FC2ブログ

冒険の果てに・・

夜が白々と明けてきた。

友人たちはしどけない格好でソファに、床に、倒れ込んでいる

俺はシャワーを浴びると、コーヒーをすすってから庭に出た。

まだ秋が来たばかりだというのに、明け方の大気は冷え冷えと

していた。

「このくらいで参るはずはないとおもうけど・・・」

俺は裏庭に廻ってみた。

 さがしものはすぐ見つかった。

昨夜の獲物が、暖炉の薪置き場に転がっていた。

脚には鎖が巻かれ、その先には奴隷の象徴である鉄球が転

がっている。男たちの精液を身体中に振りかけられ、粉塵に

まみれた生き物だった・・・

 俺が近ずいてくるのに気がついた女は僅かに顔をあげて

こっちをみた・・・絶望で打ちひしがれているかと思って

いた女の顔にかすかな笑みを認めた俺はぎょっとした・・

(身体中にあらゆる窪みを汚され、一部始終を記録された・・

もうおまえは実業家の有閑夫人じゃない・・堕ちるところ

まで堕ちた娼婦なんだぞ・・・)

 後で判ったことだが、俺達に女の誘拐と陵辱を提案してきた

のは彼女の夫だったのだ・・・そして更に驚いたことにそれを

リクエストしたのは彼女自身だったのだ


tumblr_mv76elxIjV1si8fjro1_500.jpg

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

山々田花子

Author:山々田花子
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード