FC2ブログ

黒い稲妻 第4章

今度は、彼らは全員が同時に妻とセックスしようとした。

口元に一人、女陰とアヌスに一人ずつ、さらに両手に一人ずつ。今まで見た中で

もっともエロチックな光景だった。私5人の大きい野蛮な黒人がかわいい、

白人の家内に群がっているのだ。それから、彼らは絶頂に出発した。

間もなく彼らは、私の妻の頭の周りに集まり。彼らの男根をこすった。

それは、巨大なコックのものすごいディスプレイだった。白濁液のしぶきは

至る所に飛んでいったように見えた。しかし彼女はそれらの飛沫をできるだけ

自分の顔に着地させるように顔を動かした。粘着性の白濁液は彼女の顔をカバ

ーし彼女は、絶頂を迎えた。

5本の男根を きれいになめたあと、彼女は私に目を向けて、微笑んだ

黒人の精に覆われた妻の顔はどうしようもなくエロチックで、私は自分の男根

に触れることなしにパンツの中に果てたのだった。

しかし、それで終わりではなかった。

5人のほかに新手が加わったのでファックとフェラチオは一晩中

続いた。時には10の男根が妻の顔を襲い、妻の口とおわず顔と

言わず精を放った。彼等はコップを用意して、口の中に入りき

れない精を集めて、彼女にそれを飲ませたのだった。


彼等が何回セックスしたか、その数は覚えていない。

しかし、私が忘れないもう一つの光景は彼らが洗面所に彼女を連れて行って」

時で、彼女をタブに入れた。それから、彼らはまわりをとり囲んだ。

酒臭い尿を彼女の身体にじかにかけたのだった。黒い身体の向こう側で、

妻が必死に彼らのオシッコをのみこもうとしているのを見た。言うまでもなく、

私は再び自発的に果てたのだった。

私は時間がわからなくなっていた、しかし、彼らはようやく去った。

スーザンは私のところにやって来て、鍵を解き放った、全身は精液だらけで

獣の匂いがした。女陰とアヌスから同じ白濁液がしたたっていた。言葉をかわす、

ことなく私はベッドに彼女を押し倒して、セックスし始めた。

すぐに、私はもう一人分荷の白濁液を彼女のずぶ濡れの女陰に加えた。

その夜我々はシャワーを浴びたあと、彼女は何がおこったか説明しました

妻をさそったのは隣家の妻ジェーンで、彼女はすでに夫をだましていて、

かなりの数の黒人のコックを味覚していた

私がいない間、ジェーンは彼女をクラブに連れて行って、彼女にも同じことを

させたのだ。しだいに妻の理性は壊れていった。私はすべてを知ってもまだ妻を愛

していることをつげ、彼女が好きなようにすることを薦めた。その日

から、スーザンは私の目の前で無数の黒人たちととセックスした。




しかし、私はその宿命的な夜のことが忘れられない。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

女性達の熱い視線があなたの股間に集中!

新機能性成分のL-シトルリン高配合で、長!太!硬!コンプレックスを自身に変える!有名なあのAV男優もヘビーユーザーだった!マッチョなイケメン達より、堂々と自慢できる存在感。そして誰もが羨む夢の大台へ・・

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード