FC2ブログ

思い出

話は結婚式の前日に遡る                              
2人の邪悪な10代学生とビデオテープがもう存在
しなかったことを悟った彼女は結局のところ結婚
式をやり通すことに決めていた。
結婚式はおしゃれなリゾートで行われ、披露宴
には大勢な人を招いていた。ヴァージンロード
を歩んでティムとともに神父の前に並び、
ティムに引き続いて牧師から声をかけられた
「汝、幸せな時も、困難な時も、富める時も、
貧しき時も、病める時も、健やかなる時も、死が
二人を分かつまで愛し、慈しみ、貞操を守ること
をここに誓いますか?」
神父の言葉に、一瞬たじろいだが、ジェニファーは
「はい、誓います」
とはっきりと言葉に出した。しかしその顔は神を欺
恐ろしさに頬の赤みが消えて青白くなり、身体が
震えるのを感じた。
0812bbb.jpg


新婚初夜、ジェニファーはティムの兄弟が、夜の
ふけるまで乾杯につぐ乾杯で2人きりにさせない
でくれたことに感謝する思いだった 経験不足の
ティムとベッドをともにして、彼が身体の一部を
ジェニファーの内部に重ねたとき、彼女は痛みを
装い、怖がって、そして処女として舞うことに成功
していた。 ジェニファーは、彼に、夫婦になっ
ても恥ずかしいから明るいのはいやだといって、
ベッドに入る前に、完全に灯りを消すようにした。
彼女が、彼女の未経験の夫が彼女の中に彼自
身を押し込んだとき、ジェニファーはティムの上
身に腕を回し、下半身を脚で包んだ. ティムは
すぐにその後深い睡眠に陥ったので、彼女が彼の
コックで出血していなかったことを気がつかせな
いで済んだ。 ティムが彼女の秘密を見抜いて
しまうかもしれないという恐怖からジェニファー
は彼女の夫の求愛がほとんど彼女に喜びを感
させる寸前であるという演技を行う余裕はなかった。

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード