FC2ブログ

裏切りの代償

ブラックメールクラブからは1週間なんの
連絡もなかった。最初の1,2日はびくびく
していたが、私は少し自信をとりもどしつつ
あった。しかし・・・
 早朝携帯電話にメールが入った。
「今なら間に合うから寄宿舎の男性トイレの
 個室を確認せよ。これはわれわれの最後の
 好意である」
一歩個室に入った私の目の前に飛び込んで
きたのは信じられない光景だった。

104.jpg

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード