FC2ブログ

恐喝されたサラ第二章

サラは濡れたコートのポケットから手錠のセットを取り
出すと、コートをドアの横の郵便受けから中に滑りおと
した。 呼び鈴やブザーさえない古い木製のドア~彼
女は打ちつける雨音に負けないように激しくノックした。
サラは、脚が大きく開きで、滑りやすい石のポーチの
上にひざまずいて、そして前方へ豊満な胸に押し出す
ような姿勢をとった スベスベした長い脚の先に置いた
手をゆっくりと滑らせ剃りあげた無毛の秘唇にたどり
着くと、クリトリスの包皮に装着した細い金のリングをし
ばらく弄んだあと。 ぎゅっと締まった腹部を撫でながら
さらに手を上に動かし大きい乳房にまでたどりついたと
ころで再びひと呼吸おき。 震える乳房まで手をあげた
が、そのピンクの大きな乳首にも、左右とも金のリング
がぶら下がっていた
yjimage2.jpg
サラは左手首に手錠をかけ、それ
を背中にまわすと次に右手を後ろに回して両手首にな
んとか手錠をかけることに成功した。

裸の金髪女性は双臀に叩きつける暴風雨を浴びなが
ら震えていた。 サラは常に彼女のご主人様がその晩
在宅なのか、あるいは彼女を入れることを拒否するの
ではないかと恐れていた。 手錠の鍵は常にご主人さ
まだけが持っており、合鍵は作れないようになっていた。
もし彼女がこの館に入れず、後ろ手に手錠を掛けられた、
全裸でこの通りをあてもなくさまよわなければならないと
すれば、サラは恥ずかしさで発狂するか、死をえらばざ
るを得ないだろう。 裸の女性は隠しカメラを見上げた。彼
女が決められた通りのわいせつな見世物行為をするかど
うか、彼女の目に、奴隷にふさわしいおどおどとした懇願
の態度が浮かんでいるかを監視しているはずだったのだ
っ。 サラがここにこうしているのは、恐喝されているからだ
った。 サラ=レッドクリフ 、この状態ではご主人さまになず
けられたパイオツ雌という名のほうがふさわしいかもしれ
ないが、32歳の高校教師で家庭では妻であり2人の子
供の母親だった。 サラは出来心でが教え子の1人と性的
関係を持ってしまったことをのろう想いだった。
Mujeres Tristes 20

蓮っ葉なアバズレならともかく、社会的地位のある身として
彼女の犯したミスは取り返しがつかないものであり、こうして
今彼女はその対価を支払わなければならないのだった。

恐喝されたサラ 第3章

ついにドアはきしんで不気味な音をたてて開かれ、
そしてサラは中からの光に包まれた。 身長は5フ
ィート程度だが、足指の先端からたてがみのよう
に見える赤い髪垂れ下がる高さまで黒いラテック
スで覆われた彼女のご主人さまである、アバズ
レ女王様が光を背景にシルエットにうかび上がっ
た。 スーパーモデルのような細く引き締まった身体
にしかし狂犬の ように凶暴なサディストの心を持
つアバズレ女王さま、しかしてその実態はリンダ・
ダベンポート、17歳の高校最上級生 だった。 し
かしこのアバズレ女王さまも実はより序列がより
上位の支配者により恐喝されていることをサラは
知っていた。 アバズレ上王様は支配者からある
程度の自由を与えられているものの紐つきであ
った。 マスターはアバズレ女王さまに配下の雌
たちに屈辱的で常軌を逸した性的な処罰を行
うように駆り立るのが常だった。しかし同時に守
らねばならないルールも課したのだった。 それ
は彼女がどんな行為を強制することもできるが、
まずじめに自身がそれをやってみせなくてはなら
ない、という規則だった。 それはアバズレ女王が
激情のあまり殺人や医療行為が必要なほどの
傷害を与えることを防ぐ上では有効な決まりごと
だった。
 サラは上王様の残酷なほど細く高い踵のブーツ
と、足を締め上げ剃り上げた女性器の直下まで
のびる黒いラテックスを凝視した。 サラがここに
やってくるのは3回目、しかし彼女はすでに、何時
間もの間彼女のねっとりと蜜のあふれる女陰をし
ゃぶらされていた サラは彼女自身が教壇に立つ
教室で跪いてこの少女の見事な女性自身をしゃ
ぶりながら何時間もすごしたことを覚えている。
アバズレ女王はかつてサラがパンティーとブラ
を身につけることを禁止した。それはその少し前
に上位の支配者から彼女自身の乳房と股間の
裂け目を剥き出しにしておくことを命じられ、キャ
ットスーツの大切なところに穴を開けられたからだった。

「Redcliff 先生。 あらごめんなさい、あなたの名前は
もうパイオツだったわね 私にお前の女性自身を見せ
なさい。」
女王さまは威圧的だが同時にひどく官能的な声でいった

「でも、ご主人さま、私は非常に寒いのです。とうかまず
私を中に入れてください」サラは彼女の教え子に頼んだ。
「馬鹿なことをいうんじゃないよ。寒くて震えているお前は
とっても惨めで素敵よ。」
アバズレ女王は冷たく言い放った。

恐喝されたサラ第4章

アバズレ女王は ブーツの末端を、サラの女性自身に
あてがったが、反対側の足だけで立つのが難しくよろ
けたので結果的に内部で尖った先端を動かすことに
なり、サラは思わず悲鳴をあげた。しかし女王自身も
バランスをとるのに筋肉が突っ張ったので 痛みを感じ
たため、サラを怒鳴りつけた。 アバズレ女王はスパ
イクのように尖ったバレエブーツをはかせ、よろける様
をみることを好んだが、規約により彼女たちと同じ姿で
少なくとも1時間はすごさなねばならないのだった

サラは女王さまの前へ這っていき、そしてその秘所に赤
い唇でキスをした.
「私は今マスターの1人のご寵愛を受けたばかりなの。
秘所から溢れ出る精液を味わうといいわ。」.
アバズレ女王は微笑んで美しい、サラを見つめた、そ
して嫌がりもせず精液混じりの愛液を吸い上げていた.
アバズレ女王は 彼女のご主人さまに彼女が同じ行為
をすることを望むかどうか尋ねなければならなかった・・
しかし彼女は彼らが望むであろうと確信していた. すぼ
められた唇でサラは彼女の愛人の秘所から白いべとつ
いたものを 吸い上げそしてそれを飲み干した. サラは
ピンクの舌を伸ばして秘唇をなめ、そして引続き彼女
の身体の奥にそれを飛び込ませた。
109632_12big.jpg


「ウーム、いいわ」とアバズレ女王 はサラがクンニリングス
を始めたとき呻き声をあげた。 アバズレ女王 は女性器
をしゃぶることが嫌いで、彼女のマスターはそれを知ってお
り、機会があればをいつもそれをさせるたがっていることが
わかっていた。 彼女はしかしながら、自分の不得意なクン
ニリングスを強いられることは嫌ではなかったので、なんと
かうまくいくのであった。 「おお」とアバズレ女王さまは サラ
の顔に彼女の濡れた穴をぎしぎしこすりつけながら、呻いた。
「とってもいい子ね、オッパイ雌。しかしいい子には罰もあげ
ないとね。」

恐喝されたサラ第5章

サラは口舌奉仕を中止するようにと指示された。そし
て、アバズレ女王は、サラに背中を向け尻から生え
た尾の付け根をつかんだのだった 尻から生えた尾
とは実際は、尻穴深く埋め込まれた直径2インチの
鞭の取っ手だった。

is.jpg

アバズレ女王さまはゆっくりと鞭の柄を引き抜いた。
鞭が最終的にポンとはじけて尻穴から抜け出た時、
女王さまは再び前を向き、彼女の股の前でそれを
ささえると、髪の毛をつかんでサラの頭を近づけて
舐めることを強いた。 もちろん抜き出した取っ手に
は汚れがついていた・・・サラは比較的きれいな部分に
舌を這わせたのだが、そことて全く清潔というわけで
はなかった。おまけに生暖かい水がアバズレ女王の
大きく開いた脚の間から奔流 となって吹き出してきた
のだった。
「あったかいでしょ?せめて冷えた身体をあたためて
あげようと思って・・・最高のサービスだとおもわない?」
たしかに最初は少し暖かいものの、冷たい外気のために
濡れた身体は前よりも冷えた。
 鞭の柄を男性のコックのように握った女王さまは寒さで
震えているまだ若い女教師の口にそれを押したり引い
たりしたのだった
プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード