FC2ブログ

ホテル支配人哀歌16

「良い娘ね、のみこみが速いじゃない、ひどいことはし
ないって言ったわよね。その替りあなたが私たちに
秘密の隠し場所をみせてって言ったらどうする?」
「タラ、あなたの勝ちよ」
ヘレンは2人の意地悪女に屈服したくはなかったが
大きい青い目に涙を潤ませ、肩を波打せてすすり泣
きながら彼女は指示を待ち受けてそこに立っていた。
「脚を開いたままひざを曲げて、恥丘の膨らみの周囲
に指を這わせなさい。神さまがそこに何が隠れている
ことが教えてくれるわ」。 ヘレンは、自身がどんな風に
見えているか意識しながら、言われた通りにした。タラ
は顔を紅潮させながら、叫ぶようにいった
「だめよ、そんな大人しいやり方じゃあ。もっと激しく、
いつもあなたがベッドでするようになさい」
ヘレンの顔がゆがむませながらも、命じたように指を
動かしだしたのを確認してから、タラはアリスに声を
かけた。
「アリス、あなたの元上司の写真を撮って頂戴、止め
というまで連続でとり続けるいのよ」
シャッター音が鳴り響く中ヘレンは脚は開き、そして彼女
の指を激しく動かした。彼女の 恥丘の真下の床に、思い
がけず、パラパラと恥毛が落ちたのを見て2人の女性は
くすくす笑いました。
「床をズームアップしてね、アリス」

かならず出席のこと

このメールを見たら、予定のすべてをキャンセルし、ダラスの○○ホテルに
向かうこと。スピード違反ギリギリですっとばせば4時間でつくはず。
パーティが始まるのは11時半なので、それまでに必着のこと。もし参加
しない場合はいままでのすべての出来事がネットで公開されることになる
ので、そのつもりできてほしい。会費は一万ドル。なおできるだけセクシー
な衣装が望ましい。もちろん下着は絶対に不可。サンプルを添付するので
少ななくともこれ位の露出度のあるものが望ましい。
965_1000.jpg
290_1000.jpg
967_1000.jpg

辱め

「ご主人さま、これではいくらなんでもあまり・・」
口に出しかけた言葉は、ご主人さまの強い眼力で封印された
「~気軽な気持ちでいらしてください、身にまとうものもできる
だけ軽装で~と招待状に書いてしまったんだ。ホストからそれ
を裏切るわけにはいかんだろう」
「それはそうですげど・・」

ジュリアはおそるおそるまだ、尋ねていなかった最も
大切な要件を切り出した
「あの、それで、ご招待状の宛先は・・」
「宛先?そんなもの、どうでもいいだろう」
「いえ、これだけはお聞きしておかなければ・・」


565_1000.jpg


さすがにご主人さまもジュリアの必死な表情を見て
というより、瞬間に変わるであろう表情の変化を
楽しみにして、言った
「お前のPCで、メール欄を[検索]させてもらった。
特に仲が良さそうな50人を厳選しておくっておいた
から、パーティはお前の知り合いばっかりという
ことになるな、どうだ、楽しみだろう。みんなが今
のお前を見てどう言うか?」


ジュリアが口を開く前にご主人さまは言った
「そうそう、最期にこう書き添えておいた。
~入口に、教師になってから、私がどんな風
に変身してきたか、説明した簡単な写真集を
ご用意してあります。現在の私との比較して
皆様がどのように思われるか、メールを
お待ちしています」




我慢の限界

「お、お願いです女王さま
あなた様の奴隷を思う存分
お嬲りになってイカせてください
もう限界です」
「フフフ、今日はだめよ」
aa1234.jpg

布でも革でもなく

へーえ、年の割にはかわいい顔をしてるじゃないか
 でもそのガミガミした声はうっとおしいぜ。。そうだ
 猿轡をお見舞いしよう」

ScreenHunter_24829_Jun__30_02_11.jpg

お前はどうせ布かハンカチーフ、ボールギャグ程度と予想
しているかもしれないが、そうはいかないぜ。もっと固くて
冷たくて、そして痛いものもあるんだよ。


ScreenHunter_24838_Jun__30_02_11.jpg

どうだ、言った通りだろう。毒づいたり、叫ことも、泣くこともできない・
・・危険だからな

ScreenHunter_24839_Jun__30_02_11.jpg

ScreenHunter_24840_Jun__30_02_11.jpg








女性活動家の末路

aaaaa.jpg

ホテルでの露出調教

「女王さま、言われた通りこの階を一周してまいりました。
お願いです、中にいれてください。誰がが来そうな感じ
がするんです。
 あなた様の笑い声が聞こえますわ。もうよろしいで
しょう。中にいれてください!何をすれば中にいれて
いただけるんですか?」

888v.jpg

当然の報い

あんたが平然と私たちに反抗的な態度を
ととった。もう一度チャンスをやろうという
声もあったが、最終的には私が判断した。
この結果引き起こされる様々な事態の責任
はすべてあなたにある。、これであなたは
社会とは完全に決別しなくてはならぬだろう


549768840.jpg

683154402.jpg



安っぽさNo.1

$20 が安いのか高いのか・・・・
COVER_04_20150813200754346.jpg

異邦人

qq01.jpg

tumblr_mdnfjuda181rv4jkoo1_500.jpg

聖女が街にやってきた

おお、聖女が行進して行くとき、
おお、聖女が行進して行くとき、
おお、主よ、おれもその中に入りたい、
聖女が行進して行くとき・・・


qq02.jpg

水責めその1

懲罰室は暑かったろう?
お前はどう感じるかは知らないが
これはサービスだからな・・


tumblr_luq4cwrMP81r4c7neo1_500.jpg

完成間近の拘束具

すでに夕闇がせまっていた
男は淡々と仕事を続ける・・・・
屋外に放置されるのは間違いとしてどこに?


1774031114.jpg

晒し者

恥ずかしい?恥ずかしいわよね・・
でもこれだけ高ければ、安全よ
こんな危険なところにはだれも来ないわ。


535_1000.jpg


訓練の一環

何しろ年増ですからね、早く一人前にしたいと
使用期間が短くなってしまうから・・・
でもたまにはいるのよ、こんなくたびれた身体が
好きだって変わりものが。

 ディルドつきのラテックスパンティを履かせて
2,3時間もたてばアソコはもうびしょびしょ・・・
 そして後始末をきちんとさせる。
それが私のやり方よ。


004bb.jpg

悲惨物語

30年間、アルコール中毒の父を養うために
ウェイトレスとして働き、これでようやくこの
境遇から抜けられるとほっとしていた・・・
しかし、それは間違いだった。
新しく彼女の夫になった男が「豹変」したのだ

「ああ、私の残りの一生もこの男と友人たちに
シャンパンを振舞うために費やされるのだわ」

111_20150815155236c09.jpg

愛の嵐~終戦記念日に

1957年、冬のウィーン。マックス(ダーク・ボガード)は、
ペル・ホテルという二流のホテルのフロント係として、人眼
をはばかるように暮していた。マックスは二十年前、ゲットー
の責任者として権力をふるうナチスの輝ける親衛隊員であ
り、ベルトは当時の同僚、スタイン夫人は愛人だった。ある
日、そんなマックスの生活を根底からゆさぶる人物が現わ
れた。今は若手指揮者アザートン(マリノ・マッセ)の夫人
になっているルチア(シャーロット・ランプリング)だ。二十
年前、ユダヤ人の美女少だったルチアは、ゲットーに入る
とすぐその美貌をマックスに眼をつけられ、彼の倒錯した
性の愛玩物になった。

1502.jpg

ルチアは、思いもかけない運命のいたずらに驚いて、夫の
アザートンをうながして即座にウィーンを去ろうとする。しか
しアザートンはルチアを残して単身フランクフルトヘ飛び
立ってしまった。一人になったルチアに向かってマックス
は「何でここに来たんだ」と殴りつける。悲鳴をあげて逃
げようとするルチア。激しくもみあううちにいつの間にか
二人は熱い息をはきながら動物のように抱き合ってい
た。二十年の空白はあっという間に消え、二人はゲット
ー時代の倒錯した快楽の淵でのたうっていた。それか
ら数日後、オペル・ホテルの一室では、秘密めいた会
議がマッスを交えて開かれていた。クラウス(P・ルロ
ワ)、ハンス(ガブリエレ・フェルゼッティ)、ベルトなど
で、彼らはもと親衛隊員であり、自分たちの悪行を証
言するいかなる人間をも消し去り、かろうじて戦後を
生き抜いてきた。新たな証人としてルチアが浮かび
あがり、彼女を消すための会議だったのだ

ainoarashi2.jpg
faa0455s_l.png

「お。お願いです、潰れてしまいます」
「なによ、この位。戦時中に食うや食わずで
生き延びるのが必死だった時に、あなたの
ような上流階級がどんなに優雅で豪華な
暮らしをしていたか・・・犠牲になった人たち
のことを思えば、耐えられない訳ないで
しょう!」

129_1000.jpg

裏切り者

「お前が嘘をついているのはわかっていたよ
 だから、白状したように見せかけてお前が口走った

 方面には軍を動かさなかった・・・何も知らずに夜襲
 をかけてきたお前の望みの友軍は木っ端微塵に
 粉砕されたよ。

945_1000.jpg

  いまやお前はわが軍に協力した功労者だ・・・さぞかし
 不本意だろうがな。ついでにもうすぐ帰還する兵士
 たちを慰安してもらいたいんだが、もちろん協力して
 くれるな?、

到着前

「あら、どうなさったの、そんなお顔をなさって。
 大丈夫、もう少しで着く、と電話がありましたから
 何しろ10人の屈強の男性ですからね・・・楽しみ
 でしょ?一応バイアグラも用意しておきました
 けど、そんなモノはいらないみたい・・・お財布も
 携帯電話も車の鍵も明日の朝までお預かりして
 起きますからね」

109_1000.jpg強調文" height="678" />

海の極刑

彼女の属する部族では、女性が自慰をすることは(男性が
無視されたということを意味し)極刑に値することだった。
彼女は縛り付けられ、海に投げ込まれた。鮫にみつかるか
口の渇きでゆっくり死ぬか、どちらにしても彼女は救いよう
もない窮地に陥った。


2067790622.jpg

もはや藝術


040_1000_2015081612511127c.jpg
172_1000.jpg
323_1000.jpg


真夜中は別の顔2

この令夫人がわずか2時間あと、かくのごとき
淫ららで惨めな姿をさらすとはだれにも想像
できないだろうな
 いつものようにドレスは自宅まで郵送すること
にする。あなたの内面にふさわしい淫らな服装
に着替えて朝帰りでもするんだな。

16ssa.jpg

真夜中は別の顔3

「随分セクシーなドレスですね」
「あら、そう・・これからちょっとパーティに出かけるから」
「楽しい一晩になりそうですね。いってらっしゃい」
「そうね、うんと楽しんでくるわ」
しかし、彼女を待っていたものは・・・・?

1817003.jpg

ホテル支配人哀歌17

「あとでその撮り散らかした残骸をきれいに掃除して
もらわなくちゃならないわね。あなたはいまや掃除の
オバサン以下の存在なんだから」
ヘレンは彼らを無視しようとした。しかし全身が恥ずか
しさと怒りで燃えあがるのを押さえることができなかった
。彼女は自分が無力であり普段なら彼女の助けになって
くれるはずの他のスタッフの誰もその部屋で何が起きて
いたか知らないことを承知していた。しかたなく彼女は
自分自身で慰めようと試みた。もう少しの我慢で全てが
終わる。タラはてひどい行為はしないと約束し、実際彼女
に触れようともしなかったのだ。

「さあ、もっと脚を広げて、膝を曲げなさい」
乳首の痛みに麻痺し、また混乱してヘレンは命じられた
通りにするほかはなかった。
「両手の親指と人差し指で自分自身の陰唇 をつかんで、
それを広げるのよ。私に中がよく見えるように・・・そこは
よく女性が密輸品を隠す場所だと聞いているわ。」
ヘレンは眼を閉じて命令に従った。しかし気配から、タラが
近寄ってきて広げられた股間の割れ目からただ数インチ
離れたところに顔をよせ、局所をじっと見つめていることを
感じた。
「アリス、私にそこのライトを手渡して・まるで真っ暗な
大洞窟みたい」とタラが笑いながら言った。
ヘレンはさらにもっと顔を赤らめた、彼女は目を堅く締
めて、そして辛らつな意見から自分の意識を遮断しよう
とした。

「アリス、こっちにきて写真を沢山とりなさいよ。こんなとこ
ろを見るチャンスなんてそうはないわよ。」

ホテル支配人哀歌18

ヘレンはカメラの連続するシャッター音を聞いた。触ったり
ぶったりしなくともそれは哀れななヘレンを葬るもう1つの
手段だった。場末の低級ストリッパーのような姿勢で連続
写真を取られるなんて・・・ヘレンは発狂寸前だった。
「もう一つ調べなきゃいけない場所があるわ。わかるでしょ
、ヘレン」「おっしゃりたいことはだいたいわかりますけど・・・」
ヘレンは絶望の淵に立たされていた。
ファイトの最後のビットを持った「多分あなたの予想通りよ、
さあ机の上にあがって、アリスが写真をバッチリとれるよう
にね」打ちひしがれたヘレンはそれもで最期の力を振り絞っ
て机の上によじ登り、両脚を開き加減にした

「だめよ、もっと脚を開いて、腰をあげなさい!」
タラがきつく言い放った。
ヘレンは言われたとおりにした。その結果彼女の大きな胸
は机の上の紅い皮革に押し付けられてつぶれたように変形
し、腰は高い位置に置かれた。
「良い娘ね、今度はあなたの背中に手を伸ばして、そしてあ
なたの臀部を左右に分けるようにひっぱりなさい。もしあなた
が平手打ちをあびたくないならね」、すすり泣きながらヘレン
は双臀を左右に分けるように引っ張った。2人のサディストの
ために誰にも見せたことのない彼女の最も私的な部分をみ
せるなんて、彼女は今ほど侮辱されたように感じたことは
なかった。

ホテル支配人哀歌19

尻にタラの長い髪の毛があたっていると感じたヘレンは
思わず飛び上がった。彼女は、机の引き出しが開く音に
ぼんやりと気付いてたが、それよりも大きなシャッター音
に気を取られていた。そして恥ずかしさのあまり机にしが
みつくように身体を曲げていたのでタラがアリスにパール
のネックレスをパスするのを見なかった. ヘレンはアリスが
受けとったパールを肛門に押し付けられてはじめてその
違和感に気がついたがすべては手遅れだった。
「ビンゴ」と、タラは笑いなが叫び、ヘレンはもう一度カメラ
のシャッター音が激しく連続するのを聞き、ようやく何が
おこったか悟った。
「随分手こずらせてくれたわね。でも何もかもおしまいよ。
聡明なあなたならよくおわかりでしょうけど」
「そのようですね・・」
ヘレンは抑揚のない声で返事をした

                 一応 「続く」

夏休み奇譚~海へ川へ

「一番上のお姉さんはどこにいったの?」
「川に縛られにいきました」
IAnB2FxWWg8.jpg

「二番目のお姉さんは?」
「はい、海に縛られにいきました」


tumblr_lubwu7LIMn1qbjle9o2_1280.jpg



まず身内から・・・

「だからいったでしょ
 私はボスやお偉いさんたちのいる別荘にいかなくちゃ
 いけないの・・・私のキャリアにとっては大切なのよ。
 悪いけどハニー、土曜日には携帯電話も切るからね
 日曜にはちゃんと会うからそれでいいじゃないの。」

そして1時間後

たしかに彼女はボスといっしょだった・・・ただし商談や会議
ではなくボスと奴隷として・・・

492_1000.jpg

夏の夜の繁華街

「いいかげん、家の中やホテルじゃ飽きたろう
 今日はたっぷりスリルを味あわせてやるよ」


816832349.jpg

「無理よ、絶対に無理・・・警察に通報されたらどうするつもり?」
「俺は平気さ、さっさと逃げるから・
 あとは適当に言い訳しておりてくれ」


245591937.jpg/>


プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード