FC2ブログ

英文淫訳0505

なんでもご主人さまの言いつけに従う性奴隷です・・


テーマ : SM
ジャンル : アダルト

黒い稲妻 第2章

真夜中に、ジェーンは一人の黒人とどこかへ消えた。そして、スーザンは5人の黒人

とともに残った。

私は、自宅に行こうとする彼らの後を追った。

彼等が家に入ってから30分後、私は裏口から入った。

私は知らなかったが、5人以外にも中に入っている黒人男性がいて、私は見つ

かってしまった。

 ここは私の自宅で、自分はスーザンの夫であると説明したが、そんなことは

ものともせず、彼等は私に手錠をかけた。

「それを聞いたんじゃ余計に鍵をはずすわけにはいかないな」

男たちは笑ってそういうと、手錠をはずすどころか足にも足枷をつけた。こっちが

泣きたい思いでいるのに、私は住み慣れた居間から笑い声がするのを聞いた。

「おい、俺たちがあのが白人女に何をしているか見せてやろうじゃないか」

一人の黒人男性がそう提案し、私は居間まで運ばれた。

部屋の内部には、大勢の黒人で溢れていた。

私を運んだ男たちは、外へ笑って言った、「ほらほら、女の旦那さまにせめて座る

場所くらい準備してやれよ」、

そして、私を椅子を座らせ、何が起こっているか確実にわかるようにしたのだった

スーザンは、すでに裸で、酔っていた。



彼女は私をみたが、顔にわずかに微笑を浮かべただけだった。
T
そして黒人の一人が彼女の口にそばに突き出した大きい黒いコックをこれ見よがしに

咥えた。その黒棒は長さ10-11インチはあったにちがいない、そして、雌はそれを吸

いあげた。それを見た私の男根は、岩のように硬くなった。

スーザンは、全くのアバズレ女になり果てていた

1人の男が彼の大きい、黒い男根を彼女のしまりの良い女陰にに押し込んだとき

彼女は大きくうなっていた ―

すぐに、彼は激しく腰を打ちつけた。

私は全く驚いた ― 彼女が実に容易に11インチの男根をすべて胎内に飲み込んだ

のだった。ちょうどそのころ、彼女がオシャブリした男根の持ち主は絶頂を

むかえようとしていた。

「そうだ、俺に絶頂を味あわせてくれ、そしてそれをのむんだ!」

白人売春婦!」

彼女は、男が命じたことを正確に行った。

ほんの一滴の精液さえ彼女の熱心な口を逃れおちることはなかった。彼女が

決して私の男根を吸いたがらなかったことを考えられると信じられない好意だった

黒い稲妻 第3章

彼女が綺麗に男根を舐めあげたあと、もう一人が交替して隣に座った。

次の男の男根の長さは 8 インチとやや短めだったが、かなり太めだった。

彼は少しの間もおかず、妻の口に黒い棒を入れると、腰を前後に揺さぶった。

一方、彼女の女陰をコックで貫いた男はいよいよ激しく腰を動かして

いた。大きいうなり声をあげて、彼は妻の女陰の奥深く彼の精を

送り込んだ。彼は精を絞りだしてすっかり萎んだ男根を取り出して、立ち上が

ると、スーザンの顔になすりつけて黒い棒に付着した余分な白濁液を拭い取った

次の男は妻のひっくり返し彼の男根の上に跨らせた。

それを見ていたもう一人の男は、若干の潤滑ゼリーを彼の男根とスーザンの

アヌスにねじ込んだ。私はもう少しで気絶しそうだった。

あのお上品な家内が実は黒人男性に肛門を

提供していたなんて・・・私には信じられられなかった。

私の男根は非常に堅くなったのでズキズキと痛むほどだった。

背の高い黒人は、妻の肛門内に挿入した男根を慎重に動かしました。

「ほら、お前のケツの中で大きい、黒いコックが動いているぜ・・

こういうのが好きなんだろう?このアバズレ女」


自尊心をずたずたに傷つける彼の発言は、ますます彼女を魅きつけるだけだった。




その時、3羽の黒いコックはすべて彼女の内側にあったことになる。

彼女の口をファックしていた男は、始めに絶頂に達した。しかし、彼は彼女の

口の中に放出せず、替わりにコックを引き抜くと彼女の顔に向け、ごつごつした

手でそれをしごいた。、

「お願い、口の中にやって」

妻の願いはあっさり無視され、黒いコックから飛び出した白い絶頂は妻の白い顔に

ぶちまけられ、眼もあけられない惨状だった。

家内の屈辱の様子をみた男たちは、男根を動かすスピードを速め、つぎつぎと

彼女の穴の中で果てた。自分の身体に放出した黒いコックを綺麗に舐めあげたあと、

彼女は後ろにあおむけになって

「お願い、もう少し私とセックスして頂戴!私は、あなた方の白人性奴隷

 よ。あなた方の立派な黒いコックで私と、あなたの白人の売春婦とセックス

 して~」


1、2分の後 ― 彼らは願いをいれたのだった。

黒い稲妻 第4章

今度は、彼らは全員が同時に妻とセックスしようとした。

口元に一人、女陰とアヌスに一人ずつ、さらに両手に一人ずつ。今まで見た中で

もっともエロチックな光景だった。私5人の大きい野蛮な黒人がかわいい、

白人の家内に群がっているのだ。それから、彼らは絶頂に出発した。

間もなく彼らは、私の妻の頭の周りに集まり。彼らの男根をこすった。

それは、巨大なコックのものすごいディスプレイだった。白濁液のしぶきは

至る所に飛んでいったように見えた。しかし彼女はそれらの飛沫をできるだけ

自分の顔に着地させるように顔を動かした。粘着性の白濁液は彼女の顔をカバ

ーし彼女は、絶頂を迎えた。

5本の男根を きれいになめたあと、彼女は私に目を向けて、微笑んだ

黒人の精に覆われた妻の顔はどうしようもなくエロチックで、私は自分の男根

に触れることなしにパンツの中に果てたのだった。

しかし、それで終わりではなかった。

5人のほかに新手が加わったのでファックとフェラチオは一晩中

続いた。時には10の男根が妻の顔を襲い、妻の口とおわず顔と

言わず精を放った。彼等はコップを用意して、口の中に入りき

れない精を集めて、彼女にそれを飲ませたのだった。


彼等が何回セックスしたか、その数は覚えていない。

しかし、私が忘れないもう一つの光景は彼らが洗面所に彼女を連れて行って」

時で、彼女をタブに入れた。それから、彼らはまわりをとり囲んだ。

酒臭い尿を彼女の身体にじかにかけたのだった。黒い身体の向こう側で、

妻が必死に彼らのオシッコをのみこもうとしているのを見た。言うまでもなく、

私は再び自発的に果てたのだった。

私は時間がわからなくなっていた、しかし、彼らはようやく去った。

スーザンは私のところにやって来て、鍵を解き放った、全身は精液だらけで

獣の匂いがした。女陰とアヌスから同じ白濁液がしたたっていた。言葉をかわす、

ことなく私はベッドに彼女を押し倒して、セックスし始めた。

すぐに、私はもう一人分荷の白濁液を彼女のずぶ濡れの女陰に加えた。

その夜我々はシャワーを浴びたあと、彼女は何がおこったか説明しました

妻をさそったのは隣家の妻ジェーンで、彼女はすでに夫をだましていて、

かなりの数の黒人のコックを味覚していた

私がいない間、ジェーンは彼女をクラブに連れて行って、彼女にも同じことを

させたのだ。しだいに妻の理性は壊れていった。私はすべてを知ってもまだ妻を愛

していることをつげ、彼女が好きなようにすることを薦めた。その日

から、スーザンは私の目の前で無数の黒人たちととセックスした。




しかし、私はその宿命的な夜のことが忘れられない。

リサの転落 第一章

リサは夫であるジョンと一緒に家を出る前に鏡に映った自分の姿を見た。

彼女は、ジョンより7歳若い26歳で、夫が言うところの「見栄えの良い女」

であることを知っていた。 黄金色のブロンドの髪はストレートで肩のすぐ

上でカットされていた。その瞳は蒼くて大きく、その頬骨は美しく、すらり

とした形の良い鼻を持っていた、口は少し大きすぎると思っていたが、

その唇はほっそりと見栄えが良く、素敵な歯をしていた。 英国サイズで8の

引き締まったウェスト、と、英国のサイズで34cの非常にしっかりしたバスト

をしていた。、乳首は小さいが丸く、大変感じやすく、夜の営みにおける前戯

では1インチほどの長さになるのだった。脚はすらりと長く、裸足で立つと

身長は5フィート10インチであった。

ジョンは、来週からアジアに最大3ヶ月間商用で出かけることになっており、

上司から招かれて郊外で食事をともにすることになったのだった。できるだけ

長く夫と2人だけの時間を過ごしたいリサだったが、それだけに帰宅した後の

情熱の一夜に期待していた。そんな妻の気持ちをかりたてるようにジョンは

股間の剃毛をリクエストした。それはリサにとって生まれてはじめての体験

だった。リサは、極小の黒いパンティ、そして大腿の半ばまでの高さの黒い

絹のストッキング、細いサスペンダーベルトに足首ストラップ付き3インチの

黒いヒールを身につけ、乳房を高くやや外側に固定するセクシーなブラを

選んだ。その上にまとったドレスは膝のすぐ上までの長さでフロントに6つ

のボタンがついているとてもクラシックな印象を与えた。しかし、帰りのタ

クシーでは夫はいくつかのボタンを元に戻すだろうと確信していた。最後に

ダイヤモンドスタッドのイヤリングと口紅をチェックして、彼女の準備がで

きるのを別室で待っていたジョンの許に歩いていった。

 彼らはちょうどいいタイミングで到着し、ジョンのボス、ピーターと彼の妻

パメラ(共に50代半ば)と共に素晴らしい食事を楽しんだ。 リサは夫の仕事の

関係で過去に二度だけピーターと会ったことがあった。 彼は一代で大富豪に

なった勢力的な人物だったがとてもハンサムだった。パメラにあったのは

初めてだったが、とても機知に富んだで隔たりのない態度でリサの不安はすぐ

吹き飛んだ。なにもかもうまくいっていたが、リサは頭痛と軽い眩暈を覚え、

自分が少しアルコールを飲みすぎたのだと考えた。

 ほかのメンバーが食後のコーヒーを飲むために席を離れようとした時、

断って洗面所にいこうとするリサをエスコートしてくれたのはパメラだった。

椅子や化粧台もそなえ豪華なプライベートスペースに案内したパメラは、少し

服が窮屈なようだから緩めた方がよいといいながら、あっというまにボタンを

3つも緩めブラの留め金をはずした。パルマはリサのすらったした魅力的な

身体に息をのんだが、自分の手で胸を覆いかくそうとするリサの手は厳しく

はねて、このまま空気にさらした少し冷やした方がいい、と言ったのだった。

見事な胸だこと、といいながらパメラがリサの眼を覗き込んだとき、リサは

少しぴりぴりしたが、この女性に魅かれるものを感じていたリサは、この

時点では危険を感じていなかった。

nomi tani 01

人前で犬のように扱われるご気分はいかが? 奥様・・・

Dan Oniroku 06

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード