FC2ブログ

ちょいと一杯のつもりで呑んで・・・

リサは自身を自立した女性で、怖いものなどない、と考えていた
だからそのレスビアン・バーにも気まぐれで立ち寄っただけで、ちょっと一杯
ひっかけるだけのつもりだった。

 でもその態度がその店の常連たちにはお気に召さなかったらしい
気がついたときには目隠しをされて地下室で弄ばれていたのだった。

しかし一方で彼女たちはリサが気をやるのを決して許さなかった
「蛇の生殺し」状態にして、いたぶったのだった。
 
1_2.jpg

お化粧の仕上げ

「何をされるの?」
「お化粧の仕上げよ・・・これでどこのパーティに出ても恥ずかしく
ないわ」
「恥ずかしくないって・・・これ以上恥ずかしい格好はないわ

GHJ.jpg
しかしその声は消え入るようで
眼はうつろだった
「はい、できたわ・・・今のあたなにぴったりよ。あとはあなた次第・・・・
素敵なパーフォーマンスを楽しみにしているわよ

キャプチャ



相手が乱暴に襲いかかってくるなら
むしろ諦めがついたかもしれない
しかし男がまず行ったのはシャツのボタンをナイフで千切り取り
ボトル一杯のスポーツドリンクを飲ませて口をテープで封じ
じっと待つことだった
 少しずつこみ上げてくる尿意を感じながら女は俯いていた。

 
99b9.jpg

マニュフェスト1

ひとたび画像を投稿すれば、後戻りはできません
投稿した瞬間、何千人もとはいわないまでも何百人もの
眼に触れます。当然それらは各々のPCに保存され、自由に
いろいろなサイトに投稿されます。それをみた別の男女が
同じことを繰り返し、それが際限もなく続くのです・・・

qqw1.jpg

マニュフェスト2

あなたの愛人が18歳を過ぎたらすぐ投稿をはじめましょう・・
そして性生活で現役である間は(実年齢に関係なく)投稿
を続け、他の愛好者と共有するのです!


qqr2.jpg

顔も、股間も、アヌスもすべて露出すること!
「隠す」行為は認められません・・・「共有」がすべてです

マニフェスト03

情報をアップする
ならすべて実名で、実際に使っているアドレス、電話番号
を含めるべきです。もちろん年齢や出身、性的な好みまで、
あらゆる情報を書くべきです!

qqr4.jpg

夜のお出かけ

さあ、コートを羽織ったらお出かけよ
外から中がどんな風になっているか予想は
できないから安心しなさい・・・楽しい夜に
なりそうね。
 車にはいったらそのテープは取ってあげるわ
あなたのご主人が、「運転手」になってくれる
そうよ。彼にはお金ではなく、女の子の口舌
サービスつきだって、誘ったの。ご心配なく・・・
サービスするのはあなたではなく別の娘だ
から・・・
 もっとも彼女の「料金」はあなたのキャッシュ
カードで支払ったんだけど・・・

3re.jpg

仕上げは深紅のルージュで

いいわ、きっとパーティでも殿方の眼はみんな
あなたに釘ずけよ・・・
 でも少し顔色が悪いわね
紅いルージュはいかが?

tumblr_nn2d29oIhG1r43ttjo1_1280.jpg強調文" />

ユニフォームにひと工夫を・・・

 女子サッカー世界選手権終了・・・
 ユニフォームにあとひと工夫が
 欲しかった・・・

tumblr_nql36kuW5g1tyw73vo1_500.jpg

tumblr_nql36kuW5g1tyw73vo10_540.jpg


水責め・梅雨責め

雨はどこでも被害をもたらします・・・

qqr8.jpg

婦人科診察その1

できるだけ人目につかないクリニックを
選んだつもりだった
やけに病歴/性生活についてを細かく聞
いてくるというのが第一印象だったが、
肝心の婦人科の診察になるまで、診察
は延々と続いた
「心音を聴くのに乳房を圧迫する必要が
あるのかしら?」

e2r09.jpg

産婦人科診察02

ドクターは丹念に下腹部の触診を怒った
「一応リンパ節の腫大があるかチェックしておきますね
 万が一性病の時などは必ず腫れますから・・」
なんて失礼な・・・と私は一瞬カチンときたがドクターは
あくまで真面目だった。
「体温も測定しておきましょう・・こちらの方が性格ですから」
そんな必要があるのかしら、と私はびっくりした。最初にナース
がもってきた体温計はドクターの「だめだ、もっと太いやつだ」
の一言で却下された。


er0019.jpg

産婦人科診療03

「じゃあ次は尿検査ですね
このコップに半分以上でないと正確なデータが
とれないのでよろしくお願いしますね」
なぜトイレがガラス張りで周囲から丸見えなのか
よく分からいけれど・・・
「半分ですか・・・がんばりますわ」
ようやくOKサインがでて、身体を拭いている間に
看護師が試験紙でチェックしていた・・・この時、
彼女が尿に何を入れていたのか、その時は
わからなかった。


erf01.jpg

一日履いただけなのにね・・・
まあ、昨晩はパーティでだいぶ盛り上がった
みたいだけど・・・
 あなたって根っから淫乱ね。匂いをかげば
余計はっきりするでしょ?


Sniffing_(16).jpg

ホテル支配人哀歌その1

ttrrqq001.jpg

ヘレンは今進行しつつあることが信じられなかった。
彼女の理性も、肉体も、全身が、そんなことをしてはいけないと
止めるにもかかわらず、それでもなお彼女は、邪悪な笑みを
うかべて自分をみている2人の同性の前で服を脱ごうとして
いた。 最初は拒否することしか考えられなかった、しかし彼
女はそれが結局タラスに自らの手で脱がせる、という「悦び」
を与える結果にしかならないことを悟り、眼を閉じてゆっくり
と服を脱ぎ始めた

woman-with-beautiful-skin.jpg

「急ぎなさい、これからお楽しみが待っているんだから」
にやにや笑いながらタラが言った、「衣類を脱いで、アリスに
わたしなさい。紛失したパールのネックレスをどこかに隠して
いないか確認するのよ。私はそれらを盗んだのはあなただと
確信しているの」ヘレンは、手を震わせながら、上着を脱ぎ、
つい10分前まで自分の部下であったアリスにそれを手渡した.

ホテル支配人哀歌2

アリスは手にとったおしゃれなビジネス服
を手にすると、襟の裏までチェックしポケットを裏返し
してそこになにもないことを確認すると、それを気軽
に床に放り投げた。

「続けなさい、今度はシャツよ」、ヘレンはこれから
自分を待っていることを理解した。それでも勇気を
振り絞ってボタンを外そうとためらいながらも一番上
のボタンに手を伸ばしたとき、アリスが訪ねた。
「手を貸した方がよろしいですか、タラさん」
「いえ、結構ですわ」
とヘレンは、前の上司が衣服を脱ぐはぐのを手伝
うという以上にアリスがもくろんでいることを悟って
いった.
ヘレンは絹のブラウスを脱ぎアリスにそれを手渡
して、ため息と共に彼女のスカートの後側のチャッ
クを開けて、そして同じく彼女にそれを手渡しました、
アリスはチェックが終わったそれらの衣装を床の
上の上着の上に積み上げた。 ヘレンはピンクの
ブラとパンティーにストッキングとハイヒールだけ
を身につけて、ホテルの客用の寝室で2人の同
性の前に立っている~状況全体は完全にばか
ばかしかった。

ホテル支配人哀歌3


「見て頂戴、タラ。もう十分でしょ。あなたとは昔、
 学校での折り合いがあまりよくなかったことは
 事実だけれど、それはずっと以前のことでしょう。

qwe002.jpg

 あなたは私が泥棒ではないことを知っている
 んでしょう、後生だからもうこんなことは止めて
 頂戴、私は宝石も何も持っていないわ。もうお
 楽しみは十分でしょ!」 タラはただ笑った
「まだ始まったばかりじゃない・・・そしてこれは
あなたが自分から告白することを望まない限り、
始くのよ、お分かりだと思うけど」.「勝手になさる
がいいわ、捜索し終えればあなたには私が何も
持っていないのを理解してもらえるでしょう。そう
したらどうか私の服を返して頂戴」。
「そういう台詞は最期にいうものよ」とタラが言った、
「まだ始めまったばかりじゃない。さあ、ブラを外して」
ヘレンは、いやいやながら背中に手を伸ばして、留
め金をはずし牛乳のような白い胸を片手で覆いな
がらもう一方の間手でゆっくりとブラを抜き取り、
アリスにそれを手渡した。

choose_right_bra_600x450.jpg

bondage magazine 005

古い雑誌かとおもっていましたが・・
eerr01.jpg

ホテル支配人哀歌4

「今度はあなたのかわいいピンクのパンティー」
テラはくすくす笑いながら言った。彼女はもはやヘレンが
拒否しないことを確信していた。
ヘレンは胸を片手で覆いながら彼女のパンツをひざ下まで
引き下ろすと、素早く、脚を持ち上げてそれを取り去ること
に成功した。

278aa.jpg


「拾い上げて、アリスに手渡しなさい、おバカ女」
ハイヒールとストッキングのみを身につけた惨めな
格好で部屋の真ん中に立っているだけでも十分屈辱
的だったが、、Tara.it におバカ女よばわりされることは
生涯経験のないほどの屈辱だった。
 爆発寸前で我にかえったヘレンは自分の置かれてい
る状況を理解した。おずおずと膝を曲げ、これ以上露出
範囲を広げないで捨てられたパンティーを拾い上げよう
としたが、胸と股間を隠したままではそんなことができる
わけないことは明らかだった。一瞬躊躇したあと、ヘレン
は身体を折るように曲げ、胸をおおっていた手を可能な
限りす速く動かしてパンティを拾い上げるとににやにや
笑っているアリスにそれを手した。そのあと、ヘレンは何
事もなかったように胸と股間を隠しながらまっすぐ立った

アリスはパンティーをざっとチェックすると、喜びを隠せ
ないタラにそれを手渡した。タラは舌舐めずりをしながら
まだ温もりが残るその布切れを徹底的にチェックして
から、床に積み上げられた衣服の山の一番上にそれ
を乗せたのだった
「上着もシャツもずいぶん安っぽいわね。おまけにこの
下着、スーパーの安売りで買った中国製じゃないの?」
と、慎み深く手腕で胸と股間を視線から隠しながら自分
の前に立ったヘレンに嘲笑を浴びせながら、タラは鼻息
荒く言い放った。

ホテル支配人哀歌5

アリスはパンティーをざっとチェックすると、喜びを
隠せないタラにそれを手渡した。タラは舌舐めずりを
しながらまだ温もりが残るその布切れを徹底的にチェッ
クしてから、床に積み上げられた衣服の山の一番上に
それを乗せたのだった
PP.jpg


「上着もシャツもずいぶん安っぽいわね。おまけにこの
下着、スーパーの安売りで買った中国製じゃないの?」
と、慎み深く手腕で胸と股間を視線から隠しながら自分
の前に立ったヘレンに嘲笑を浴びせながら、タラは鼻息
荒く言い放った。

ホテル支配人哀歌7

ヘレンとサラは同窓であった。高額の寄付金と引換えに
入学した資産家の一人娘であるタラは、衣服の値段など
考えたこともなく、同じような家庭環境を持つ友人たちと
面白おかしく学園生活を楽しんだのに対し

abab02.jpg

ヘレンは実力で入学試験を突破し、奨学金を得て学業に
励み、成績も極めて優秀だった。

abab01.jpg


ヘレンの親は誠実で、それなりの教育を受けていたが
財政的に彼女を支援することができなかったので、彼女
の生活は極めて質素で衣服も実用本位のものに限られ
ていた。その習慣は社会に出ても変わらなかった。父親
が失職中で彼女の収入は家族にとっても貴重なもので
あり、彼女はこの仕事を失うことができなかったのだ。

「頭の上に手を置いて。そして脚を開いて立つ!」
とタラが言い放った
 それが単純なことでも込み入ったことでもとにかく言われた
通りに動きなさい・・・逆らったり逡巡したりすればアリスの
出番になるわ・・・彼女は喜んで手伝ってくれるでしょう。
まずあなたの身体をゆっくり観察させてもらうわ」

入会は認めるわ、ただし・・・

新入生諸君の入会を認めます・・ただしあくまで
上級者に従う下級者としてよ


02_40.jpg

ホテル支配人哀歌8

アリスは自分をよく知る同性の責め手の前で素肌を
さらし、しかも手で胸や股間を隠すこともできない
フラストレーションですすり泣くヘレンに近ずき、サラ
の命令にいつでも反応できるように身構えた。 ヘレ
ンは目を閉じた。彼女の優秀なスタッフたちは普段
勤務するオフィスのすぐ上のホテルの一室で自分たち
の上司が彼女の生涯で最も屈辱的な経験を味わって
いることなど夢にも思わず、いつもと同じく精力的に
仕事をしているだろう。

office_2130227b.jpg

眼をつぶることにより眼前で展開しつつある悪夢から
ー実はそれこそが現実なのだがー逃避しないと、気
が狂いそうだった。
 しかしつかの間の心の平安はサラの一言でたち
まち破られた

ホテル支配人哀歌9

「目を開きなさい、言われた事以外のことをするのは厳禁
よ。私が十分にあなたを観察できるように、机により近く
よりなさい。それとアリス、私の後ろに部屋の隅において
ある大型の姿見を置いて・・そうすれば自分がどんな姿を
見られているか、このバカ女にもよくわかるでしょう」
ヘレンは命令された通りにした、アリスもタラの背中に
大型の姿見をセットするとすぐヘレンの背部に移動した。
姿見に映っているのは5フィート10インチと比較的上背
にめぐまれたブロンド女性でストッキングとハイヒールだけ
を身につけた惨めな姿をさらしていた。

aarrr.jpg

「眼をとじないで!しっかり今の自分の姿を見つめなさい。」
医者の診察をうけた時を除いてこんなに長期間人前で裸
身をさらしたのははじめてだった。彼女は男嫌いと噂される
ほど仕事に打ち込み、実際特定のボーイフレンドはいな
かった。彼女自身もなんと陰口をたたかれているか知ら
ないわけではなかったが、キャリアー第一主義は彼女の
信条だった。仕事はできるが部下に対する要求も厳しい
という非難も耳にはいってきたが、彼女は誰よりも自分
自身に厳しかったのだ。朝はだれよりも早く出社し、夜遅
くまで会社で過ごした。休日出勤は当たり前で、一番困難
な仕事は人任せにせず自分自身が先頭に立って対処
した。しかその結果が今陥っている状況だった。

ホテル支配人哀歌10

「そうそう、いい眺めだわ。私はかねがね、あなたをフルヌード
にしたらどんな風に見えるのか知りたいとおもっていたの」と
タラは言いました
「ねえアリス、あなたはどうなの?年増上司の裸を見ることに
なるなんてついぞ思いつかなかったでしょ?どんなことに気
がついた?」
アリスは笑いながら言った。

aadq.jpg

「そうですね、常に口やかましく上品にお客に奉仕しろとうる
さい、この女の胸がこんなに嫌らしく大きくて、しかも髪を染
めているなんで思いもよりませんでしたわ。」
ヘレンは彼らが、彼女の白く輝くブランドロンドの髪と、やや
暗い恥毛を比較してその違いを強調したいのだと知って、
頬を赤く染めた。そんな姿を見て2人の女性はクックッと
笑いあった。

ホテル支配人哀歌11

「なんてフサフサしているの、あなたの股間は・・もう少し
手入れをした方がいいじゃない?不潔な股間はホテルに
働く者としては不見識よね。それとも他に何かそうしてお
かなければならない理由があるのかしら?」とヘレンは
笑いながらいった。半時間前には、この有名なホテルの
マネージャーとして堂々と他社の男性トップとわたりあい

146cfc8545eecd45290ce4af94e292e6.jpg

ファッションショーに出ても恥ずかしくないと言われた彼女が、
TKY201204150112.jpg

今はほとんど裸で、品評会に出た雌牛のようにあからさ
まな批評をあびているのだった
sde-holsteins-047.jpg

「アリス、カメラを用意して頂戴。我々はこれを記録する
必要があるし、その権利もあるわ。このホテルの経営
最高責任者である私のパパがここで状況を探査する
ように命じたんですもの。彼はまだヘレンに対する信頼
を捨てていない。でも、私が彼にヘレンが小さい嘘を重
ねる泥棒であるか証明すれば、さすがに彼も自分の判
断の過ちに気が付くでしょう。」
ヘレンはアリスが自分の背部でカメラをセットし、撮影
する音を聞いた。しかしサラの父親がまだ自分への
信頼を完全に捨てていないことがわかったのは救い
だった。もしこの状況をなんとか切り抜けられれば、
彼の娘の意地悪な正体をあばくチャンスが持っている
かもしれないのだ・・・。

水分をちょんと取らないと・・

夏は水責め?
09-3.jpeg

ホテル支配人哀歌12

「お楽しみはあとでとっておくことにして、まず、あまり
手荒くないやり方で調査を開始しましょう。私がこれ
からあなたに何をするべきか命じる、そしてあなたが
それを忠実に実行する。さもなければそれでなにも
かもお仕舞よ。机の周りをまわって、私の目の前に
立ちなさい、まずそれからよ」
 一瞬ためらったヘレンは肩を誰かが強い力で押す
のを感じた「彼女があなたに命じたようになさい」
アリスが厳しい調子で言い放った。アリスの押し方
がとても乱暴だったのでヘレンはタラの真正面に四
つん這いになった
tumblr_llxp1xS6uM1qj5xywo1_1280.jpg


・アリスはその姿を予め予想して
いたかのように慣れた調子でヘレンの髪をつかむと
グイとひっぱって上体を起こしたので結果的にヘレ
ンは跪いて下からタラを見上げる姿勢となった。

保健婦の朝晩

qqrr003.jpg
プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード