FC2ブログ

第15章 媚薬とストリップ

分厚いコックの亀頭全体を咥えたあと、頭上から男の賛美のうめき声を浴びせ

かけられたローリーはひとりでに舌が前後左右に動いて唾液が濃くなり、薬指

のダイヤモンド・リングが激しい手の動きであやしく輝くのを感じていた。

「どうしたのだろう、わたしったら・・こんなことをするなんてまるで娼婦そ

のものじゃない」

思わず頭を遠ざけようとしたローリーだったが、太い腕が髪をつかんでそれを

阻止した。あきらめたローリーは再びコックにむしゃぶりついた。船旅でのあ

の事件以来以来、この行為を夫にせがむことはなかったが、ローリーは何度も

その光景をー重要な会議でのプレゼンテーションの直前まで反芻していたの

だった。ほぼ9インチのコックは彼女のどの奥に消え、形のよい鼻は、男の

短い縮れた陰毛に埋まったのだった。しばらく後、ローリーは放出された白濁

液を飲み込んだあと、腹を押さえて吐き気に耐えていた。男がコックをのどか

ら引き抜いたのでなめらかな精液は彼女の口唇を覆っていた。ゆすり屋は肘掛

け椅子から立ち上がると彼女にグラスを手渡しそれに小瓶から液体を注いで

「飲めよ、身体が暖まるぜ」

とつげた。それは本当だった。

「お酒かしら?」

― かすかなカンゾウ味覚がする飲み物 ― それが喉元を潤し、腹まで温かく

なった。しかしその中に女性用媚薬であるスパ二ッシュ・フライがはいって

いることーそれはただちに陰唇を刺激し、その疼きはただ熱い精液だけが鎮め

ることができることを彼女は知らなかった。

肘掛け椅子にもどったゆすり屋は、ローリにちょっとしたエンターテイメント

を提供するように命令じた

「そうだな、男がそそるような― ストリップをしてもらおうか」

もはや男の言いなりになっているローリーは首の後ろに手を伸ばして、ドレス

の留め金を外しゆっくりとジッパーをおろし始めた。陰唇をつきあげてくる

欲情のおもむくまま、ローリ-は必死にアピールした

(ああ、もうだめ・・我慢できない、頂戴、ほ、欲しくてたまらないのよ)

予想どおりに展開にほくそ笑みながら、男はあえて冷静さをよそおった

「だめだ、だめだ、そんなんじゃ。誰も見向きもしないぜ」

060101.jpg


黒いドレスはとうとう床に落ちかかとの回りに円を描き、ローリーは男の前

にレースの黒いパンティとブラだけで立った。次に震える手でブラをはずし

て男の前にさらした胸のピンクの芽は、そこに節くれだった男の手が伸び、

髭だらけの口で吸われることを期待して固くなっていた。背中に手をまわし

震えている指でブラの留め金を外して、目をみはっている男の前で胸を露わ

にした ― しかし男はにやにやしているだけで手を出さない・・ついに女は

腰のバンドを外し、秘所をさらしたのだった。

第16章 催促

さすがに男は腰をあげた・・そして今や黒いヒールだけを身につけて震えている

ローリーの前に立ったが、その背の高さは見上げるばかりで、胸と腰の厚みは圧

倒的だった。視線を下したローリーは、垂直を通り越して天井を向いている男根

の逞しさにあらためて目を見張った。男は女の両脇に大きな手で置いたかと思う

と、簡単にローリーを空中に持ち上げ、今度は自分の胴を押し付け両脚を割ると、

黙ってローリーを見つめた。ローリーが男の太い首に手をまわしてぶら下がる

と、オマールは素早く手を両脚に廻し、ぐいぐいと前に進んだ。ローリは男が何

をするつもりか悟ってパニック状態だった。

高く持ち上げられたローリーの肢は大きく割り裂かれて、真下で突出している

とがった先の上に降ろされようとしているのだ。媚薬のために、突き通されたく

てたまらないローリーであったが、あの黒い怪物に堅い割れ目を突き通されて、

完全に癒えるまで何カ月もかかったので、再び同じことがおこるかと思うと震

えあがった。

 ついにローリーの全体重が分厚い球状の亀頭にかかり、彼女の切れ込みの中

に少しずつ姿を消していった。

ローリーは叫んだ ― 突然彼女は背中に冷たい壁を感じたのだ。モーテルの部屋

の壁で遮られたため、ようやく止まったローりーはいわばレイプ犯のコックで

壁に文字通り釘づけにされていたのだった。彼女の肉体の中に深く食い込んだ

男根にローリーの陰唇がしっかりとからみついていた。

“Oooohhhhhhhhhh……………………ohhhhhhhhhhhh………………ohhhhhhhhhhhh!”

すでにずぶ濡れの陰唇に巨根が出入りするたびにローリーの痛みはしだい

に喜びにかわっていった。

男のウエストに女の白い足がまきつき、その両足首がロックされたので女の黒い

ヒールのとがった先端が彼の腿を傷つけた。おまけに背中に届いたローリーの手

は固く握りしめられたので、とがった爪が背中に痕をつけたのだので、オマール

は笑い出した

「まるで,銃口を突き付けられて早く早くと催促されているみたいだぜ」

第17章 前から後ろから

男はもういいだろうと腰を突き出し、さらに奥まで男根を押し込んだ。。

近ずくのを拒絶するかのように男の胸にあてていた手が急速に力を失い、

彼の背中にまわったのでいっそうそれは容易になった。女の鋭い指の爪

が男の黒い背中を傷つけた。

「そうよ………………いいわ……………もっと、もっと頂戴」

(はじめてだからクスリの効き目も半端じゃねねな。もっとも5倍量を

奮発したんだからあたりまえか・・)

男は彼女の変貌を楽しんだ。

“おおおおお………………………….すごいわ……………………

ああ、すごい・・・私、私イッちゃうわ、ねえいいかしら、イッ

ちゃううううううう・・・・」

目の前で明るい閃光が煌めき、彼女の痙攣している陰唇は、熱い噴火

をはっきりと感じたのだった。行き所のないなめらかなザーメンは

ローリーの狭い膣では受け止めきれず、あふれ出したのだった。

ローリーの意識はゆっくりと遠のいていった。

sw2g_20120603085736.jpg


 20分後、目覚めたローリーはベッド脇の床の上に敷かれたマットレス

の上にうつぶせに、横たわっていることに気がついた。

ハイヒールを履いていることは変わらないが、肢を閉じようとしても

ロープで縛られ大きく開かれたままだった。脇にレイプ犯がたっていた。

「そっちは初めてだったな。俺としたことが・・へなちょこ白人坊や

 じゃ無理だろうけどな」

「神さま…………………この男は犬のような私に後ろから襲いかかろう

としているんだわ」

彼女は震えた。しかし事態はさらに恐るべきものだった。彼が狙っていた

のは背中から陰唇に彼の男根をすべり込ませることでなく、直接肛門を

狙うことだったのだ。「だめよ、だめ・・そんな罰あたりなことは許さ

れないわ・・・第一無理よ、そんな化け物並みのコックを・・・ああ・

無理よ。大きすぎるわ」

しかし彼はそんな悲鳴を楽しみこそすれ、女に配慮するつもりなどさら

さらなかった。初体験の行為を嫌がる若妻に行うこんな状況はそう経験

できるものではない。

そして、つらい痛みと肛門をだいなしにされるという屈辱がローリーを

打ちのめした。吐きだされた精はもちろん腸に入りきれるはずもなく、

ドクドクと外に溢れ出し、オマールは微笑むと、デジタルカメラで何枚も

決定的瞬間を記録した。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

第18章 儀式

その時時計を見て、男は微笑んだ ― ちょうど 彼の仲間の乗組員が到着

するはずの時間だった。ノックの音がして、乗務員たちが乗り込んできた。

 女の家庭をそのままにして、港につくたびに女を呼び出し、仲間に

売春をあっせんさせるという考えをオマールは遠の昔に捨て去っていった。

「そんなチマチマしたやり方じゃ危険ばかり多くてたいして儲からねえや。

やるからには多少のリスクがあってもドカンといかなくちゃ」

ついこの間まで完璧な若奥さまだったローリー・ウォーカー夫人を丸ごと

売り飛ばして大金をせしめるんだ。まず手始めにできるだけたくさんの男

と絡ませて、白人インテリキャリアの尊厳を木端微塵にするんだ・・彼は

ひそかに狙っていた。

205-b.jpg


哀れなローリーがもう一度目をさますと、見知らぬ男性が彼女の裸の体を

なでまわしていたので、彼女はすっかりおびえあがった。

「ラウルにヌーギャン、それに、ナイジェルだ!」オマールは男の一人ひ

とりを指さして紹介した。それから、ラウルとヌーギャンは彼女の左右

の腕をつかみ、ローリーを、マットレスの上に立たると、もう一方の手

を内股に入れ、脚を広く開かせた。その間に滑りこむようにナイジェルは

横たわり、先ほどとは反対にローリーはゆっくりと腰を下ろすことを強制

させられた~ちょうどナイジェルの太くて黒いコックが彼女の締りのよい

陰唇の真下にくるように・・さらにローリは自身が前方へ引かれてアヌス

がむき出しになるのを感じた ―ヌーギャンは 彼女にソドミーを行おうと

していたのだった。 ― ラウルは女の髪を握って、その口にみずからの

コックをねじこもうとしていた。

「サックするんだベイビー、すぐに好きでたまらなくなる。へなちょ

こ白人坊やや仕事の事なんかすぐに忘れるさ・・もっと笑うんだ、もっ

と」

笑える訳がない、と顔をこわばらせたローリーだが、前から後ろから

突き上げられて、いつしか恍惚の表情を浮かべていた。

205-c.jpg


2時間の間、3人は交代で、陰唇とアヌスと口を交互に犯していった。

ちょうど3人の男性に3つの口を試されたあと、ローリは臀部に

激痛を感じた ― 。それはオマールが彼女の臀部に突き刺した皮下

注射針のためだった。2、3分たたないうちに彼女は気が遠くなった。

 ローリーは3人の男の体液まみれになった肉体をシャワーで洗い

流す暇もなく分厚いシーツで巻かれ、 ― オマールがモーテルの側に

とめた彼女自身の車のトランクに3人の男たちの手によって放り込

まれた。

「いい玉じゃないか、これはもうかるぜ」

オマールはローリーのハンドバックから財布を取り出すと、3人に

手間賃と、モーテルに払う料金、それにパンティとブラを渡して、

下着は適当に始末すること、そしてモーテルの従業員に伝言して

もらいたいことがあるんだ、と切り出した。

「こんないい女を抱いた上にこんなにもらったんだ。なんでもす

るぜ」

「ありがとう、モーテルの予約は女の名前とアドレスで俺が押さ

えておいた。だから実際にも女が先に到着して、俺たちを引っ張

り込んだことにしてくれ」

「お安い御用だ」

オマールは港に向けて車を全速力で走らせた。

第19章 奴隷宣告

メキシコへ最後の船旅の間、オマールはあちこちの知り合いに連絡をしまくり、

とてつもないチャンスをつかんだことを実感していた。この船の乗務員として、

船室の底にどんなものを隠していようと怪しまれずに済むのだった。

オマールは乗務員としての勤務の傍ら、それとは比較にならないほどの収入を

もたらすサイドビジネスを起こすチャンスが到来したことに気がついた。それ

は白人売春斡旋業者だ。メキシコの売春宿の所有者に美しいローリー・ウォー

カーの写真を見せ、無事届けることを前提に2万5000ドルという大金を受け

DSC_0298.jpg
取った。

「これからどういうことが待ち構えているかわかるよな、お前はがサン

チェスさんに無事とどけられるーそしてお前は客をとるんだ。白人女の

あそこに自分の茶色のディックをぶちこみたいと、それしか考えていな

い大勢の男たちをくる日もくる日も相手にするんだ・・すごいだろう?

hooker-image-1-674810471.jpg


もう下半身が熱くなってきたんじゃないか?お前さんの純潔なんかだれ

も気にしちゃいない。だから向こうにつくまでちょいとこの船で稼いで

もらっても、サンチェスさんは気にしないだろう・・俺が何をいいたい

か、わかるよな?」

オマールはそう結んだ。

第20章 変身

話は少しさかのぼる

 ローリーが目覚めたのはモーテルのおぞましい事件の翌日だった。ようやく

目覚めた女は二度と戻りたくなかった、あの「船室」にいた。一糸もまとわぬ

みじめな姿で粗末なベッドに大の字に括られたローリーに、あのおぞましい声

がかたりかけた

「シンデレラはようやくお目覚めかい?」

船室の下で周遊船エンジンが大きく鳴る音を聞き、ローリーは自分が海上にいる

ことをいやでも理解したのだった。

「もうわかったろ?昨日のことは夢じゃなくて現実なんだ。そして今お前がここ

にいることも、これからおこることもすべて現実なんだ」

それでも、ローリーはごくありふれた、無駄なつまらない言葉を口にしたので、

オマールは笑いを禁じ得なかった

「だめよ、戻らなくちゃ・・夫が不思議に思っているわ。」

「まだわからないのか?自分がどんな立場にいるのか・・・」

 オマールがラジオをつけ、ニュース番組が流れ始めた。州警察だけじゃなく

て国中の警察が行方不明のローリーウォーカー夫人の捜索に動いていること、

当初第三者による誘拐か犯罪説が有力だったが、夫や勤務先にも行き先や目

的を告げず、長距離を自家用車でモーテルに入ったことが判明するにつれ、

事件はにわかにスキャンダルの様相を呈してきた・・ローリーは自分がとん

でもない試練に直面していることをようやく理解しはじめた。

 「だいたいは飲み込めたようだな・・だがそれだけじゃ不十分だ。これ

から何がおこるのか、お前の身体で悟るんだな」

 オマールがにやにや笑いながらどこかに携帯電話をかけると、オマールにも

劣らない大男たちが、どやどやと7人も入り込んできたのだった。

0606004.jpg


「ここが、防音装置つきだということはこの間教えたよな。だからうんと泣き

叫ぶがいいぜ、声がかれるまで・・・猿轡なんか締めたら口でおしゃぶりが

できなくなっちまうものな」

 そういいながらオマールは部屋の四方の壁を覆っていたカーテンを引くと

大型の鏡が次々と現れた。あっけにとられるローリーを尻目に、オマールが

ボタンを押すと天井にまで鏡が現れた。

「どうだい、これでどこを向いても男に苛まれる自分の姿が見えるってわけ

だ。これだけの工夫をしているんだぜ。うんと楽しむんだな。」

第22章 第二の人生

メキシコに到着するまでの 3日間で、、ローリ・ウォーカーは、愛らしい主婦

から、口でも、陰唇でも肛門でもとにかく穴という穴に男根をぶちこまれるこ

とを切望するみだらな娼婦に変身していた。もはやローリーは男の精を身体に

あびることなど、なんとも思わなくなっていた。顔に胸に、頸に・・男の

コックから放出される白濁液から顔をそらすどころか、積極的に身体を近ずけ

至近距離からそれを浴びようとしていた。

prostitution-is-slavery.jpg


オマールは希望した乗組員には全員彼らの欲望の果たす機会を与えたが、その

ためにまず、アンケートに答えることを要求した。希望日はいつか、午前か午後

か、どんなプレイが好みか?オマールはそれをもとに、それぞれが満足しつつ、

しかし効率的に複数プレイが可能であるように組み合わせを考えたのだった。全

員が肉弾戦を好んだわけではなかった。中には7人の男が彼女に襲いかかるのを

見るだけ、または女の絹のようなブロンドの髪で男根をくるみ、そこに熱いザー

メンからなるクリーム状のシャンプーを提供するだけのために金を払うものもい

た。しかし、暴力や拷問プレイは完全に排除された。オマールは彼の切り札を

丁重に扱い、肌の艶や清潔さ、さらに栄養には十分配慮した。

「ピルも飲まないで、こんな生活を続けていたら、また赤ちゃんができちゃう

わ・・」

ローリーの訴えを聞き流していたオマールはあまりのしつこさに根負けしてとう

とう「真実」を語った。

「お前の腹が膨れて一番困るのは誰だ?俺だよ俺。目の前にぶら下がった大金が

ふいになっちまうんだぜ。俺が自分で自分の頸を締めるようなことをするはずが

ないだろう」

「だって、だってこの間の航海では・・」

「じゃあお前はなぜあの産婦人科医院を選んだんだ?しつこくメールが届いたか

らだろう?秘密厳守とかなんとかありきたりの文句にだまされてアソコを選んだ

んだろ?」

 ローリーの顔はしだいに青ざめていった

「それじゃ私のアドレスを教えたのはあなた?」

オマールは返事をする代わりににやにや笑うと、

「気が動転してろくに請求書も見なかったんだろ?お前はあのときついでに卵管

結紮術も受けたんだよ。二度と間違いを起こさないようにな。誰の胤かわからな

い子供を生まなくてすむ替りに愛するダーリンの子も生めない身体になったとい

うわけだ」

 ローリーの泣き声は部屋中に響きわたった。

「おやおや、嬉し泣きかい、お姫様。これでお前は男を喜ばすだけの道具に生まれ

変わったというわけだ。よけいなことを考えないで、ひたすら快楽に溺れるだけ

の、第二の人生が今はじまったんだよ」

第23章 密輸品

そして、毎晩最後のグループを送り出し、いつもより入念にシャワーを浴びた

あと、オマールと夕食を食べたローリーは翌朝までベッドをともにするのが

常だった。疲れ果てたローリーは床につくや否や眠り落ちた。もちろん、オ

マールは欲情した時は遠慮なく彼女の睡眠を中断したが、それよりもローリ

ーに起こされることが多かった。入浴後股間にたっぷりと塗りたくられた

媚薬は、疲れ切った女の睡眠を妨げるほど強力で、その疼きから解放される

ためには、オマールのコックを立たせ、そこに跨って腰をふるしかないの

だった。

3日目の朝、身体の隅々までシャワーを浴びて、乗船前と同様、上品な薄化粧

をしたローリーは ― 黒いドレスとヒールを着て下船の準備を終えたが、かな

りのウイスキーと媚薬を飲まされたされたおかげでほとんどまっすぐに歩く

ことができず、オマールと彼の信用する乗組員に両肩をささえられるようにし

て、階段を下りてきた。彼らが乗り込んだ

モーターボートで、ドックの反対側に急行した。オマールとローリーが乗り込

んだのは岸壁に待機していたバンで、

太ったよごれた薄汚いメキシコ人ドライバーは、チラッと2人に視線を走らせ

ただけで無言のまま車をスタートさせ、町で最もみすぼらしい部分に急行した

のだった。

一目ローリーをみて有頂天になった売春宿オーナーはただちに二万五千ドルの

束を渡したあと、もはや彼の商品となったローリーをチェックしはじめた。
プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード