債とし、診
察ないし治療が看護助手、あるいは民間療法師、獣医
師等によってなされることを承服いたします。

は同じく私が私の仕事を続けることに適しているかどうか
見るために通常の間隔で私の身体と精神の健康を評価
するよう義務づけられます。 しかしながら、最終的にはそ
の決定がMADAMの判断にまかされること承服し、たとえ
それが最終的にどのような結果となろうとを、奴隷は彼女
の決定に承服いたします

MADAMがいついかなる時も理由のいかんを問わず奴隷
を手放したり他人に 賃借することができること、そして、
もしこれが永久の取引であるなら、この契約がそのまま
新しい所有者に移されるであろうことを承服いたします。

MADAM がいかなる時にも明白な理由なしで私に暴力を
使うことがあることを承服しこの行動に反対したり彼女の
意志を拒絶することがないことをここに誓約いたします。
そして提出するこの契約書に署名することによって
MADAMを私の保護者として承服し、奴隷の身分に堕ち
ることを甘受いたします:

奴隷誓約書兼所有権保証書

contract-types-ID-100349132_freedigital.jpg


私、P(以下「奴隷」)は今日ただ今をもって個人的かつ、
法的なすべての権利を断念し、Mistress M(今後「ご主
人様」)の個人的所有物となることを心から要望いたします。
奴隷が所有していた動産・不動産のすべては下着やアク
セサリーに至るまで誓約書締結の瞬間からすべてご主人
様の名義となり、現在の勤務報酬のすべても飼育/調教費
としてご主人さまの講座に振込むことといたします。なおこの
要望はあくまで奴隷の個人的意思による自発的なものであ
り、ご主人様を含む外の何人の強制や指示によるものでは
ないことを付け加えさせていただきます。 そしてご主人様が
奴隷に対して絶対的な支配権のあること、そしてその権利の
正当性を保証するためにこの書類作成に至りました。

I. 概要

奴隷はご主人様に対し下記の事項を遵守することを誓約申
し上げます。

1.奴隷は完全にご主人さまの所有物となり、あらゆる面でご
主人様のご命令に従います。ご主人さまが奴隷に対して示され
た願望あるいは命令には場所、時間、あるいは状況を問わず
全面的に服従申し上げます

第二章

奴隷は今後自身の願望に従って行動することはそれが
睡眠や排泄などの生理的欲求に基づくものであっても
認められないこと、その反対に常に組織的な屈辱と処
罰の組み合わせによって完璧に服従するように訓練さ
れる日々をおくることを誓約申し上げます。 奴隷の身
分と果たすべき義務は時間の制約を受けないこと。
ご主人さまのおそばにいようがいまいが、1日24時間、
週7日、休みなく続くことは承知いたしております。

どんなやり方で扱われようと、それがご主人様の希望
であるなら、人権と意思を放棄した一所有物に過ぎな
い奴隷はそれを甘受すること以外の選択枝がないこと
そして奴隷はご主人様がこの書類に記載された条項
にのっとっているかぎりどんなご命令にもで絶対服従
することを誓約いたします。
 奴隷はご主人さまが真性サディストで支配的な女性
であり、奴隷が耐え難い肉体的な疼痛、貧困、退廃と
屈辱を経験するように要求されることを了承いたしま
す。 ご主人さまが絶対的服従義務からの逃れられな
い奴隷にあえて実行不能な行為を強制して屈辱と
懊悩の苦しみを味あわせ、不首尾な結果の全責任
を奴隷におわせ、慈悲も猶予もかけることなく、拷問
や処罰を楽しまれること。 さらに、ご主人さまが、新奇
な発想により奴隷に強制する苦痛や残虐行為をエス
カレートさせていき、一所有物に過ぎない奴隷として
さらなる身体的苦痛や精神的屈辱を経験する運命に
あることを甘受いたします。

第三章

普通の状況なら決して予想し得ないタイミングで、
実現不可能な命令を重ねることにより、自分の命令
が極めて卑劣かつ屈辱的であるであろこと奴隷に思
い知らせ、両者の関係を再確認し、サディストとして
いかに優秀であるかを示そうとされることはご主人
さまの当然の権利とあることを承知しております
ご主人さまのご命令がとうてい実現不可能である
場合でもそれに対し逡巡、拒否あるいは拒絶的な
姿勢を見せることは奴隷としてけっしてゆるされない
ことは承知しております。そのような場合は適切かつ
厳重な処罰を駆使し、未熟な奴隷をご主人さまの望
まれること何でもするように調教してください。 そして
奴隷の行為の評価基準はただご満足されたかどう
かによる、という点になんの依存もございません。

第四章

奴隷の服従と隷属意識を完了するために古典的
な身体懲罰による方法だけではなく、催眠術、あるいは
いわゆる洗脳とよばれる精神的調教方法を駆使される
ことを承諾いたします。個人的な願望と性的興味などは
奴隷にとって全く無意味であって、ご主人さまののサディス
ティックな、そして性的な願望の犠牲になりご主人さまを
喜ばせることこそ奴隷の最高な快楽と感じられるように
なるまで調教を受けることを懇願いたします。
 奴隷がご主人様の許可や承認を得ずに性的恍惚を感
じることは厳罰に相当する背徳行為であり、奴隷の性的
満足を拒否する裁量は所有者としてのご主人さまにある
ことを承認いたします。そのため、なかば恒常的に貞操帯
を装着するされること、自慰による性的な報酬が考慮され
るのは、肉体的苦痛あるいは精神的屈辱と組み合わされ
た場合にかぎられ、その場合もクライマックスの直前に
停止命令を受けるか、物理的に停止させられることが
前提であることを承諾申し上げます。

ae369b_350_325.jpg

恐喝依頼書1

恐喝願書書
合意の上の恐喝が金融奴隷の調教上必要不可欠なものであることを
理解し、このフォームを完成させ、サインをしてミストレスにお送りし、
恐喝されることに同意申し上げます。 この恐喝契約から解放される
とを望む場合最低20,000ポンドの違約金を支払う義務があることに
同意いたします 私は以下の個人情報をミストレスにお知らせします



1.本名-
2, 出身大学、学部名
2.住所(番地、部屋番号を含む)
3.電話番号-
4.形態電話番号 -
5.国民保険番号 -
6.すべての電子メールアカウント -
7.婚姻状態 -
8.奴隷名
9.

妻あるいは ガールフレンド、娘(16歳以上の場合)

1.本名
2.住所(実家を含む)-
3・・・ 形態電話
4・・・ 電子メールアドレス (彼・それ)らのすべて  -
可能なかぎり、静止画像、動画を添付すること、目線は不可

MD35.jpg


恐喝請願書2

仕事上の情報

1.社長 / 管理者名 -
2.会社名 -
3.会社住所
4.会社電話番号(所属部署だけではなく人事担当、
総務などすべて)-
5.会社の電子メールとウェブサイト -

財政情報

1.毎週 - 毎月の 収入
2.毎月の請求金額
3.銀行口座残高
4.ミストレスのご機嫌をそこなわないために毎月
払える金額
5.ミストレスのデートに際して支払うことのできる
金額

人生関連

1.上記の人々に知られたくない人名(最低3人)と
絶対に知られたない秘密の告白(少なくとも
A420ページに直筆で) 原則的にそれに関連
する静止画像、動画情報などを添付すること、

2.その他の画像情報
  自身の顔写真

  「私はミストレスの 奴隷です」と書かれた1枚の
ペーパーを持っ通常の通勤服と全裸写真

4. このアプリケーションの提供が自発意思による
という情報をバックアップするための画像、ビデオ

5.私はこのアプリケーションとともに(ミストレスに25.00
  ポンドの申込金を送ることに同意します。

私________________________ (印刷のフルネーム)はこのリストを
書き込み補充して、そして自ら進んでこの契約に同意しま
した、そして愛人 ミストレスとの合意の上の恐喝関係に
加わることを望みます。

webslut

26ZZ.jpg
プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード