FC2ブログ

隷属女教師M 転落の軌跡 第12章 特製ソースの味わい

「あら、椅子をひいてくれないの?」
 「キャンドルはどこ?せっかくのご馳走なのに。」
 「私が食べる間、隣に立っていて奉仕するのよ、C.夫人」
 リサは矢継ぎ早に言いつけました。
 空腹の教師はリサの隣で、脚の痛みに耐えつつ立っていました。
 「コカコーラお願い、C夫人。」
 「わが家はペプシコーラなんです、サイモンさん。」
 「じゃあ今後はコークにしてね。」
 「はい、サイモンさん。」
 「なかなかおいしそうよ、C夫人。 フライドポテトはいかが?」
 「はいサイモンさん、お願いします。」
 「じゃあ脚を広げて。」(なぜ、どうして脚を?)

 メアリーは混乱しましたが、リサの言葉には、聞き返すことを許さない強さがありました。
メアリーはおずおずと脚を広げました。
 ピシャッ
 リサは、メアリーの臀部に平手打ちを浴びせます。
 「もっと広く、C夫人。」
 リサはフォークで皿からフレンチポテトをとって持ち上げます。
 しかし、その手は上に向かうのではなく、なんと下に向かったのです。
 驚愕するメアリーの表情を楽しそうに見ながら、リサは開かれた脚の間―陰唇の
溝にそれを滑らせたのでした。
 (ああっ)
 思わずメアリーの口から声が漏れます。
 そしてその後、リサの手はようやく上に向かったのでした。リサはメアリーに今度は少し
屈むように命じます。
 「さあ、召し上がれ、C夫人。」
 眼の前にフォークを突きつけられて衝撃を受けた教師は、思わず唇をとざしてしまいます。
 「さあ、大きく口をあけて、C.夫人。お腹がすいたでしょ。」
 メアリーは震えながら口をあけ、自分の愛液で濡れたポテトを口にほおばりました。
 「今度は噛むのよ、C夫人。」
 ぞっとした教師は、吐くのをこらえるのがやっとでした。
 「美味しいはずよ、C.夫人。特製ソースで味付けは完璧ですもの。じゃあもうひとつ。
今度は自分でやってみて」
 メアリーはリサからフライを受け取り、自らの手で陰裂を滑らせました。
 リサは食事の手を休めてポラロイドカメラを操作します。
 フラッシュ、またフラッシュ
 そして次に、口に入れるところも・・・。
 フラッシュ、またフラッシュ
 メアリーの眼からは涙があふれてきました。
 「バーガーはどうかしら、C夫人?」
 「いいえ」
 左右に猛烈に首を揺さぶりながら、女教師はいいました。
 「そんな遠慮なさらずなくたっていいじゃない、さあどうぞ」
 彼女の教師に手を差し出すように命じたリサは、白い手の上に大きな1片の
ハンバーガーを置きます。
 リサは言いました。
 「わかっているわね?最初にまず、濡らすのよ、C夫人。」
 味もさることながら、耐え難い屈辱感から、放り投げたくなる気持ちを押し殺して、
それを受け取ると、メアリーは命じられたとおりの行為を行ったのでした。
 リサは、肩を揺すらせて咽び泣くメアリーを満足そうに見ながら食事を終えました。

隷属女教師M 転落の軌跡 第13章 あからさまな尋問

「ご馳走様。後かたずけが終わったら、居間に来て、C.夫人。 メジャーに、紙と鉛筆を忘れないで。」

 メアリーは速く掃除しました。そして言われた通りのものを用意して居間に入りました。
 「ここで立って。」とリサは言いました。彼女はまず女教師のスリーサイズを測定したのでした。
 「胸、35インチ(89cm); ウエスト、23インチ(54cm); ヒップ、33インチ(84cm) 
  うん、なかなかね C夫人。」
 
その後、リサは言いました。
 「脚を広げて、C夫人。」
 リサは股下からメアリーの膝の3インチの上までの長さを測定したのでした。
 「長さ9インチか・・ねえC.夫人、残したスカートや服の丈も全部短くしないとね。
  短くっていうか、お尻が丸見えになるくらいに・・・
 それと残したブラウスも服も、一番上のボタンをとっちゃわないと。」
 「は、はい・・サイモンさん。」
 「C.夫人、今夜の夕食はどうだった?」
 「私はああいうのはちょっと・・。」
 「だめね。 あの味に慣れなくちゃ、C夫人。」
 「ところで、ご主人はベッドではどうなの C夫人?」
 「はいサイモンさん。」
 メアリーは18歳の女生徒に、夫との性生活について語ることに非常に当惑しました。
 「彼はアヌスを使うの?」
 「絶対に、ありません。私は肛門にどんなものも受け入れたことはないんです」リサは微笑みました。
 「つまり、肛門は処女ってわけね、C夫人。 」
 
 裸の女教師は自分の学生であるリサからこんな質問を受けることが信じられない思いでした・・・・・・
 しかしそれが現実でした。
 「どうなの?ちゃんと答えなさいよ。」
 「ええ、その通りです、サイモンさん。」
 「でも夫のコックを口に含んだことはあるわよね、C夫人?」
 「ええと、あの・・はい」当惑した教師は顔を赤くしてささやきました。
 「それが好きなのよね、とっても。」
 「い・・は、はいサイモンさん、その通りです」
 「おしゃぶりするだけじゃなくて、彼が放出した液体を呑み込んだことは?」
 「ありません。お願いですからこういう質問は・・・・」メアリの言葉を無視して質問は延々と
  続けられました。

 「浮気されたことは?」
 「いいえ」
 「結前交渉は何人くらい、C夫人?」
 剃りあげられてむき出しになった女陰を濡らしながら、メアリーは数えました。
 「3人です」
 「おしゃぶりもしたの?C夫人」
 「はい。」
 「おしゃぶりが好きなんでしょ、C夫人。自分から頼んだの?」
 「いいえ、彼らが望んだので・・。」
 「本当にそれだけ?本当はおしゃぶりさせてくれって自分からせがんだでしょ?そうよね、C夫人?」
 「は、はい。その通りです。」、メアリーはそう答えるしかありませんでした。
 「一度に複数の男と関係を持っていることがあるの。」
 「いいえ。」
 「レズは?」
 「いいえ。 私は、それは恐ろしいと思います。」
 「今までに女性にキスしたことがある?」
 「いいえ」
 尋問は1時間以上続きました。

 「ちょっと疲れたわね、C.夫人。明日は大事な日になるわ。 あなたの知らない世界を見る
 ことになるでしょう。寝室に行きましょう。」
  寝室に入った時、リサは、ベッドの上の買い物袋に気づきました。
 「冷蔵庫にニンジンとキュウリを入れてきて。」
 メアリーが台所に向かっている間、リサは手馴れた様子で簡易拘束具を作成していたのです。
 メアリーが戻った時、リサは、床にひざまずくように彼女に命じました。
 両足首を棒の両端にロープで縛り付けたあと、今度は両手首を、左右それぞれの足首に結びびます。この結果、メアリーの頬は、強制的に床に擦り付けられ、彼女の双臀は空中高く置かれることになるのでした。

 「さあC夫人、あなたが私に適切な尊敬を忘れずに示し、疑いなく従うように、私はあなたのお尻にパドルをお見舞いしてあげるわ。」
 リサはパドルを拾い上げました。
 「ピシャ」
 「1発」
 「おー、サイモンさん、ごめんなさい。」
 「ピシャ」
 「2発目」
 彼女の臀部は燃えるようでした。メアリーの目から涙があふれます。
 「お願いです」
 「ピシャ」
 「3発」
 「ああああ」

リサは赤くなった教師の臀部をみて微笑みました。
 「ピシャ」「4発」「ピシャ」「5発」
 「私を尊重することを教えるためなのよ」
 「ありがとうございます、サイモンさん。」
 臀部を熱く燃え立たせ、打ちひしがれ、恥辱にまみれた教師は泣きながら言いました。
 リサはベッドへ移動し、服を脱ぐと、彼女の教師を縛り上げたままで放置し、こう声をかけたのでした。
 「おやすみ、C夫人」

テーマ : 官能小説・エロ小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード