FC2ブログ

再びおとずれる受難の前触れ

その日の業務を終えたジェニファーは同僚とコーヒーを
すすっている間も、時計を気にしていた。ジェニファーは
彼女がティムと共有する予定の新居に時間通り到着し
なくてはならないと気がせいていた。 彼女とティムが
1カ月前に選んだ、キングサイズのベッドとベッドルーム
セットが届く時間がせまっていたのだ。 新居で過ごす
ためにまとめた小荷物を車に乗せて、ジェニファーは
新居に急いだ。

あの嫌な事件から一週間、ジェニファーはなお結婚式を
中止することを考えていた。 けれども、計画は1年前に
確定していたので、もしここで中止となったら多く関係者
になぜ結婚式を中止するのか説明するはめになるのは
明らかだった。 彼女はどんな説明もする気になれなか
ったのでしかたなく結婚計画の中止を言い出せないでい
たがそれは全く消極的な理由であった。

彼女が彼女の新しい家に到着したすぐ後に、配達用バン
が到着した。 主寝室に配達人を案内して、彼女の見守
る中で男性たちが専門的にキングサイズのベッドを組み
立てて、そしてそれをちょうどいい地位に置いた。 配達人
が去ったとき、ジェニファーは彼女が先日(すでに)買って、
そして洗っておいたベッドシーツを取り出し、ベッドに装着
するためにそれを広げた。 次に、ジェニファーは購入
ずみの枕を広げて、そして枕カバーをつけた。 枕をふわ
りとさせて、ジェニファーは一息ついて、ベッドに腰掛け
ティムと共有する予定のベッドを凝視した。

ジェニファーは夢にも思わなかったが、彼女はそこに一人
でいたわけではなかった~新居はすでに前夜に押し入ら
れていたのだった。 客用の寝室のクロゼットの中に隠れ
ていたのは1週間前に彼女のアパートで彼女に不届きな
振る舞いを行った2人の10代学生だった。 思い出して
欲しい・・・ドワイトは業者とジェニファーが電話で話し合っ
たのを聞いていてベッドがいつセッティングをされるのか
、配達日時を書き留めていてのだった。

2人の学生はゆっくり物音を立てないように主寝室までに
向かった。 すでにきている衣服を脱いで、2人の学生は
準備を整えていた。

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード