FC2ブログ

今度は後ろから

2人はネイト が背中側から教師を押さえ込んで、手で
彼女の口を覆って身動きをできなくする役を引受け、
ドワイトが彼女の前に現われるという計画をたててい
た。 ドワイトは手を伸ばしてブラウスの上部をつかむと
強く引いて引き裂きさいた。 その下に彼女のブラが出
てきた。 ドワイトはすすり泣いている教師が履いてい
るショートパンツを外すために前に進んだ。

新しいキングサイズのベッドの上に、四つんばいに
なるように命じられたジェニファーはもし学生が後ろ
から襲いかかるなら金切り声を上げるために彼女の
口を開きました。 しかし彼女は予想外の展開に悲鳴
をあげるタイミングを逸した。彼らが標的としたのは
一週間前に玩具にされた女性自身ではなくもう一つの
穴~アヌスだったのだ
「だめよ………そんなこと... ffffffhhhhhhhhh !」
最後まで叫ぶ前にが彼女の口には黒く分厚い陰茎
が埋め込まれたのだった。
0803c.jpg


しばらくあとに、ジェニファーは彼女とティムが(すでに)
(彼・それ)らの新婚のために選んでいたベッドの上に
うつ向けに横たわったのだった。 ぶ厚い黒い陰茎は
ジェニファーを窒息寸前まで追い込んだあとすぐに暴発
し、ジェニファーはぬるぬるとべとついた体液を飲み込む
ことを強制された。その匂いとともにはげしく喉が刺激さ
れ、せきとともに吐こうとしたのとほどんど同時に彼女の
アヌスに肉塊が突き立てられ彼女ははげしく身体を震動
させた。 2人の10代学生は再び彼女をよつばいにして
交互に後ろから責めた

何度も何度も陵辱され、ジェニファーの苦難はいつ果て
るともなく続いた。は頭がおかしい10代にとって  もは
ジェニファーは憧れの対象ではなく、彼らの欲望を満たす
性的玩具と化していた。 ジェニファーにとって最悪だった
のは、ドワイトが彼女のアヌスにコックを挿入した直後に、
ネイト の大きい黒いコックを股間の口で受け入れるサンド
ッチプレイだった。

何時間も陵辱したあと、学生は顔にも髪にも全身に精液
を塗りたくられた美しい教師に衣服を着ることを許した.。
しかし、それは以前にジェニファーがオーダーしてあった
物品が届いたからであって、ネイトの脱ぎ捨てた大柄
のTシャツ~それでもかろうじて彼女の女性自身を隠す
だけの丈しかないもの~を羽織ること許されただけだった。
ジェニファーは配達人にすがりついて助けを求めたかっ
たが、あいにく配達人はネイトをさらに大型にしたような
黒人で、後ろに学生2人がまちかまえている状況では、
ただ黙って品物を受け取るのが精一杯だった。
「残念だったな、先生。2人だけじゃそろそろ飽きたんで、
助っ人 として参加してもらってもよかったんだが」
Nateが下品なジョークでジェニファーを困らせている
あいだに、ドワイトは届いた品物をチェックした・・それはなんと
ウェディングドレスと小物だった。思わず声をあげた
ドワイトが品物をみせるとネイトは邪悪な笑みを浮か
べてうなずいた。

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード