FC2ブログ

頭をかかえるジェニファー

彼女がティムと共有するはずであった新居の寝室
で眼をさましたのはすでに陽が落ちたあとで、、
ジェニファーは一人ぼっちだった。彼女は汚れた
ウェディングドレスを脱いで、そしてそれをフロア
に落とした。 彼女はふらふらと浴室にたどり
つき、熱いシャワーを浴び、身体にこびりつい
た体液を洗いながしたのだった。最初は外側を、
次に 水浸しになった cunt に丁寧にお湯を浴び
たのだった.
私があの10代の不良学生に彼の不潔物を放出
するように頼んだなんて誰が信じられるかしら?」
ああ、ティムは私のような売春婦の夫となるべき
人ではないわ」 そして……いまわしい行為のす
べて記録にとられているの!
彼らがこのままでいるわけはないわ・・私からさら
に多くを奪い取ろうとするでしょう。」

その夜、ジェニファーはほとんど熟睡できず、ベッド
の上でひたすら、向きを変え、ようやく明け方に
まどろんだだけだった。 朝が来たとき、彼女は
結婚式を中止させなければという決心で起きました!
彼女は彼女がどのようにすればティムを傷つけない
彼と結婚することができなかいと言ったらいいかわか
らなかった、しかし彼女はただ彼の妻になるのに
ふさわしいとは到底おもえなかった。 それでも、
彼女は彼女の学生たちによって陵辱されたことは
認められても、そして多分妊娠させられていたと
言う気になることができなかったことを知っていました。

それから彼女の視野に、彼女の学生たちがドレッ
サーの上に残されたビデオテープに焦点を合わせた。
それを拾い上げ、タイプされたラベルー「破られた美教
師の処女膜」を読んだとき、彼女は思わず息がとまり
次に意気消沈してため息をついた。 彼女はまだ、
学生たちが、彼女のアパートで陵辱された光景を
ビデオテープに録画していたことを悟っていなかった。
今、学生からが最後にいった言葉が頭に浮かんだ。
「ここで、あなたのためにコピーであるぜ、先生! 俺たち
は私のバックの中にオリジナルな動画を持っている。
これさえあれば、あなたのそばにあるような動画
のコピーをいくらでも作ることができるんだ。」

一人ではこの状況に耐えられそうになかったので
ジェニファーは散々悩んだ末、彼に電話をかける
ことにした。しかし、彼が電話口に出たとたん。
別の感情に襲われ、ジェニファーは受話器を置いた

彼女は電話で彼女の決定について話すことを望ま
なかった、それでもなお彼女は自ら彼に彼女が
に本当の理由を話さないで結婚式を中止することが
できるとは到底思えず、どのように状況を処理する
べきかわからなくて、頭を抱えた。

突然、電話が鳴り、ジェニファーは驚かされた。
ジェニファーはそれに答えるために用心深く電話に
手を伸ばした。

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード