FC2ブログ

発射直前

Nate は前方へ寄りかかって、
「さあ、はじめな!」
と叫んだ
「口に含むんだ、先生...おお、ベビー…そうだ、
舌を使え、………そして唇を滑らすんだ!」

10代の厚い黒い陰茎にのどを奥まで塞がれた上、
鼻を縮れた黒い髪に押しつけられ、ジェニファー
呼吸することができなかった。 ジェニファーは男
の幅広い腰の上に手をあて、なんとか呼吸できる
ようにしようと、必死で彼を遠ざけようとした。 邪悪
な10代学生は彼女の口の中でコックを上下させは
じめたので多少は鼻から息を吸う余裕ができたが、
彼女を理不尽な力でコントロールしようとするやり
口に震えるほどの嫌悪感を覚えた。

Nate は彼の前にウェディングドレスで正装してひざ
まずいた美しい教師を見下ろしながら彼女のぎゅっと
締まった口の奥深く自慢の持ち物を送り込んだ。
彼は、呼吸しようと必死に喘ぎ、同時に分厚い陰茎
によりもたらされた吐き気をこらえる美教師を見て
笑った 彼の長いコックを少し引っ込めて、喉を開放
して彼女の呼吸と吐き気を改善し先端の6インチ
だけを上下し始めた。 動きはますます速くなり、まも
なく口の中に彼のホットな荷がぶちまけるられるだろ
うと女教師の顔に緊張がたかまるようすをnakeは
楽しんだ。

彼は、彼を遠ざけようとして、彼の腰に当てられた
彼女の手をむしろ心地よくかんじていた。 Nate は
彼の美しい花嫁が彼の前にひざまずいて黒い陰茎
をしゃぶるのを、彼女のフィアンセがここで見てい
たらどんなに素晴らしいだろうと思った。 美しい
師を見下ろして、彼は
「あんたのナマっちょろい白人坊やがここにいない
のは残念だな!」
と嘲った
「そうしたら彼は自分が結婚するのが実は手垢の
ついたアバズレ女だったと知ることができたのにな!
なぜ俺を遠ざけるんだい、先生?俺の黒い胤で腹
いっぱいになりたくはないのかい?」

彼は腰の動きをやめずに、彼女の後頭部に手を
おいて肩をひきつけてた。彼のコックが猛烈に
搏動し、さらに膨れ上がるのを感じた
「オー………・・・エマーソン…先生・・・いくぜ…
本当にすぐだ!」
彼はうめいた. 彼の腰を遠ざけようとする彼女の
抵抗が強まったのを感じ、ネイトは尋ねました
「エマーソン女史、何が問題なんだい? あんたの
ために用意したとびきりのご馳走を食べたくないの
かい?」
彼は固く彼女の口にくぎ付けになった彼のコックの
動きのためにまるで同意したように縦に頭を振る
のを見て彼は声をあげて笑った。

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード