FC2ブログ

彼らが指定したのは鏡の上だった・・
「ここで?」
自分がどんなに淫らか思い知るように
という「配慮」だった。
 夫と愛人がすぐそばで愛の交歓をして
いるのに私はここで自身の手で「果てる」
ことを求められ・・・それだけではなく自ら
も密かに楽しんでいるのだ・・・

1-4_201704082147329f6.jpg

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード