FC2ブログ

飛行乗務員の屈服 第一章 出会い

「なんて美しい制服姿のスチュワーデスだろう・・こいつは毎朝制服に着替える

たびに、 自分でも惚れ惚れしているんだろうな。」

Stew1h.jpg


 と俺は考えた。細長い白い足、引き締まった体と金色の髪をなびかせたまさに

天使の顔(かんばせ)だ。『一人の時捕まえて強姦し。たたきのめしたくなる

美しさだぜ。』

 俺はこの美貌のスチュワーデスが自分の座席担当だと知って飛び上がった。

黒人のーそれも6フィート6インチの大柄な俺にその身体の上を無遠慮に眺めま

わされて、落ち着 かない様子だった。コーヒーのサービスで廻ってきた女の華奢

な手指を触ったとき、女の表情に一瞬の曇りが生じたのを俺は見逃さなかった

 「そうだろうな、あんたみたいな白人女なら、そうこなくっちゃ」

同時に俺は、ダイヤの指輪と、婚約指輪がその手にしっかりと装着されている

のを確認した。

 「よしよし、ちゃんと幸せな家庭もあるんだな」

 俺のコックは膨れ上がり、拍動を始めた。

 「壊し甲斐があるぜ・・・」

「『シェリー・トーマス』か・・」

 俺は名札確認した。

 「あんたの締まりのいいアソコを突き破ろうと俺の大きな

 黒い男根がムクムクと立ち上がったのをみたら、あんたはどう

 思うかなかな? ― シェリー・トーマスさん、あんたの魂の叫び声を聞かせ

 てもらおうじゃねえか!」

 実際はあんまり長いフライトじゃなかったが 嫌な客に付き合わされて、

 あんたいつもより2倍は長く感じたに違いない。

 飛行機が空港についたのと同時に、俺は少し離れた遠いラウンジに座った。

 だいぶ待たされてからようやく、ドアがあき、乗員の何人かが現れたが目指す

女はいなかった「ちぇ、早くしろよ」数分後、女は仲間の乗務員2人とともに

現れた。彼らが通路を歩いていくのを、俺は追いかけた

女性たちが空港を出て、乗務員用のバスに向かうのをみて俺はがっかりした。

 「いや、まだあきらめるには早いぜ」

 俺は自分に言い聞かせた。そう、俺の直感は正しかった。同僚2人はバスに

乗ったが、シェリーは彼等にさよならと手をふっただけでそのバスには乗り

込まなかったんだ。その代わり彼女が向かったのは、(乗務員用の)長期駐車場

行きのバス乗り場だった。それが何を意味しているかはすぐにわかった。女はこ

の市内に住んでいて、会社が用意した駐車嬢に車を止めて、そこからバスで通勤

してるんだ

ラブレター 第二章

私は、床にキーボードを置いて、足を大きく開いていますから、何をでも好きな

ようにしてください。木の枝で私を鞭打ってください、顔をのぞいていただければ

全身どこをぶたれてもかまいません。内腿は跡が残るほどぶってかまいませんが、

できれば私の毛深い陰唇や感じやすいクリトリスは避けていただければ幸いです。

私はできる限り足を開いたままにしたいと思いますが、つい閉じるしまうかもし

れません。申し訳ありませんが前もってお詫びしておきます。ただしその無礼な

態度をそのままにせず、お仕置きとしてさらに強い懲罰をくだしていただくように

お願いします。

0718002.jpg

 
 お願いですがら、残酷に打ってください。ただできればその前に私の手首を椅子

についた突起に縛りつけて、あなたの罰を私が勝手に避けられないようにしてくだ

さい。声立てないように勤めるつもりでいますが、我慢できるかどうかわかりま

せん。私の口にあなたのお履きになっているトランクスを詰め込んで、その上から

ダストテープ巻いていただけますか?私があなたの匂いをかぎながら罰を受けられ

るように・・

あなたがうんざりするまで枝をふるい、皮膚に赤く深い溝が刻まれた私がハードに

すすり泣きしながらでも脚を閉じないでいられるなら、私をレイプしてください。

もし失神していたら、それ以上のことはできませんが、もし、私にまだ意識があるなら、

あなたが私を貫くとき、あなたのコックに少しでも喜びを与えるために全力をつく

したいと思います。

ハイスクール出立ての処女ではないので、締まりがいいとはいえないかもしれませ

んが残った力を振り絞って膣を絞り上げようと懸命に試みるつもりです。

リサの転落 第二章

パメラは52歳で、髪はダークブラウン。背は人並みはずれて高く、胸のサイズ

は38インチと立派だった。

リサが挨拶代わりに交わそうとした唇に、パメラが舌をいれてきたのにはちょっと

驚いたが、リサの見るところ、パルマは冷静そのものだった。知らなかったのは

リサだけで、両者の夫であるピーターとジョンは二人を親密な関係におこうと

二ヶ月前からたくらんでいたのだ。

 キスをしながら、自分が同性の前でしどけない格好でいるのに気がついたリサ

はパルマの服も緩めようと手をのばしたが、その手は厳しく撥ね退けられた。

「だめよ、そんなことをするなら、手錠をかけてしまうわよ」

handcuffc_4_jpg_crop_display.jpg


冗談だろうと相手にせず、なおボタンを緩めようとしたリサの手に、パルマは

本当に手錠を装着したのだった。リサはショックを受けた。いまやリサは、

ハイヒールにストッキングとサスペンダーベルトを見に着け、極小パンティで

かろうじて秘所を覆いカップの入っていないブラを身に着けただけの格好で、

後ろ手に手錠をはめられてパルマの脇にたたされているのだ。今日の午後に

初めてあった、母といってもおかしくない年齢の女性と2人きりでこんな

格好をさせられているというのに何か内から熱いものが込み上げてくるよう

な思いをリサは感じていた。

パルマはリサの隣に立つと、この若い女の髪をつかんで顔を上向きにすると

「これから私のことはマダムって呼ぶのよ。わかった?」

リサは声を立てて笑い、このゲームを楽しむことに決めた・・・それがゲーム

などではないことをすぐに彼女も悟ることになるのだが・・・この時点では

何がおこるか、何も知らないリサだった。

「何を笑っているの?私は真剣なんだから。さあ、私をマダムとお呼び!」

そういいながらパルマはリサの乳首に金属製のピンチをはさんだ

「は、はい、奥様。」

「よろしい。私たちはこれから殿方の前で15分ほどちょっとした見世物を

するのよ。2人はブランディーを軽く呑んですっかりリラックスしている

でしょう。これからそこに出かけて私の言うとおりのパーフォーマンス

をするのよ。わかった?」

「はい、奥様。私は殿方の前で喜んで演じさせていただきます。」
 
 リサの同意を確認したパルマは、その極小パンティを引き裂くと自分の

ハンドバックに放り込んだ

0718005.jpg


「ジョンがアジアに出張にでかけたら返してあげる。こんなもの、今日は

必要ないでしょ?どうせ一晩中抱かれるつもりなんでしょうから」

「はい、奥様、もちろんですわ。」

 自分でもこのおかしなゲームになじんでいることにリサは驚いたが、

同時に不思議な期待も芽生えたのだった。

(たとえジョンが出張にでかけても、ここにくれば面白いことがありそうだわ。)


パルマは、リサの乳房を弄びながらリサの唇だけではなく耳にも首にも舌を

這わせ、粋な尻に定期的な平手打ちを食らわせた。手錠をされているリサは

それを甘受するほかはなかった。

パルマは次にリサの内股をはたいて広く両脚を開かせ、乳首を弄んだのとは

反対の手で陰唇をまさぐり、膣口に指を出し入れして愛液で秘所を湿らせた。

(いいわ、素敵よ。誰に命じられたかは聞かないけれど、いつもこんな風に

すべすべに剃りあげておくこと、いいわね」

リサの転落 第3章

パメラの巧妙な指さばきによりリサの息が荒くなり、あえぎ声が大きくなった時、

パメラは口を手でふさいで

「おおきな音をたてては駄目よ、いう事を聞けないなら口枷を使うわよ」

と脅した。

「まあ、手錠の次は口枷ですって?」

(どこまで恥ずかしい思いをさせられるのかしら?)

その思いが リサにオルガムスをもたらし、愛液が内股を滴り落ちて

ストッキングの最上部を濡らしたのだった。

「あら、言葉だけでイクなんてなんていけない子なの、あなたって! 

お仕置きが必要ね」

パルマは手加減をするどころさ、さらに陰唇への攻撃を荒くし、乳首をひっ

ぱったりつまんだり、さらには手荒く叩いたりしながら耳元でささやいた。

 パメラが責めを中断した時、リサは腰がくだけそうだった。乳首は膨れ

上がり、今までに経験したことがないほど長くのびたので、硬く膨れた乳房

の外側に不自然に飛び出していた。大陰唇もクリトリスも同じく膨れ上がり、

大きく開くように命じられた脚の間からだらしなく伸びていた。パメラは耳元で

「しっかりなさい。私はもうささえられないわよ、最後の仕度をするんだから」

とささやき、リサの臀部にパチンと平手打ちをしてから移動した。平手打ちの痕が

いつまでも赤く残るほどの強さだったが、さもないとリサはそこに座り込んでし

まったかもしれない。

 パメラは手を洗い、鏡台にすわってさっとメイクアップをしたあと、引きだし

から毒々しく赤い口紅を取り出しリサに後ろ向きになるように命じてから左右の

肩甲骨の真ん中に間に「アバズレ娼婦」の文字を書き込んだのだった。

手を伸ばしても拭うことができず、帰宅してシャワーを浴びながらでないと取れ

ない位置だった。それからパメラは手錠を外し、床の上のワンピースを身に着け

るようにリサに命じた。しかし7つのボタンのうち、留めるのを許された

のは真ん中の2つだけで、上から2つ目まで、下から2つ目までのボタンはそのまま

だった。そして身体についた愛液の痕や、染みのついたストッキングを替えることは

許されなかった。

「あの、メイクアップは?」

0718003.jpg


おそるおそる尋ねたリサにパメラは再び口紅を取り出すと、唇にそれを塗りたくり、

口に矢印を書いて「あなたのコックをここにぶち込んで!」

と走り書きしたのだった。

リサの転落 第4章

翌週、ジョンはアジア方面に出張した。一人でコーヒーをすすりながら、リサは
少しばかり羽目をはずし過ぎたこと、そしてその結果、自分が落ちいった境遇を
後悔していたが、その一方で突拍子もない冒険について誇らしくも感じていた。

「パメラ夫人か・・・」

リサはあの風変わりな、ジョンの上司夫人とどういう形で会うか悩んでいた。

しかし4日後、パメラの方から電話があった

「お元気かしら、アバズレ娼婦さん?お預かりしているあなたのthongを取りに
くる?それとも透明なビニールにつつんで香港のご主人のところに送る方がよろ
しくて?」

リサは驚いたが、自分でも驚くほど冷静だった。数日以内に受け取りにうかがう
のでもう少しあずかっていて欲しいと答えたが、それに対するパメラの答えは
衝撃的なものだった。

「そんな悠長なことはごめんだわ。2時間以内にいらっしゃい。前と同じ格好
でね。これは命令よ。」

電話口の向こうから甲高い声が聞こえたかと思うと、あとは機械音だけだった。
(いう通りにするしかないわね)リサは思った。

パメラ邸についたリサを迎えたのは無表情の日本人メイドで、部屋に案内すると
さっさと姿を消した。そこは壁をかけ布で蔽った広い部屋だった。間もなく髪を
後ろに束ね、顔はばっちりとメイクしをし、下の黒いブラが透けてみえるぴっち
りとしたシースルーのブラウスと短い巻きスカートを身にまとい、踵の高さが
5インチはありそうなハイヒールをはいたパメラが姿を現した。実際の年より
20歳は若くみえるその姿にリサは驚いた。

「お久しぶりね、アバズレ娼婦さん。あなたのthrongを取りにみえたの?」

「ええ、そうですわ。」

「そうです?何よその言葉使いは!」

「申し訳けありません、『そうでございます、奥様』でした。」

「よろしい。でも無礼な言葉使いをしたことに対してはそれなりの報いが必要ね、

そう思わない?」

「はい、奥様。その通りでございます」

リサの転落 第5章

「はい、奥様。その通りでございます」

「よろしい。今度はよくできたわ。それじゃ、ブラ以外身にまとってきた

あなたの趣味の悪い衣服をすべて脱ぎ捨てなさい!そして脚を大きく開い

て手を後ろに組んでここに立つ!」

指示通りにしたリサに脚をもっと開けと命じたパメラは

「感心にアソコはきちんと剃っているのね。その点は評価するわ。ところで

この間の手錠は気に入った?」

「はい、マダム。とっても」

とリサはこの点は素直に答えた。パメラとの会話が先日の記憶を新たにしたせい

か、リサの乳首は硬くなり今日はどんな調教が待ち構えているか、想像するだけ

で、身体の奥が熱くなるのを感じた。その日パメラが用意したのは踵の高さが6

フィートもあるハイヒールと、皮製の手足枷だった。ハイヒールをはいてバランス

をとるのはとても難しかったが、リサはどうにかこうにか立つことができた。

背中で手枷を装着しながら、パメラはとても似合うとリサをほめた。

(この女は私がよしというまでこの状態でいるつもりね、きっと。素質があるんだわ)

「あなたは専業主婦で、子供もいない。そうなのね?」

「はい、奥様。その通りです」

「よろしい、私はお前を奴隷として調教するつもりよ。それはお前のためでもあり、

お前を弄びたいと思っている人たちの願望にも合致することなの。おわかり?」

「ああ、奥様、そこまでは・・・どうかお許しください」

口で説明する代わりに、パメラはリサの頬に平手打ちを喰らわせた。

「反抗は許さないよ。お前はただ私の言う通りにして、新しい情況を楽しめばい

いのさ。嫌なら嫌でもいいよ。ただしお前の夫は失職し、今後イギリスではいか

なる職業にもつけないことを覚悟するのね。世界の果てに逃げても必ず探し出して

手紙一本でそこにいられなくすることなんか簡単なことよ。それでもいい?」

 それはまさに当のジョンに教えてもらった通りの台詞だった。最初はコメディ

のような展開に微笑さえ浮んでいたリサの顔は4日前のお遊びとは違う展開にしだ

いにこわばりとうとう瞳を潤ませた。パメラはさらにリアリティを持たせるため

に、再度リサの顔に平手打ちを喰らわせ、

 「泣くんじゃないわ」

と叱りつけた。

 リサの気持ちが治まるのをまって、パメラはあらためて若い奴隷の衣装を確認した。

 「準備はよさそうね」

 パメラは壁の覆いを引っ張り、そこに掛かっている様々なBDSM道具を見せた

 「まあ・・」

 「あら、使い方がお分かりなの?それじゃ話が早いわ。」

パメラはまず球形の口枷を取り上げた。

「ボールの色はやっぱり赤がいいわよね、若いんだから。いいわ、とっても

 よくお似合いよ。これで余計なおしゃべりはできなくなるけどね。」

gag-is-too-small.jpg


次に皮製の首枷、左右の肩同士、肘同士を結びつける紐が装着され、胸が前に

押し出される形になった。

「ちょっと苦しい?」

「い、いえ奥様。大丈夫です」

「そう・・じゃあもう少しレベルを上げましょう・・楽しいわよ、きっと」

パメラはリサの耳元でそうささやいた。

リサの転落 第6章

メラは壁にかけてあった伸縮自在の黒いゴム製のホットパンツを取り上げると

リサの脚の間において、2つのサークルのそれぞれに脚を入れるように命じた。

「次はこれね」

パメラがリサの目の前に突き出したのは奇妙な格好をした、黒い中型アナル

プラグだった。

「このヒト、狂っているわ。」

リサは震え上がった。パメラは指でリサの陰唇を弄んだが、緊張のためか、以前

ほど愛液で潤わなかった

「調子は今一つね。でも結局はあなたが辛い思いをするのよ、こんな風に」

なんとかプラグを飲み込んだリサだったが、まだ十分弛緩していない括約筋をプラ

グが通過するときの痛みは想像以上だった。5インチのディルドを膣口に挿入した

あと、ホットパンツが引き上げられたが、意識的に実寸よりも小さめなパンツの効き目

は絶大で、挿入された2つの道具はさらに奥深く挿入される形で固定された。それは経験

したことのない感覚をリサにもたらした。次にパメラは特製ブラを装着した・・乳房の

根元に皮製の紐が食い込むために乳房は瞬く間に紫色にはれ上がった。

「いいわ、素敵よ、アバズレ娼婦さん」

とパメラは言ったが、リサはただ呻くだけだった。次に開脚器ともいうべき長さ22

インチの金属製の棒が

両足首に固定され、その惨めな格好はあらゆる角度からカメラ撮影された。

「これで一段落ね。ああ疲れた。じゃあ私はコーヒーをいただいて一休みしてくるわ。

あとはハナコが、ああ、先ほどあなたを案内してくれた日本人メイドの名前よ、ハナコが

面倒をみてくれることになっているから」

(こ、この姿をパメラだけではなく、メイドにまで晒すの?)

リサはいまにも腰が砕けそうだったが、なんとか持ちこたえた。

「心配ないわ、アバズレさん。ハナコはとってもいい子だから心配ないわ」

笑いながらパメラは部屋を後にした。

リサの転落 第7章

2分後、ハナコが姿を現した。相変わらずメイド姿だったが、脚には踵の

高さが5インチのハイヒールを履いていた。

0721001.jpg


「歩きなさい!」

指示通りに一歩前に出たリサは、たちまちバランスを失って倒れかけたが、

ハナコが首枷から垂れ下がる鎖をほとんどリサが窒息するくらい引っ張った

ので、なんとか姿勢を立て直すことができた。

足首同士が金属製のロッドで結ばれているため、緩慢な動きしかできず、

おまけに動く度に股間に想像を絶する刺激を受け、たちまち動けなくなっ

たリサに、ハナコの怒声が浴びせられる

「なにをしているのよ、まだ一歩しか動いていないじゃない」

ハナコは前にまわると、リサの乳首を千切れそうなるまで引っ張った。

ようやくコツをつかんだリサだったが、10分もそうして歩きまわっている

うちに、陰唇は熱くなってきた。

ハナコは階段を降り、地下のガレージに通じる門のところで立ち止まった。

「まさか、このまま屋外へ連れて行こうっていうの?」

ハナコは首枷に結ばれた鎖を両脚の足首に装着した金属製ロッドの中央に

結びつけた。鎖はそれほど長くないので、リサの背中は曲がり、胸を突き

出した卑猥な格好になった。

「まあいい格好だこと・・まるで雌牛みたいよ・・・オッパイを触って

頂戴って突き出して・・・でもちょっと疲れたでしょう。ご褒美に口枷

をはずしてあげるわ」しかしそれはリサを休ませるのが目的ではなかった。

ハナコはリサの唇に情熱的にキスをしながら、乳首をソフトに弄んだ。20秒後、

もう少しでリサがクライマックスに達しようとしたとき突然ハナコは唇を離して、

今度は乱暴に乳房に平手打ちをした。20秒後またソフトなキスと乳首への愛撫、

またしてもあと少しでクライマックスというところで残酷な仕打ちが繰り返

された。

「お、お願い。イカセて・・」

しかしちょうどその時、男の笑い声がした、。
プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード