FC2ブログ

女の学校ーカントスクール 第二章 お一人様お迎え

私は終わってしまったことをこまごま振り返るつもりはないけれど、 今やレーンは

私のご主人さまとなり、お使えする王様になり私は彼のコックを「吸わせていただく」

雌奴隷になった。 でもそれはあくまで寝室において、ある限られた時間だけの間の

のことで、昼間は今までと全く同じだった。私は法曹関係の仕事を続け、長男トニー

にも恵まれた。夫は私を鞭打ったり掌で臀部っを赤くなるまで打ったり、時にはまるで

レイプするように私を犯したりしたが、それはすべて子育てをする中産階級の生活の

枠内のことであった。トニーの存在は私にとって微妙だった。10歳になったとき私は、

男女がどうやってメイクラブするか、彼に教えたいとさえ思ったし、彼が思春期にな

ってからは、いつでも自分の正体がバレてもかまわないと思っていた。しかし夫で

あるレーンはそれを許さなかった。その代償としてだろうか、夫はできうる限りの

時間を割いて私を苛めてくれたが、彼はもちろん私も忙しく、欲求不満はだんだん

つのっていった。

 私はトニーが結婚することを待ち望んでいた。それはもちろん彼が幸せになることを

望んでいたからだったが、同時に私とレーンが、より自由になれるからでもあった。

トニーが23歳になっていよいよ結婚して家を出ることになったとき、私は夫がどうする

つもりなのか、わからなかった。今までよりずっと自由な生活が訪れるという期待は

あったが、仕事の多忙さは変わらないのだ。、

 
 結婚式を1週間後にひかえたある日、レーンは、トニーが自分の部屋にこもっている

ことを確認してからさりげなく私にパンフレットを与くれた。このパンフレットは、

最初に彼からみせられたポルノ雑誌以上に衝撃的だった。 それは カリフォ

ルニアにあるアバズレ養成学校=カントスクール」のパンフレットであり、

そこでの、「研修プログラム」の概要について記載されていた。

「ご主人さま!」私はたずねた。

「私をこの学校に行かせようとお考えなのですか?」

私の声の調子は彼にとって期待はずれのようだった。

「私はお前の内なる雌犬を呼び覚まそうとそれなりに努力したが、とても満足

のいくところまでは到達していない。それは一つには私に時間がないせいだが、

お前の方にも問題がないわけではない。私はお前を一人前の奴隷に仕上げたい

んだ」

 私は法律の仕事が忙しくて十分に彼の期待に答えられなかったことは認め

るがそれはお互い様だった。それなのに、私だけが、キャリアを捨てて訓練

をうけるべきなのかしら?

 私はそれを完全に不公平だと感じた。 私には仕事もあり、母親であり

しなくてはいけないことが山ほどあった。 レーンは身体を曲げて私の顎を

持ち上げながら行った。

「私は、お前を愛しているし、これからも愛するつもりだが、それはお前が

私に完全に従順である限りのことだ。私はお前のご主人さまとしてある意味

ではお前以上にお前のことを知っているつもりだ。 私はお前にとって最善

な方法を提供しているつもりだ。それはまた、私にとっても最善であり、

私はいつもお前には再教育キャンプが必要と感じていた。私は自分の時間を

無駄にするつもりはない、どうしたらよいかと悩んでいるときにその学校の

ことを知ったのだ。そこのスタッフは女はどういうもので、どう扱ったら

よいかを知り尽くしているようだ。2ヶ月のプログラム終了後、ここに戻って

きたときは、お前は見違えるように成長し、私の望む「アバズレ主婦」その

ものになっているだろう。」

 私はレーンを正視できず、身体の奥底からわきあがってくる感情で悶えた。

しかし私はレーンを愛していた。 長い葛藤の末、私は彼の申し出を受け、

私の気概を彼に示すことにした。

 その日からレーンは私に一言も口を聞かなかった。私たちは一緒に結婚式に

出かけ、披露宴では仲のよい夫婦を演じ、久しぶりに踊りも披露した。しかし、

夫が私をその学校に送ることを決めていることは明らかだった。沈黙の1週間が

過ぎたあと、彼は実力行使に出た。私を裸にしてパンフレットを持たせてガレ

ージに閉じ込めたのだ。私は震えるほどの寒さの中、泣きながら一晩を過ごした。

翌朝まだ暗い午時4時、Cunt学校のバンが迎えにきた。その中には私のほかに

放心状態の4人の裸の女がいた。しかし私はもはや覚悟を決めて取り乱すこと

はなかった。夫であるご主人様の期待を裏切るまいと思ったのだ。

女の学校ーカントスクール 第3章 予想外の共通点

彼が私を2ヶ月の間遠ざけたのは、私が今までどおり彼の傍にいたら経験できな

いような何かを期待しているんじゃないかって考えると最初は気が狂いそうだった。

 でも、よくよく考えると、私にそう思わせること自身が目的だったかもしれない、

とあとになって私は気がついた。前にも前科があるからだ。

 あれは27歳の未婚の、スリムな髪の黒いヒスパニック系の女性秘書だった。万事控

えめでご指示をお待ちします、という感じの女性で、ご主人さまは彼女の性格を見抜い

てからもしばらく観察を続け、毎晩彼女を連れ出して食事をするようになった。

sexy_secretary3.jpg


「なかなか有能な娘だよ。もっとも秘書業務(secretary)の方ではなく、オシャブリ

業務(suckretary)の方だけど」

と、夫は私をからかったが、どうやら2人は深い関係にまでは進展しなかった。どう

やら私にあれこれ想像させ、心理的に動揺するのを楽しむのが彼の目的だったらしい

それも私に対する調教行為の一貫だと、彼は考えていたらしい。

私がワゴン車の後ろで、眼を覚まし、床の上の薄い毛布の上に身体を丸めていたこと

に気がついた時、私は他の女たちの姿を見た。 薄暗い証明の下に、4人の女がいた・・

35歳くらいの小柄な東洋系女性、50代かと疑われる太りすぎのアフリカ系アメリカ人

女性、40歳代後半かと思われるやせた女、そして背は低くてどっしりとした私と同じ

くらいのアバズレ(これが上品な言葉ではないことを私は十分承知しているつもりだ

し、人前で口に出すのも汚らわしいが、ご主人さまが、女性について言及するときに

いつもこの言葉を使うので、私もここではこの言葉を用いることにする)。私も含

めて、皆すっ裸で、陰部は非常にきれいに剃毛されており、手首には同じタイプの

手錠をしていた。

「私たちは ナパに向かっているみたい」

黒人女性は私にそう話しかけてきた。

私はうなずいた。

「なぜ、あなたはここにいるの」

彼女は尋ねた。

「私の方は、はどうやら昨日の半熟卵のできがご主人様の気に障ったみたいなの」

彼女の親しみをこめた口調には、深い屈辱感と誇りが混ざっていた。それは私も

同じだし、どんなにそれがつらくとも、彼女が自分の支配者を誇りに思い、その

力を尊敬していることがよくわかった。

「これは、はじめてってわけじゃないの」

と彼女は、しばらく沈黙してから自虐的に言った。

もちろん、こんなことが一時の気まぐれであるはずがない。ご主人さまはもっと

大きな計画を描いていて、これはその一貫に過ぎないのだ。

「私は、そこにいくのがふさわしいと思われたから行くのよ」

そう口に出してから、"私は、黒人女性を慰めようとしていることに気がついた

 私は、2人の白人女性だけでなく東洋系の女性もわたしの言葉に同意してうな

ずくのをみて驚いた。彼らは自身もそうだとかんじていたらしい。彼女たちは単に

従属的な女性なのではない。彼らはちょうど私のように(ある意思をもって)ご

主人様の靴をなめる奴隷なのだ。 私たちはにとって、男性は常に正しいのだ。

私の心の中にはその 概念を嫌い、それが卑屈だと非難するもう一人の自分がいた。

しかし、私は同じ言葉を他の女に口に出して告げるとき、 私は腸がねじれるよう

な痛みを感じつつも、同時に邪悪な喜びをもたらすのだった。 頭脳明晰でありな

がら、同時に単なる倒錯したアバズレで、男性の玩具であることにあることに甘ん

じている、私たちはみなそういう存在だった。

女の学校ーカントスクール 第4章 チャイニーズビューティ

一番年長の女性が、「私の夫トムは35歳なんだけど私は50なの。結婚生活15年。

最初は若い彼を私がリードする性生活だったけど、そのうち、、トムは主従あるいは

サディスト/ マゾヒスト関係に夢中になり、私もそれを歓んで受け入れた。それは私

の人生で最も幸せな年月だったわ。 でもだんだん刺激がすくなくなってきた。 私は

自分でインターネットを検索して「学校」を探すと夫に私をそこに送り込んでくれ、

と頼んだの 。」

みんなじっと他の女の話を聞いていた。次は東洋系の女性の番だった。

怪しいアクセントをつけるのではないかと思っていたら、とんでもない。彼女の

英語は正確で、高度の学歴を持つことは明らかだった・


「うーん、インターネットで検索するのは私も同じよ、最も私の場合は不動産業者

として、仕事上の物件検索だけど・・・。私の夫であるPo-Yaoも24時間奉仕する奴隷

をいつも探していたわ・・そうやって私を辱めるの。 全く全体主義者のファシスト

なんだから・・」ルーシーの声が小さく消えたとき、私たちはみな吹き出した。通常

の女性が嫌うことを好むのは、ここにいる女性に共通のことらしかった。

ルーシーは驚くべき率直さでこう続けた。

「私は典型的なABCよ、つまりアメリカ生まれの中国人。両親は移民で、娘の私には

ごく普通の「アメリカ人少女」になって欲しかったの。 当然、私は反抗したわ。

バークレーのカリフォルニア大でも、私はなまりのある英語を話す東アジア出身の

男性とした付き合わなかった。私が後に夫になるPo-Yaoと初めて会ったのは妹の結婚

式だった。

彼は私より20歳年下で、ホンモノの中国人だった。

彼は、2番目の妻と家庭をもち、すでに7人の子供がいた。私はあの時ほど美しく従順

であったことはないでしょう。 妻と3人の子供が食卓についているときに、彼は男子ト

イレで私を犯したのよ!Po-Yao は昔ながらの中国人だったけど20年間のアメリカ生活の

おかげで、西洋的マナーを見に着けていた。最初はとっつきやすくても、その内面が

驚くほど外見と違うのを知れば、ほとんどの女性は何とかして遠ざかろうとするでしょ

うね。でも私は絶対的に魅了されてしまったの。 救いようのない、愛の闇に堕ちて

しまったのよ。

0000127C_nude_asian_in_sepia.jpg

 Po-Yaoが20年間アメリカで過ごし、アメリカが好きだったが、彼は同時にその期間が

彼の最初の妻を甘やかしてしまったのだ、といっていた。台湾からつれてきた最初の

妻を離婚したのはそれが原因だ、と彼は言っていた。2番目の妻は香港出身で、なか

なかの働きモノだったけど結局最初の妻と同様堕落して駄目になった。


いろいろなことがあったけど、要するにPo-Yaoのおぞましい離婚とスキャンダルのあと、

わたしが25歳でポーと一緒に披露宴に出席しウェディングドレスをきてお客さまにご

挨拶したときには私の女陰にはピアスが装着され、南京錠がぶら下がっていたってわけ。

彼が目指したのはもはや二度とセックスする機会のない女との結婚だったの。」

4h.jpg


我々は、ルーシーの言葉にこめられた強烈な激しさと誇りに深く感銘した。 ヴァンは

不快だったし目的地も不明で 私たちは、冷気に裸の身体を震わせていた。しかし、我々

すべては車中で我々の目的を悟ったのだ! 私たちは皆、平均以上の知性をもち、多く

は高学歴の持ち主だった。しかし私たちの生活は、女性の自治 と自由という文化的な

宣伝を容赦なく攻撃するものだった。 私はこの神に見捨てられたような車中で感じた

ような密接な連帯感を感じたことはかつてなかった。私たちの愛と奉仕の深い秘密を

共有していたサービス。私たちは女らしさの秘密を共有する! 私たちのほとんどは

出産の深い満足を知っていた。これは男性には理解できない女性だけの満足だ。

痛みとの苦悩シアーズされると断言する。 私たちは、真に理解のあるご主人様を得て、

この原始の本質を思い起こしたのだ

 女らしさの本質とは他の人のために自分を消滅させることなの。 そしてその本質は、

単なる喜びではなく、至福ともいうべき快感をもたらしてくれる。 そして女性が本当に

女性であるなら痛みも甘んじて受けなければならない私たちは皆、我々のご主人さまが

この理を知り、理解することを誇りとしていた。


女の学校ーカントスクール 第5章 第一歩

私たちは自分のご主人さまが、通常のSMプレイには飽き足らない、特別のマニア

だということが良くわかっていた。私たちにとってSMは【ゲーム】ではなく、

24時間続く生活そのものだった。鎖とか鞭とかいう他の人には知らせてはならない

秘密のアイテムを使用する場合もあったが、それは目的ではなく手段に過ぎない。

時代おくれの男尊女卑主義者は、女はうまれついたときから男性に従順だというが、

それが間違っていることは、この車の中にいる女にはみんなわかっていた。自分

たちのご主人さまはほかの男尊女卑主義者のように、肉体を犯して事足りるので

はなく、精神を犯すのだ。そのようなご主人さまたちが選んだ「学校」がどんな

ものか・・私たちは不安を隠しきれなかった。

 車がゆっくり減速してついに停止したとき、私たち5人は皆まどろんでいると

ころだった。裸で、後部座席で凍えていた私たちは、運転席との間を隔てる壁の小

さな窓が開き、そこから目隠しが投げ入れられ若い男の声が

「OK、アバズレたち、それをつけるんだ」と命じた。

 目隠しをつけた私たちは冷たいコンクリートの床の廊下を通って、分厚いカー

ペットが引かれた部屋に導かれていった。そこでカリフォルニアの「真の支配者」

によるプログラムが始まったのだ。

熱烈で、厳密で、厳しい学校・・しかもそれは肉体だけでなく精神にも及ぶのだ、

私は学校に入学しなかった場合よりももっと完成度の高い、ご主人さまの所有物

に成り果てなくてはならない、と私は自分に言い聞かせていた。ここでの調教のハード

さは有名で、私はここに入学することに誇りを持っていた。私は高学歴で、ここに入学

するまでは弁護士として同僚の男性たちと猛烈に競争しながら働いてきた。しかしこ

こで必要されるのは、そんな男性のような社会的機能ではなく、ただ女として存在

することだった。現代が忘れてしまったそのことこそ、ここで要求される唯一絶対

の目標だった。

 私たち5人の教師になったのは、この学校の創設者の一人であり、退職した株式

仲買人であるが、現在は「この世界を男性にとって良くする様に」働いているという

ことだった。見たところ50歳台であるが、すぐに気がついたのは彼の燃え立つような

茶色の眼だった。身長は6フィート。魅惑的な顔で、滑らかな暗褐色は彼がラテン系

の血を引いていることを物語っていた。筋肉質の引き締まった肉体を本物の銀鋲を

打った艶々とした革製の黒いタートルネックのベストを着て、洗練された黒革のズ

ボンと黒革のブーツを身に着けていた。

夜毎の美女0410

さあ、舌の使い方をしっかり覚えるんだ

ball-sucking.jpg

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

夜毎の美女ー冷たいインナー

ごめんなさい
なかなか時間がなくて・・・

キャプチャ

夜毎の美女

Seven Kneeling girls と紹介されておりましたが・・・
なつかしい・・でも今の方が水準が高い?

seven-girls.jpg

テーマ : エロ画像
ジャンル : アダルト

夜毎の美女0421

お願い・・・もっと苛めて・・・

p206.jpg

夜毎の美女0422

お前が元大使婦人かどうかなんてどうでもいい
今はただの売り物さ・・・

sadomania-woman-in-cage.jpg

テーマ : SM全般
ジャンル : アダルト

夜毎の美女0423

こ、これじゃ動けないわ・・・

shackled-elbows_20100424001003.jpg

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード