FC2ブログ

スチュワーデスの尋問1

「スチュワーデスの尋問。」

南米某国の首都・・・
そこでは一度民主政体に移行したものの軍がクーデターにより再度実権を
取り戻し、混乱の真っ只中にあった。
実権は今、Caztizという名の将軍が握った。彼が最も好むのは軍隊が
ゲリラ捜索の間に捕らえた無力な女性服役者に対して行なわれる拷問に
参加することだった。
スカンジナビア航空の飛行機がクーデター成功数日後某国を出発しようと
するところから、物語は始まります。
飛行機の乗客はほとんど外国人でビジネスマンが圧倒的だったが中には
前政府と共鳴する何人かの人々も混じっていた。

リーセはスチュワーデスでした。
彼女はちょうど1年間この航空会社で働いており、仕事がとても好きだった。
彼女にとって採用が決定された日は21年の生涯の中で最も幸福な日の1つだ
った。生まれ故郷のノルウェーからはるか遠くに出かけ、終始新しい人々
に会うこの仕事は非常に刺激的だった。
彼女は見目麗しい魅力的な女性で、 35-25-35の素敵なプロポーションの
持ち主だった。 顔に散在する雀斑は、美貌の妨げにはならず、彼女を年
よりも若く見せていた。近寄ってくる男性は少なからずいたが身持ちの
硬い彼女は仕事一筋だった。このフライトの数週間前の短いロマンスが
なかったら、彼女はまだ処女のままだっだろう。

しかしながら、リーセは今非常に神経質だった。
ノルウェーで、この国の軍事クーデターを聞いた時、彼女は、非常に強く
反応していた。
軍部はせっかくできあがった 規則と民主主義をその痕跡すら残さない
ように徹底的に破壊するに違いない、と彼女は思った。

 女性に対する激しい拷問の報告書は特に彼女の気を動転させており、
被害者たちをなんとか助けられないかという思いが、彼女の決意を促した。
次の飛行においてこの国で貧しい人々を支援するために何かをしなければ・・・

自分のできることは何か?考えた末に彼女が選んだのは 国際マスコミ
に拷問の証拠を輸出するのを支援することだったーそれが彼女がゲリラと
連絡をとった理由だった。 計画は単純だ: ホテルで彼らからビデオテープ
を受け取り、自分の持ち物として機内に持ち込んで、次に、ノルウェーに
着いた後にCNNでリポーターにそれを与えることになっていた。単純な仕事
のように思えた。

彼女は、一人だけでホテルでビデオテープを見ました。
事態は噂どおりそれほど悪いのかしら?そうでなければ、彼女は考えを変え、
危険を犯してテープを運ばないつもりでした。危険は小さいとしても、ない
わけではない。 リーセは周りから非常に注意深いといわれてきた。さらに、
彼女は肉体を傷つけられることを非常に恐れていた。

しかしビデオを見終わった後、彼女は確信した。ビデオを見終わった後、
ショックでしばらく立ち上がれないほどだった。自分と同世代か、さらに若い
女性が、尋問部屋で、激しい拷問(それはほとんど電気ショックによる)を受
けていた。ビデオの画像も音質も極めて良質で、秘密に記録されたようには
見えなかった 下劣な軍部が拷問を記録したのは、本来の尋問とは別の理由が
あるとしか思えなかった。これが、今自分の手の中にあるのは信じられない
ことだった。

 どのシーンもおぞましいものでしたが、妊娠していることを除けばまるで
自分と同世代の若い女が、拷問用の電気端子棒をまさに膣の上に突き立てられ
金切り声を上げた少女の目を見たときはさすがのリーセも一度はスイッチを消した。
しかしリーセがどんな危険を冒してもゲリラを助けようと決心したのもその時
だった。

飛行乗務員に認められた課税外特権を行使して、彼女は乗組員バッグにビデオ
テープを入れた。彼女が非常に神経質になるのは無理ないことだった。バッグは
チェックさえされなかったからおそらく問題ないだろう、しかし飛行機が無事
飛び立つまでは、安心するわけにはいかなかった。リーセは、何事もなかった
ようにまったくいつもどおりに業務を行おうとした。 非常口と酸素マスクの
使い方を説明し、まったくいつもどおりに離陸前の時間が過ぎていった。

「大丈夫そうね」
飛行機が離陸のために走路の方へゆっくり入り、彼女が少し胸をなでおろした
時のことー飛行機が急に停止したのだった。

リーセの心臓は激しく連打し始めました、
「問題ないわ、単純な整備かなにかの問題よ。」
リーセはそう思い込もうと努力しました。しかし、飛行機は停止後も移動せず
に数分が過ぎました。
「なぜ離陸しないの?」
乗客がリーセと彼女の同僚に何が起こっているか、説明を求め始めました。
リーセは、努めて冷静を装おうとして微笑みましたが、彼女自身にもどうして
飛行機が動かないのか正確な理由はわからなかった。

まどから軍事トラックが何台も、飛行機の正面に並び、その移動を阻止するのが
見えた。キャプテンはドアを開けた。また、タラップが飛行機の側面に移動して
きたかと思うと、10人を越える兵士が自動火器を手に進入してきた。何人かの
乗客は衝撃で鋭い叫び声があげたが、その他の乗客は凍りついたように動かず、
無言だった。

兵士たちは後部のキャビンに膝を震わせ、ストッキングを思わず失禁した自ら
の尿で濡らしたリーセが立つのを見た時、微笑み始めました。
 これが例の女か・・たいしたグラマーじゃないか、兵士たちは思った。

 兵士たちはリーセの手を後ろにひねり上げ、まるで突き飛ばすような非常に
乱暴なやり方で、正面の出口までを連行した。 何人かの乗客は大声で抗議した
が、兵士は1つ2つ平手打ちを浴びせて黙らせた。

 しかしながら、まったく別の反応を示す乗客もいた。薄笑いを浮かべてこの
光景を楽しむ男たちの中には、兵士たちがこの美女から衣服を剥ぎ取り、敏感な
スポットへ電極を付けて、彼女の哀れな金切り声をニコニコして聞くさまを想像
して、あろうことか股間を硬くする不届き者もいたのだ。人々の目がリーセに
集中する中、ズボンの上に新聞紙をおいて股間をしごいていた男は、ついこの間
まで軍役に服していた男でその後ひそかにトイレでmasturbationをして2回も
射精したのだった。

トラックは、都市を非常に速く通り抜けた。

リーセは、兵士と一緒にトラックの後ろに着席した際に直ちに目隠しされた。
どこに、そしてなぜ連行されるのか、たずねたリーセに漏らされたのは質問の答え
ではなく激しい平手打ちでした。無駄をさとって 彼女は兵士と同様沈黙した。
もし男たちがリーセの身体に興味があってレイプでも仕掛けてくるならまだ
つけいる隙もあったかもしれないが一指を触れようともしないその態度から、
リーセはいっそう悪い事態が自分を待ち受けていることを悟ったのだった。

トラックは急に停止した。

目隠しをはずされた彼女は地下室のガレージにどこかにいることが分かった。
彼女はトラックから押され、鋼製ドアに向かって行進しました。
ドアがあき、その内部には、剥き出しのコンクリートの壁に裸電球がぶら下がって
いる長い廊下があったた。

 兵士たちが彼女の手枷を装着し、猿轡をしようとするわずかの間、リーセは、
もう一度誘拐者と口頭の接触をしようとしましたが、兵士のうちの1人は何も
言わずに、股間を蹴りあげたため、 彼女は痛みのために息もできず床の上に
倒れたのだった。 兵士たちは低く笑うと、リーセのぐったり身体を引きずって
廊下を進み鋼鉄ドアを開けました。

 リーセは驚きました、尋問室とは思えない明るさ・・しかもどこかで見たよ
うな・・そんなはずはない、と打ち消してはみたもののそれは否定のしようが
なかった・・
「そうだ、あの部屋だわ!」

リーセは、これがビデオで見出した部屋であると悟った!

スチュワーデスの尋問2

リーセは、これがビデオで見出した部屋であると悟った!

部屋の床および壁はすべて単純で白いタイルで覆われていた。
明るい明かりは、ほとんど外科手術室で使用されるもののように、部屋を照ら
していた。 ERで見られるような多くの設備が、トロリーおよび小さなテーブル
に置かれ 高品質のマイクロホンとビデオカメラがあちこちにセッティングされ
ていた。 録音機材はまるで映画撮影用のプロ仕様だった。

 部屋の真中に、ボルトで床へ直接固定された、大きな鋼鉄製テーブルがあった。
テーブルにはちょうど四肢の固定にふさわしいリングが付属してありました
左右の足首用、そして手首用のリングだった。 さらに、テーブルには厳重に結
び付けられた追加の革ひもがついていた。.しかしながら、彼女を最も怖がらせ
たものは メーターとダイヤルのついた箱のような装置で、そこからは多くの
黒いワイヤーや、様々なクリップ、鋼鉄性dildosおよび他の金属アイテムに結び
ついていた... 兵士は机の方へ彼女を押した。そこでは、もう一人の制服を着た
男がは彼女を待ちながら座っていた。
 彼はわずかに微笑み、満足そうに後ろに下がると、彼女を頭の先から爪先ま
で見て次に彼女の目を凝視しました。 リーセは脅えすぎたので、彼を凝視する
ことができなかった。

「よしよし、これが例のブロンドだな。情報はいろいろと仕入れてあるぞ、ス
チュワーデスだな... 小さなリーセか・・楽しめそうだ・・」


「裸に剥くんだ」
命令は短く、非常に簡潔だった。

2人の兵士は今彼女の青いジャケットをはぎ取り始めた。
紫のレース・ブラジャーがむき出しになり次はスカートの番だ。 2人の兵士は容易
に彼女を抱き、スカートを剥ぎ取ると薄い絹のストッキングも引きはがし紫のレース
下着が露出された。
彼女の豪華な体は広げられ、指揮官はその身体に視線を走らせていました、

お嬢さんを宿舎にご案内するんだ。そして、明日の準備をさせろ。
男は再び笑った。その悪魔の哄笑はリーセを震え上がらせた。

リーセは、別の廊下を通って、地下室に連れて行かれ、冷たくて汚い独房に放り
込まれたのだった。

Liseは独房の中央に立たされ、兵士が一人ニヤニヤしながら手を背中に回して手錠
で止めたのだった。もう一人は天井につながる輪縄を手にすると、可哀想なリーサの
首にかけた。首輪は閉められ、リーサは窒息したくないならつま先立ちしなくては
ならないのだった。

兵士たちが縄をきつく占めたとき、リーセは再びパニックになり、このままでは死んで
しまうわ、お願いだから縄を緩めて頂戴、と悲鳴をあげた。しかし兵士たちはその訴え
を無視して何も言わず入り口の錠をガチャガチャと閉めてに立ち去り、リーセをさらに
絶望させたのだった。こうしてリーサは、天井から下がっている輪縄と、天井にぼんやり
と光る裸電球と、興味深そうにこちらに近ずいてくるネズミとともに残されたのだった。

一杯だった。脚をよじ登ろうと走り回るネズミに対する恐れもあったが、何よりも次の
日に何がまっているのかがもっとも大きな恐怖だった。つま先だったままのリーサには
眠ることもわずかに休息することも許されず、脹脛は痙攣し、足は酷く痛んだ。

生理的欲求に抗しえず、尿が彼女の紫色のパンティ を濡らし、脚を伝わって床を濡らした
時、リーサは声にならない泣き声を出した。ちょうどその時、独房より2F上にある快適
な部屋の遠隔テレビで一部始終を見ていた当直兵は、手をたたき、口々に彼女の行動に
ついてあれこれコメントしていた。

 とうとう朝がきた。独房のドアがあき、2人の兵士が入ってきた。彼らの目の前の光景
は吐き気をもよおすものだった。このブロンド女は輪縄でほとんど首吊り状態であり、その
身体からは自らの尿の臭いが立ち上っていた。にもかかわらず彼女は窒息しないようにす
るため、脹脛を痙攣させながらつま先立ちしていた。
 
 兵士たちは輪縄を緩めたが、手錠はそのままだった。そのあと、リーサは昨日裸に剥
かれた尋問室にもどらされ、今度は濡れて悪臭を放つパンティを脱がされ、鋼鉄製の
テーブルに置かれた。そしてその脇にはパンティも置かれたのであった。


テーブルに横たえられ、脚を左右に大きく開かされて足首を固定されたリーサは
涙ながらに中止を懇願した。頭部は喉と前額が金属製の輪で固定され、両腕も左右に
開いて固定された。まっすぐに前を向いて空港を闊歩していた高飛車なスチュワーデス
の尊厳はもはやどこにもなかった。

 今日これから何をされるのか、と不安だったリーサは、兵士たちがワイヤーやら
クリップやらのつながった発電装置つきの機械を持ち込んだ時、自分の運命を悟った
「ああ、あのボタンがスイッチなのね・・お願い、それだけは・・」

スチュワーデスの尋問3

士たちがすっかり準備を整えたころ、昨日会った制服姿の男が部屋に入ってきた。
彼は、白衣の看護師や医師を連れていた。

「またお会いしましたな、リーセ」彼は猫なで声で言った。
「自己紹介させてもらいますよ。私はCruelo将軍。あなたがここに滞在する間は
あなたのホストです。」
彼は大声で、笑うとテーブルの横に腰を下ろした。
彼は続けて説明した。
「はじめにハッキリさせておきたいのですが、この医師と看護師はあなたの支援の
ためにここにいるのではなく、尋問の手伝いのために呼んだのです。」

彼の言葉を聞いた医師はひきつった笑い声を出したが、看護師は二コリともせず、
ただリーセを凝視していた。年は35年くらい・・リーセと同じブロンドの髪で、制服
がはちきれそうなゴージャスなボディだった。

リーセは泣きたかったが、声にならなかった。今自分は一糸もまとわず、無残な
姿をさらしている。完全に無力で、どこからも、誰からの援助も期待できなかった。
ただ、これらの残酷な人々の慈悲にすがるしかない絶望的状況だった。

 将軍は、ワイヤーのついた1つのクリップを取り上げ、リーセの目の前で数回を閉じ
たり開いたりして見せた。哀れな犠牲者はクリップを凝視し、「だめ、だめよ・・」と
声を出した。しかしまるでそれを待っていたように将軍はクリップをゆっくりと、震え
がとまらない美しいひきしまった若い女の肌を這わせて下へ下へと運ぶのだった。
喉から胸へ、そして左の乳首へ・・

「- OH MY GOD, PLEASE DON'T CLIP MY NIPPLE」

ゆっくりと滑らかな腹に沿って下へ向かい、臍で、2回目の停止をしたものの、さらに
下へゆっくりと進み素敵なやや濃い目の茂みに到達した。
「NOO NOO NOO PLEEEAS」

リースはクリップが彼女の陰唇に触れる前から〔それを予想して〕パニックに陥った。
無言で見守っていた看護師はつかつかと近寄って来ると、あっさりと陰唇を左右に分け、
綺麗にマニキュアされた指でクリトリスのフードを持ち上げて将軍を促した。

将軍は短く〔オオ」というと、小さなピンクの蕾にクリップを装着したーその瞬間、
甲高い叫び声が部屋中に響き渡り、リーセは自由にならない下半身を狂ったよう
によじった。
「ククク、」と将軍は喉を鳴らした。こんなに敏感で本格的な拷問が始まる前に
こんなに楽しませてくれるとはな・・・彼の下半身もすでに硬くなっていた。
 
 リサはヒステリー状態になっていた。今までの生涯において、このような痛みと
辱めを受けたことはなく、身体中でもっとも敏感なところに硬く無慈悲にくいこんで
いく感触は彼女を泣きわめかせた。

 しかし彼女を絶望させたのは痛みだけではなく、自分と同じブロンド
の髪をなびかせた同性が自分のすぐ傍らにたって、冷たく見つめている点だった。

下半身の茂みを晒し、それを隠すこともできない自分と比べ、きちんと制服に身を
つつんでいる点も耐えがたかった。どうして同性の悲劇を放置し、あまつさえその
惨状をさらに助長させるような行為をするのか・・・

リーセは、将軍がトレイから別のモノを取り出したのを見つめてパニックを起こした
?それは太い金属製の棒で、先端の10cmを覗いて絶縁体で覆われていた。

「NOOO NOOO, そんなもので何をしようっていうの・・助けて、助けて!」

Cruelo 将軍は鼻歌を歌いながら、その棒にも黒いワイヤーをつないで、根元に近い
ところにあるボタンを押した。パチッと音がして、先端に火花が飛び散った。

「よし、大丈夫だ」

彼は黒いゴム製の手袋をはめテーブル内の引き出しからゼリーの瓶を取り出し、
気前よく大量に内容物をすくいとり、金属棒の先端にぬりたくり、それを慎重に、
ゆっくりとリサの締りのいい膣内に挿入したのだった。金属棒により陰唇がかき
わけられ、恥毛におおわれている様は将軍にとって最高のシーンだった。

 クリップにつながれたワイヤーをさらにボタンにつなぎ、その夜の最初の電撃が
発射された。哀れな哀れなリサにはもはやなんの希望もなかった。強力な衝撃は
ほとんど癲癇発作のようにリーサの身体を揺らした。リーサはなんとか身体を自由
にしようとしたがもちろん無駄だった。しわがれ声の悲鳴が彼女の喉から絞り
出た。

「AAAAARRRRGGHHHHHNNNNNGGGNNNNNNNNN 」

看護師はぴしゃりとリーセの顔をはたいた。看護師は作り笑いにせよ、初めて
笑みを浮かべていた。

スチュワーデスへの尋問4

一般的な笑みを浮かべ、もはやとは思えない人間の悲鳴を聞いた。このような単純
な機器でこんな苦痛を与えられるとはなんと素晴らしいことか、彼は考えた。静かに
座って、指で1つのボタンを押すだけで、ブロンドの裸の美女の絶対絶命の叫び声を
聞くことができるとは・・・彼には尋問の全権が白紙委任されており、今までと同様、
今後もこの楽しみをずっと味わうことができるのだ。
 
 女の台詞はいつも決まっていた。意識なく運び込まれ眼を覚まされても最初の
言葉は常に「PLEEEASE!またはMEEERCY!」だった。しかし、将軍は、これまで
彼らに慈悲を与えることなどなかった。ボタンを押し、彼の犠牲者たちがあげる叫び
声を楽しむだけだった。

 最初の痙攣は1分しか続かなかった。リーサの美しさは変わらなかったが、痛みと
痙攣でやつれ果てててみえた。電気をオフにしても筋肉の痙攣はとまらなかった。
リ-サはなんとか息を整えたが、パニックをおこすかどうかなどと生易しいものでは
なく、どうにか生き延びられるかどうかという強さだということを身をもって悟ったの
だった。

全身から汗が噴出していた。大きく見開かれたリーサの眼に、あの看護婦の姿が
映った。何もかもかも電撃を受ける前と同じだったが、唯一異なっている点は看護婦
の顔には今は笑みさえ浮かんでいることだった。

 完全に回復する前に2番目の電撃を受け、リーサは今度はたまらず失禁してし
まった。あまりの恥ずかしさにリーセは気を失いかけたが、医師はリーセの静脈に
何か薬液を入れ、覚醒させた。今回の電撃の方が強く、長く続いたような気がした
のでリーサは自分が失神してしまわないのが不思議だった。リーサはいつ静脈
注射を受けたかもわからない状態だったのだ。

 3回目の電撃を受けたとき、彼女は単に痙攣する肉塊と化し、もう少しで精神的
にも完全に錯乱する一歩手前だった電撃棒は次の電撃を加えられるようにそのまま
でおかれ、そこから尋問がはじまった。だれがあのテープをお前の元によこしたのか?
運び人は誰でどこで受け渡されたのだ?リーサは矢継ぎ早に質問を受けた。

リーサは虚脱状態であったが、どうにかこうにか生きていた。彼女はその理由はわ
からなかったが多分医師の注射のせいだったろう。彼女は声にならない泣き声を
上げ、拷問の中止と開放を懇願した。まるで子供のようで、かつてのさっそうとした
スチュワーデスの姿はなかった。しかしそれは3人の尋問者にとっては美しい音楽
のように聞こえたのだった。

「PLEEEASE, PLEEEASE, もう堪忍して、お願いよ、死んでしまうわ。もう助けて頂戴」

「もちろん、お前は耐えられないさ」将軍は笑っていった。そこが大切なところだ。
だから質問に答えるんだよ。名前をいえばいいのさ」

誰もが専門家による拷問に耐えられるのは事実だ... そしてそこにいたのは専門家
だった。だからリーサはすべての名をあかした。しかしそれは彼女が彼らと取引きする
ことのできるすべてでありその与え方が大切だった。彼女はそれをしくじった。将軍は
笑いながら再びボタンを押し、再びリーセにとって生き地獄が始まった。

彼女はすでに名前を明かしているので、取引の材料は何もなく、将軍にとっては彼女
を失ってもかまわないのだった。.これからが本当のお楽しみという訳だった。将軍は
木製の柄のついた長い針を2本、トレイから冷静に取り出し、裸で金属製のテーブル
に縛られているリーセの悲鳴を聞きながら手動電話機(弱い発電ができる)に接続
したのだった。...

EPILOGUE

長旅でジムは疲れていた。年をとるほど、長期間の商用旅行の後は休息が必要に
なるようだった。南米でのビジネスでは有数の巨大企業のトップとして、彼は世界中の
あちこちに顔を見せる必要があったのだ。しかし最近は彼は旅行を控えるようになった。
50歳を過ぎたのだから、少しペースダウンしてもいいだろう、と彼は思っていた。

 帰宅すると彼の妻はもう眠っていた。そこで彼はウイスキーをちびちびやりながら
メールをチェックした。彼は画像が添付された緊急メールがあるのを確認して喜んだ。
なかなか手に入りにくい動画だったのだ。彼は趣味を同じくする商売上の友人とネット
ワークを作って動画をやりとりしていた。それは法律や女性の人権などが全く無意
味な国で撮影されたホンモノの画像だった。その画像と音声はすばらしく、臨場感
があった。

彼はその動画に写っていた女が飛行機外に拉致されていったあの時のスチュワー
デスであり、彼が飛行機のトイレで彼女が拷問されるところを想像してマスターベー
ションした女であることに気がついた。
 彼は妻を起こし、このショーを見せることにした。明日は休みにして、この動画を
何回も見よう、と彼は思った。

 将軍が長い針をひとつは子宮の奥深く挿入し、もう一方は肛門内に挿入して、
電話機につなぎ、ダイヤルをひねったのを見て、彼は自分のブロンドの妻に一度目
の射精を行った。

そして医師が乱暴な内診を行ったあと、女にお前は妊娠2ヶ月だと告げたとき、再び
彼は射精した。そして彼は驚き、パニックに陥った裸の犠牲者の眼と、その様子を
見ながら一度引き抜かれた電撃棒を再び犠牲者の体内深く挿入しながらこの上ない
恍惚の表情を見せる看護婦の姿を楽しみながら3度目の射精を若いしなやかた妻の
身体の奥深くにおこなったのだった。

 長くてすばらしい夜だった。彼の妻は南米の某国の尋問室というより拷問部屋で
電撃と電撃の合間に慈悲を請う哀れな若いリーサの姿をテレビで見て、その声を聞き
ながら乱暴に騎乗位になって腰をふったのだった。

終わり

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード